2012年11月21日水曜日

「JINS PC」「Zoff PC」クリアレンズパッケージを試す

昨日の記事で予告したとおり、先週発売されたJINS PCとZoff PCのクリアレンズパッケージを試すために、両店舗に行ってきたレポートを。

JINSとZoff、クリアレンズパッケージ比較の経緯

今月初めに『LINEが2位!2012年ヒット商品ランキングに見るスマホの勢い』を書いたときは、クリアレンズパッケージはJINSしか発表されていなかったので、そちらを買うつもりでいた。

が、『ガチンコ対決再び!JINS PCとZoff PCがクリアレンズのパッケージ発売』で書いたとおり、Zoffもクリアレンズパッケージを発売することが急に発表されたので、それなら両方試してから買おう、ということになった。

行ってきたのは秋葉原

JINSとZoff、両方の店舗がある街というのは都内でも意外と少なく、調べてみたら秋葉原がいちばん行きやすかった。

JINS|アトレ秋葉原 -atre-

Zoff|AKIBA TOLIM アキバ・トリム

アトレ1とアキバトリム、ちょっと離れているが、歩いて10分もかからない。

事前に参考にした記事

JINS PCとZoff PCの比較記事はいろいろあるのだが、今回一番参考になったのは、このレビュー。

【連載リレーコラム】買い物山脈 ブルーライトを吸収/カットするPC用メガネ4製品を試す ~JINS PC、Zoff PCの色あり、色なしを全部買い

両方の通常レンズとクリアレンズ、合計4本のレビュー記事だ。内容もかなり詳しい。
私はこの記事を読んで「通常レンズ(いわゆる茶色いレンズ)はブルーライトを吸収するタイプ、クリアレンズはブルーライトを反射するタイプ」ということを初めて知った。
また、どちらのレンズも「クリア」をうたっているが、完全に透明ではなくうっすらと茶色がかっている。

試着レビュー

まずはZoff PCの店舗へ。Zoff PCクリアパックは、発売したばかりなので一番目立つところにあった。
フレームの軽さや形や色などに不満ない。ただ、実際にメガネをかけて鏡を見たときに、目の前の蛍光灯の光をものすごく反射していたのが気になった。鏡で自分を見たときに「メガネの向こうの自分の目が見えない」くらいレンズが光っていたのだ。

これは上のレビュー記事でも触れられていて、実際かけてみて実感した。
実はこのZoff PCのクリアタイプ、レンズがかなり外光を反射する。
via: 【連載リレーコラム】買い物山脈 ブルーライトを吸収/カットするPC用メガネ4製品を試す ~JINS PC、Zoff PCの色あり、色なしを全部買い

その後、JINSの店舗へ。これまたJINS PCパッケージタイプは店頭の目立つところにある。
新発売のクリアレンズと、以前からある通常レンズが並べてディスプレイされていた。
やはり、先にZoffを試着してしまったので、レンズの反射がどのくらいなのかが一番気になった。結論からいうとJINSの方は、反射はほとんど気にならない。この時点で、JINSに決めた感じである。

価格もほとんど変わらず(年末までキャンペーンでZoffの方が割引価格だが)、形もほとんど変わらず、ブルーライトカット率など発表されているスペックもほとんど変わらない。
反射が気になるかならないかも、人によって感じ方が違うと思うので、購入を考えている人は両方試すことをおすすめする。

実物レビュー

では、買ってきたJINS PCクリアレンズパッケージのレビューを少し。


色は、結局無難なブラウンにしてしまった。


付属品は、説明書とソフトケース(メガネ拭き素材で作られている)。

レンズについている色は、見た目ではほとんど気にならない。
が、実際にかけてみると視界がすこし茶色っぽくなる。これは仕方ない。


耳に当たる部分はソフトラバーで出来ており、自分で調整が可能。やり方は説明書にも書いてある。

通常レンズのJINS PCを借りて使ってみたときは、メガネをはずすと「まぶしい!」と感じたが、このクリアレンズはそういう感じはしない。それだけ、通常レンズのほうがいろいろカットしてるのかな、という印象。

あと、このスクエアタイプのフレームは「横に細長いのでフレームが視界に入って気になる」という人もいるが、私はさほど気にならない。このへんは人によりけりかと。

一番重要なブルーライトカット効果については、それなりに長い時間をかけて試してみないとなんとも言えないので、後日また記事を書きたいと思うが、今のところ良好。この記事もこのメガネをかけながら書いている。

【追記】
JINS PCを1ヶ月使った感想と、改めてZoff PCとの比較』もどうぞ。