2012年7月31日火曜日

イオンSIMがLTEとマイクロSIMに対応!

7月の最後の最後になって、日本通信から既存ユーザに嬉しいお知らせがあった。

イオン専用SIM、LTE対応・同時にマイクロSIM版も新登場|日本通信株式会社

最近は月額1000円を切るドコモMVNOのプランも増えて、その多くがLTE対応・マイクロSIMありとなっており、正直言ってイオンSIMは「過去のもの」となりつつあった。

 が、やはり「店頭で契約してすぐ使える」というのはイオンSIMだけの強みであり(ヨドバシSIMはパッケージを買ってきた後自分でアクティベーションが必要)、今回LTEとマイクロSIMに対応したことで、さらにいろいろな層に働きかけることができそうだ。

そして何よりポイントが高いのは、既存ユーザも有料(2100円)ではあるが、新しいSIMに交換可能ということだ。
日本通信はそのへん融通がきかない印象であったので(例えばイオンSIMに音声プランが出たときも、既存ユーザはそのまま乗り換えはできず一度解約して新規契約しなければいけなかった)、今回の対応は嬉しい。

koboのフォントは手書き文字もいい感じ

またまたkoboネタ。

イーブックストアの売れ筋を見ると、お堅い内容の本よりはコミックや軽く読める本が売れているようだ。
先日記事にした青キン明朝など、明朝体はお堅い内容の本には似合うが、軽めの内容なら手書き風のフォントもいいかも、と思って探してみた。

手書きフォントの定番だが、やはりこれがkoboでも良い感じ。

あんずいろapricot×colorフリー写真素材・手書きフォント・人物写真素材

こちらで配布されている「あんずもじ」である。


表示している本は、現在ブクログのパブーで無料配布されている「池袋のホテルで、メガネ女子が『風俗行ったら人生変わったwww』を読んでみた。」である。

内容が内容なので、こういう書体の方が雰囲気が出て面白い。そしてこの書体、手書き風だがとても読みやすい。
読書の気分転換をしてみたい時におすすめ。

2012年7月29日日曜日

パナソニック「号外メーカー2」が面白い!

ついにロンドンオリンピックが開幕した。
今回のオリンピックは、初めての「ソーシャルオリンピック」なんて言われている。確かに4年前は今ほどSNSは一般的ではなかった。が、今はtwitterもFacebookもある。ソーシャルで盛り上がる初めての五輪、というわけだ。

私もツイートを見ていて、こんなサービスを見つけたのでご紹介。

号外メーカー2 | パナソニック

スポーツ新聞1面風の画像が簡単に作れるサイト。スマートフォンでアクセスすると専用アプリのダウンロード画面になるが、PCだとその場で写真をアップして作ることができる。

試してみたのが、これ。

実際はサイズが倍くらいあるJPEGなのだが、ブログ掲載にあたり縮小した。
名前や見出しは自分で入れられるので、親しい人同士でネタ画像を作って盛り上がるのが良さそうだ。

2012年7月28日土曜日

楽天kobo・三木谷社長のインタビューを読んで思うこと

発売初日のセットアップの混乱、その後★1評価が増加した商品レビューの非表示化など、このブログでもkoboのトラブルについて取り上げてきたが、ついに楽天の三木谷社長がこの件に関して口を開いた。

細かいことで騒いでいるのは少数派ですよ:日経ビジネスDigital

コボの出足は大成功、ネガティブな口コミは誤情報だから消し、内容を吟味して再掲載する――楽天・三木谷浩史社長(1) | インタビュー | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン

自分でも意外だったのだが、不思議なほど怒りを感じない。
なんというか、三木谷さんならこのぐらいのこと言うの当たり前だよね、くらいにしか思っていない。

実はこのインタビューの前に、koboの担当役員がITmediaのインタビューに答えていて、こちらは平謝りの内容になっているのと対照的だ。

「大きなミスを犯してしまった」――楽天koboに何が起きたのか (1/3) - ITmedia ニュース

興味深いのは、この両者のインタビューが掲載されたメディアの特性だ。
ITmediaはご存じの通りIT系ニュースサイトで、いわば「その道に詳しい」人だけが読んでいるサイトだ。一方日経ビジネスや東洋経済は「ふつうのビジネスマン」が読む雑誌である。

今回、発売早々にkoboを入手してトラブルにあって非難している人々は、おおよそ前者の読者層だ、という読みなのだろう。そこでは担当役員に謝罪をさせて、これからkoboを売り込もうとしている「ふつうの人たち」が読者の雑誌では、社長が意気揚々とトラブル終結とkoboの成功ぶりを語っている。
上手いな楽天、さすが(良くも悪くも)ここまでやってきた会社だ、 と舌を巻いた。

また、上のインタビュー記事の中で純粋に面白いな、と思ったのは以下の部分。
購入された端末のアクティベーション(初期設定)も90%以上終わっている。 アクティベーションは同じコボの端末で欧米だと3カ月くらいかかって70%に到達するので、それに比べると、大変うまくいっている。
発売当初のアクティベーション率って、そんなに違うのか!と驚いた。
これは私の想像だが、欧米のユーザはアクティベーションしようとしてサーバが混んでいたらすぐ止めちゃうんだろうな、と。サーバが混んでいようが何度も何度もチャレンジして、ダメならすぐコールセンターに電話する、なんていうのは日本だけなんじゃないかと。

そんな想像をしていたら、そういえば最近同じようなことがあったなーと、以下の記事を思い出した。

【ビジネスの裏側】日本人の“行列好き”にタイガーCEOもあ然 北欧雑貨店が休業に追い込まれたワケ(1/3ページ) - MSN産経west

デンマークの100円ショップという物珍しさから、発売初日から大行列ができてしまい、想定を上回る売れ行きと混雑で一時休業に追い込まれた・・・という話。
「混んでいたらあきらめる」ではなく「並んででも買いたい」のが日本人、ということなのだろうか。

2012年7月27日金曜日

エキサイトがドコモMVNOサービス「BB.exciteモバイルLTE」開始!

1日遅れてしまったが、また新たなMVNOサービスが登場したので、ご紹介。


LTE | docomoのSIMカードが最安値 | プロバイダー BBエキサイト

エキサイトというと、Yahoo!など大手とはひと味違ったポータル&検索サービスを手がける企業だが、以前からブロードバンドプロバイダー事業はやっていた。が、ドコモMVNOとしてモバイルにまで参入してくるとは意外だった。

このプランは、いわばIIJmioのファミリーシェアプランと日本通信のPairGB SIMのいいとこどりという感じ。3つのコースから選ぶことができる。

(1) 速度は128kbpsで使い放題、月額787円のコース
(2) LTE対応で月500MBまで、月額2415円のコース
(3) LTE対応で月1GBまで、月額2835円のコース

(2)と(3)のコースは、SIMが3枚提供される。また所定の通信量を使い切った後は128kbpsとなる。

従来のMVNOに比べて選択の幅が広がるが、その代わり初期費用が少し高く4410円となる。また、最低利用期間は2ヶ月。

もちろん追加チャージすることができ、100MBで525円、200MBで945円となっている。

しかし、こうなってくると、ドコモ本家からもこのように複数枚SIMを提供してくれるプランが欲しいところだ。

例によって「最近発表されたドコモMVNO一覧表」に追加しておいた。

2012年7月26日木曜日

PCを使わずにkoboにファイルをコピーする方法

koboに入れたいファイルはいろいろあるけど、いちいちPCに繋ぐのは面倒くさいとか、スマートフォンの中のPDFをkoboにコピーして読みたいとか、そういう時があると思う。

すでにこちらの方やこちらの方が記事にしているが、「koboのブラウザでDropboxに直接アクセスしてダウンロードする」という方法がある。自分でもやってみたので、写真入りで手順を残しておく。

koboホーム画面の左上、歯車マークから設定→その他→ブラウザを起動、と進むとGoogleがスタートページとして開くので、そこでDropboxを検索して表示する。

koboのブラウザはWebKit系らしく、Android用ページが開くので、ここでユーザIDとパスワードを入れてログイン。
ログインすると、当然スマートフォン用のページが表示されるが、この画面だとダウンロードがうまく行かないので、左下の「Dropboxバージョン」をクリックしてPC用ページを表示する。
PC用ページが表示されたら、ダウンロードしたいファイルをタップしてハイライト表示させる。すると上のメニューに「ダウンロード」が出てくるので、これをタップ。
まだダウンロードしていないのに「ファイルをダウンロードしました」と表示されるのはおかしいが、ここではOKをタップ。すると裏でダウンロードが始まる。特にダウンロード中というような表示は出ないのだが、Wi-Fiなのでおそらく一瞬でダウンロードできているはず。
ホームボタンを押してブラウザを終了し、ライブラリを見るとダウンロードしたファイルが追加されている。上の写真はダウンロードしたDropboxのスタートガイドPDF。

ダウンロードファイルはmicroSDではなくkobo本体に保存されているので、空き容量が少ない人は注意。
また、何度も使う人は、Dropboxのトップページをブックマークしておくと便利だ。ブラウザ画面で右下のメニューボタンをタップすると「お気に入りに追加」「お気に入りを表示」といったメニューが出てくる。

他に私が試してみたのは、
  • ブクログのパブーにkoboで直接アクセスして無料のEPUBやPDFをダウンロード
  • Readlistsであらかじめリストを作っておき(これはPCかスマートフォンのブラウザでやったほうが便利)リストページにkoboで直接アクセスしてEPUBをダウンロード
の2つ。どちらもちゃんとダウンロードして読むことができた。




2012年7月25日水曜日

日本通信が外国人旅行者向けプリペイドSIMを発売!

ここ最近、月末になると何かと発表がある日本通信だが、今日も一昨日のTurbo Chargeに続いて新サービスのお知らせ。

日本通信、外国人旅行者必携アイテム「VISITOR SIM」を新発売|日本通信株式会社


b-mobile VISITOR SIM | b-mobile wireless internet

外国人旅行者向けのプリペイドSIMサービスである。
14日間定額な代わりにVoIPやストリーミングが使えないプランと、1GB定額で使用に制限がないプランの2種類で、どちらも3980円。

そういえば少し前に、やっぱり日本通信で外国人旅行者向けSIMサービスが出たって聞いたような・・・と思って調べてみたら、これだった。
b-mobileSIM U300 Visitor | b-mobile wireless internet

U300の外国人旅行者向けサービスなのだが、このサイトによると、上のVISITOR SIMと入れ替わりでこちらは販売終了になる模様。
やはりU300ではSkypeが使えないのが不評だったのだろうか。

2012年7月24日火曜日

koboのレビュー非表示問題、楽天に失望

koboトラブルが新しい局面を迎えている。

どうしてこうなった?楽天kobo炎上と三木谷社長の反応まとめ - NAVER まとめ

私が発売数日前に楽天のkobo商品レビューを見た時は、「スーパーポイントが3000もついてお得」とか「期待しています」とか好意的な書き込みが多く、ほとんどが★4つか5つだっだ。

ところが発売日からレビューは★1つのものがどんどん増えていき、翌日には炎上状態に。
なかには電子ペーパーと液晶画面を同じようなものと勘違いしている苦情もあり(バックライトがなくて暗いとか、白黒反転が故障みたいとか)それについてはどうかと思うが、発売初日のサーバ混雑とサポートの薄さはひどいもので、そのへんは楽天が責められて仕方ない。

ただし、本体はそんなに悪くないのだ。少なくとも私は気に入っている。
サクサク動くものでないことは分かっていたし、操作感も慣れれば悪くない。

システムトラブルについても、楽天がカナダのkobo社を買収したのが昨年11月で、それから8ヶ月あまりで日本発売にこぎつけたのだから、まあ長い目で見なければ、と思っていた。
昨日の夜までは。

ツイートや某掲示板の書き込みを見ると、昨日の夜からkobo商品ページからレビューへのリンクが消えている。
それはいまも変わっていない(商品ページはこちら)。

そもそも、なぜオンラインショップにレビューという機能があるのか。
それは、実店舗と違って商品を手にとって確かめたり、その場で店員の説明を聞いたりすることができないから、代わりに購入者のナマの声を掲載しているのだと、私はそう理解していた。

そういう、オンラインショップの核心部分を、楽天は自ら切り捨ててしまったのだ。
これは、自社のビジネスの否定ではないだろうか。

とにかく、ただ、残念だ。

2012年7月23日月曜日

日本通信、高速にしたい時だけスイッチできる「Turbo Charge」発表!

週末はすっかりkoboブログになってしまったが、週明けの今日、このブログにふさわしい新サービスを日本通信が発表してくれた。


日本通信、高速と低速を使いわけできる新サービスを発表|日本通信株式会社

私が使っているhi-ho LTE typeDもそうだが、普段は低速で追加チャージをすると高速になる、というサービスはいくつかある。
が、いずれも「追加チャージしたらその分を使い切るまで高速」 となっていて、「30MB使ったら残りの70MBは取っておく」ということはできなかった。

今日発表された「Turbo Charge」は、525円で専用アプリを購入すると100MB分高速通信できるというもの。このアプリがミソで、これについているスイッチをONにすると高速になり、OFFにすると低速になるという。
「動画1本みる間だけ高速にしたい」という使い方ができるわけだ。

ちょっと残念なのは、このサービスはU300専用ということ。
先日のPairGB SIMの発表などですっかり影が薄くなってしまったU300だが、この「Turbo Charge」を使いたいがためにU300に乗り換える人もいるかもしれない。

また、専用アプリは今のところ「スマートフォン用」としか書かれておらず、AndroidやiOSなどプラットフォームが明記されていない。詳細の発表を待ちたい。

2012年7月22日日曜日

kobo用にダイソーの105円クリップライトを買ってみた

koboは電子ペーパー端末でバックライトがないので、暗いところではライトが必要になる。
純正アクセサリもあるが、100均のLEDクリップライトがイイという話を耳にしたので、ダイソーへ。

これ。つけてみたところ。

見た目を気にしないなら、これでもいいかな、という感じ。

2012年7月21日土曜日

koboを地図ビューアとして使う

koboでもう一つ試してみたかったことは、地図を入れて見てみることだ。
スマートフォンでもいい地図アプリはたくさんあって便利だが、外で地図を見ようと思うと、照明を明るくしないといけない。そうするとバッテリーを食ってしまう。
koboは電子ペーパー端末なので屋外でも読みやすいし、画面も大きい。バッテリーも食わない。地図ビューアに最適なのだ。

しかし、GoogleマップやYahoo!ロコ地図は画像をダウンロードできないので(画面のスクリーンショットを撮るなら話は別だが)、ちょっと工夫が必要。

私が使ったのはMapFanだ。

MapFan Web(マップファン) - 地図・ルート検索・観光情報・テレビ紹介スポット

地図検索から地図を表示すると、右上に「A4印刷」というボタンがあるので、これをクリック。
そうすると印刷画面が開くので、そこに表示されている地図を右クリックして保存。
あとは、保存した画像をzipで固めて拡張子をcbzに変えてmicroSDにコピーすればよい。
そのあたりの仕方は、この記事が詳しい。

自炊した画像をkobo touchで見るには、ZIPに圧縮して拡張子を変える | yasutaro-blog


地図を表示して、ちょっと拡大してみたところ。
縮小拡大は、画面下の中央部分をタップするとメニューが出るので、虫眼鏡アイコンをタップすると出来るようになる。

koboの残像と反転が気になる人は、ページリフレッシュ設定を。

もうひとつ、koboのTipsを。
ツイートなどを見ていると「ページをめくった後、前のページが薄く残っている感じがする」という声がちらほら出ている。残像感、というのか。

あと、これは私も事前に動画をみて気になっていたのだが、ぺーじめくりをすると何ページかに1回、画面が白黒反転する。もちろん一瞬だが。

この2つの現象はどうやら繋がっているらしい。
白黒反転は画面のリフレッシュで、リフレッシュが頻繁に行われれば残像感はなくなるが、そのかわり反転が気になる。
逆にリフレッシュの回数を減らせば、画像に薄く残像が出るようになる。

私も電子ペーパー端末は初めて使うのは初めてなので、説明が正しくないかもしれないが、どうやらそういうことらしい。

そこで設定変更。

ホーム画面左上の歯車マークから、設定→読書設定、と進むと、上の画面になる。
この「ページリフレッシュ」が、デフォルトでは最大の6ページになっているので、コミックなどで残像感が気になる人は、ここを1ページとか2ページにしてみるといい。
とりあえず私は4ページにしているが、残像も白黒反転も特に気にならない。

というか、こういう設定は真っ先にヘルプに書いて欲しいのだが、PDFのユーザーズガイドにもオンラインのヘルプページにも出ていない。オンラインヘルプに至ってはフォントの変更方法すら載っていない。

【kobo】ヘルプ
本の中のテキストは、文字の大きさを変えたり文字のフォントを変えたりすることができます。 詳細のご案内は今しばらくおまちください。

サービスインして3日経ってもオンラインヘルプの中身がこうでは・・・先が思いやられる。

ブクログのパブー無料書籍をkoboで読む

「ブクログのパブー」は、電子書籍出版サービスで販売も行っている。無料書籍もけっこうある。 いまのところ、koboイーブックストアで無料書籍を探すより簡単で、いろいろ選べる(と思う)。

http://p.booklog.jp/
ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム

トップページに行くとオススメ書籍が並んでいる。黄色い値札がついているのが有料、ついていないのが無料だ。

http://p.booklog.jp/book/53580

書籍を選ぶと、なかほどに「ダウンロード」とあるので、ここで「epub」をクリックしてダウンロード。あとはこのファイルをkobo本体にコピーするだけ。

表紙はちょっと見切れてしまった。
本文の方はきれいに読むことができる。
koboで読める無料書籍をお探しの方、ぜひどうぞ。

【追記】
ブクログ公式に記事が出た!
kobo Touchでパブーの電子書籍を読むための3ステップ | ブクログお知らせブログ

【12/22追記】
kobo本体のファームウェアを2.3.0にアップデートしたところ、上の方法では文字化けするようになってしまった。
EPUBファイルの拡張子を「.epub」から「.kepub.epub」に変更してからkobo本体にコピーすることで、文字化けは起きなくなった。

koboのフォントを「青キン明朝」に変更すると読みやすい!

さて今日もkoboでいろいろ試してみる。
楽天のkobo購入ページではレビューが炎上していて大変なことになっているようだが、そんなに使いにくいとは思わない。設定のやりかたを覚えて、あとは使いながらいろいろカスタマイズしていけば、十分楽しく使える。

で、そのカスタマイズの一つに「フォント変更」がある。
最初から入っているモリサワの明朝体とゴシック体も十分キレイだが、明朝のほうは見慣れてくると「ちょっと細い」と感じる。そこでもうすこし太めの明朝体に変更してみた。

まずは使いたいフォントを追加する必要がある。
フォント追加のやりかたは、こちらの記事がくわしい。

kobo Touchに日本語フォントを追加してみました | 電子書籍ウォッチ 〜読書好きは電子書籍の夢を見るか?〜

で、どのフォントを追加するかが問題だが、ここは某掲示板のkobo touchスレで非常によいフォントを教えてもらった。感謝感謝。

青空キンドル

ここで「青キン明朝」というフォントが配布されている。これはKindle向けに最適化された明朝体で、koboでも非常に読みやすい。

このページにある「ipam00301.zip」をダウンロードして展開すると、「aokin-mincho.ttf」というファイルができるので、それをkobo直下にfontsというフォルダを作ってコピーするだけ。
あとはkoboを立ち上げてフォント変更画面に行くと、一番下に「AokinMincho」というフォントが追加されているから、それを選択する。
 
↑モリサワリュウミン
↑青キン明朝

ちょっと分かりづらいが、太く、濃くなっていて読みやすい。
一度これにしてしまうと、他のフォントを使いたくなくなるぐらい良い。おすすめ。

【追記】手書きフォントに変更してみた記事はこちら

2012年7月20日金曜日

Instapaperを使ってkoboでウェブの記事を読む方法

昨日購入したものの、サーバ混雑のためセットアップをあきらめたkobo touch。
先人のみなさんがいろいろ手順を残してくれたおかげて、それらを参照しながら今日は問題なくセットアップをすることができた。

参考にした情報は昨日の記事を見ていただくとして、とにかく私が最初に試してみたかったのは、これ。

もちあるいてなんぼ。: 楽天の電子書籍リーダー「kobo」の、便利な使い方を考える

今回のkobo touchはEPUB3に対応しているので、もしかしたらInstapaperで作ったEPUBファイルが読めるのでは、と期待している。

さっそく試してみて上手くいったので、手順を残しておく。

1.InstapaperでEPUBファイルを作成


InstapaperからiBooksに記事をまとめる方法 - W&R : Jazzと読書の日々

先日も紹介したが、この記事を参考にして、Instapaperの後で読むリストに入れた記事のEPUBファイルを作成した。ちなみにこの記事ではブラウザにSafariを使うとあるが、WindowsのFirefoxでも問題なく動く。

2.作成したEPUBファイルをリネーム


買い物ログ: kobo Touch + EPUB3の驚くべき動作

ここがミソ!なんとファイル名をリネームするだけで、文字化けなど表示上の問題が解決できてしまうという。
この記事のとおり、 Instapaperで作成してPCにダウンロードした「Instapaper-kobo-2012-07-20.epub」というファイルの名前を、「Instapaper-kobo-2012-07-20.kepub.epub」に変更した。

3.PCにkoboを接続して、ルートにコピー


あとはPCにkoboを接続し、ファイルをコピーするだけだ。
microSDがある人はそこにコピーしてもいけるはずだが、私は本体のルートフォルダ(つまり一番上の階層)にそのままコピーした。
そしてPCとの接続を解除し、koboのライブラリを開いてみると、先ほどコピーしたファイルが「Instapaper: kobo」という名前で見えるはず。開いてみると・・・

ちなみに上の写真に写っている記事は、こちら。
【西田宗千佳のRandomTracking】楽天Koboスタート。三木谷社長単独インタビュー -AV Watch

記事によってはうまく変換できていないものもあった。画像は入らないようだ。なので画像多めの記事は失敗しやすい。上のように文字主体の記事はいけそうだ。

また、koboのフォントがデフォルトのままだと読みにくいので、この記事を参考にモリサワリュウミンかゴシックに変更するとよさそうだ。
EDOスタイル: 楽天 kobo touchが届いた!その第一印象とフォントの変更方法

とりあえずこれで、ネットの長文記事をkoboで読む、という使い道ができた。
読んでみると、たしかにスマートフォンやPCで読むより目がチカチカせず、読みやすい。長文を読むのにはもってこいの環境だと感じた。

【追記】
Readlistsを使ってウェブの記事をEPUBにする方法も試してみて、実際使えたので元記事に追記しておいた。こちらのほうがファイルのリネームが必要ないし、画像も入るので、使い勝手がいい。

Instapaperは長文メルマガや後で読むリストに入れたものを読む時に、 Readlistsは画像がたくさんある記事を読む時に、と使い分けするといいかも。

日本通信が音声通話付きプランの1年縛りを撤廃、その真意は

kobo touch祭でいろいろ騒いでいる裏で、日本通信から重大な発表があった。


日本通信、音声付きSIMサービスで最低利用期間を撤廃|日本通信株式会社

今年3月に、日本通信が音声通話付きプラン(talking SIM等)に、1年間の最低利用期間を設定したのは記憶に新しい。
これを4ヶ月足らずで元に戻すことになった。

日本通信、携帯キャリアの過度なMNPインセンティブに対する公開抗議|日本通信株式会社

3月に出たプレスリリースからもわかるとおり、日本通信の言い分は「MNPの踏み台にされている」ということに尽きる。
それにより、日本通信が最も忌み嫌う「縛り期間の設定」を、自らが実施することになってしまった。
「縛りがない、自由に選べる」ことを社是としてやってきた会社なのだから、その悔しさは想像に難くない。さっさと元に戻したかっただろう。

今回、縛り期間の撤廃に至った理由は、プレスリリースには「一定の成果が得られたから」としか書かれていないが、具体的には以下の記事のような動きがあったからだ。

KDDI の二年縛り解約料に一部無効の判決、日本通信は縛りを撤廃 - Engadget Japanese

現在、ドコモ・au・ソフトバンクの3社相手に「2年縛り」の無効を訴える裁判が行われているとのこと。
ドコモについては、訴えを退ける判断がされたそうだが、今回auについては一部訴えが認められた。

が、この記事でも書かれているとおり、これにより直ちに2年縛り契約が無くなるなんてことはあり得ない。
また、MNP競争については、むしろ激化の一途をたどっているように見える。
それなのになぜ、このタイミングで縛り期間を撤廃することになったのか。

これは私の想像だが、今年3月に縛り期間設定が発表されたときに、
「違約金を取るならMNP転出した人からだけ取ればいい。なぜ普通に解約した人からも違約金を取るのか」
という批判意見が少なからずあったから、ではないだろうか。

考えてみればその通りで、MNPの踏み台にされることを回避し、MNP転出者への過剰なインセンティブへの抗議を示すなら、MNP転出した人にだけ縛り期間のペナルティを課せばよいのだ。
日本通信の言う「自由な選択」により、短期で解約した人にも違約金を課すのは、筋が通らない。

そういうわけで、不評だった「縛り期間設定」を、とっとと撤廃したかったのだと思う。

ちなみに、サービス開始時より1年の縛り期間を設けていたイオンSIMの音声通話付きプランは、今回の発表の対象外となっている。

2012年7月19日木曜日

速報!kobo touch購入

まずは実店舗で購入する人へ注意。
昨日、楽天の三木谷社長がビックカメラと丸善でイベントを行った記事があちこちに出ているが、実は丸善では本体は購入できない。私は最初丸善のほうに行ってしまい、売ってなくて焦った。

で、ビックカメラで無事購入。ポイントは1%しか付かない。
とにかくパッケージが小さい。
開けるのが楽しみだ。

しかし、twitterで#koboタグを検索して見てみると、本体もイーブックストアも辛口な評価が続いている。うーむ。

【追記】
セットアップで苦労している人が多いようだ。参考になる記事を集めてみた。 随時追加中。21時現在、koboサーバがかなり重い模様。

まずは大手のレビュー記事。

7980円の電子書籍端末、楽天「kobo Touch」--開封からセットアップまで - CNET Japan

箱はまるでApple製品、操作性は“これからに期待” 7980円の電子書籍端末「kobo Touch」開封の儀 - ITmedia ニュース

楽天kobo レビュー、Kindleと比較してみた 【増田 @maskin】 : TechWave

上記の記事によると、セットアップするためにはPC用koboデスクトップアプリのインストールおよび楽天IDが必須とのこと。PCでアクティベーションするのはわかっていたが、専用ソフトと楽天アカウントが必要とは・・・ちょっと萎える。

また、本体にマニュアルが付いていないため、公式ヘルプからユーザガイドをダウンロードする必要がある。

セットアップ手順は今のところここが一番詳しそうだ。

本日発売開始!楽天の格安電子書籍デバイス「kobo Touch」をさっそく開封して設定してみた【レポート】 - S-MAX(エスマックス) - スマートフォンとモバイルを活用するブログメディア - ライブドアブログ

【楽天kobo Touchの使い方 その1】「セットアップ」&「koboデスクトップアプリ」のインストールの方法 - 或る個人事業主の呟き

デスクトップアプリのインストールが失敗する人は、こちらのQAが役に立つかも。

kobo touchのデスクトップアプリをインストールすることができません - Yahoo!知恵袋

日本語がうまく表示できない人は、こちらのツイートを。



フォント変更については、こちらの記事を。

EDOスタイル: 楽天 kobo touchが届いた!その第一印象とフォントの変更方法

koboイーブックストアについては、こちらの記事を。

電子書籍ストアレビュー「楽天koboイーブックストア」-見て歩く者 by 鷹野凌-

また、ブラウザ・数独・手書きメモ(スケッチブック)等の使い方については、こちらのサイトが詳しい。

kobo touchを使い倒す!「コボタッチ マニア」

他にもいくつか参考になりそうなツイートを。







2012年7月18日水曜日

ドコモの垂直統合モデルは意外とうまくいっている?

ドコモの新製品発表後、iPhoneを頑なに拒否するドコモに対して、「iモードの成功を引きずるのは見苦しい」と痛烈な批判記事を書いた。

が、考え直さなければいけない材料が出てきた。

アニメ、音楽番組も開始! ドコモ「dマーケット」拡充の狙い - デジタル - 日経トレンディネット

この記事によると、ドコモがdマーケットで展開している「ビデオストア」はすでに採算ベースにのっており、他のストアもなかなかの伸び率であるらしい。

ま、ドコモの中の人が言っているので話半分に聞かなければいけないが、データで示されるとそうも言っていられない。iモードの延長線上であるdマーケットのサービスは、着実に受け入れられているのだ。

この記事で一番印象的だったのは、「(スマートフォン機種変して)何をしたらいいのか分からない人の方が多い。それでキャリアメニューを押して、フィーチャーフォンのころから親しんだものを探す」というところだ。

よく考えてみれば当たり前なのだが、スマートフォンになったからといって、皆が皆新しいアプリやサービスを積極的に使う訳ではない。ガラケーのiモードと同じように「ドコモの公式メニュー」から欲しい物を選んでいくユーザは多いのだ。dマーケットが堅調に伸びている理由はそこにある。

とはいえ、そのようなユーザもいずれはLINEなどの無料通話アプリを使うようになり、ドコモの通話料収入は落ちていくだろう。それでなくても少子化で若者のパイは減っていく一方だ。

そこでドコモが目を付けたのがシニア世代だ。これは私のイメージで数字を確認した訳ではないが、「携帯はたまにしか使わないから安い方がいい」というシニアの多くは、ソフトバンクのホワイトプランに流れていったと思う。あえてドコモを使っているシニアは、「多少高くてもいざという時に繋がる携帯がいい」と、積極的にドコモを選んでいる人ではないだろうか。

こういう積極的なシニアを、ドコモは貪欲に取り込もうとしている。公式サイトを見ると、シニア向けサービスは意外に多い。実は「しゃべってコンシェル」もそのラインナップの一つだし、他にも「みんなの園芸広場」「俳句・写真くらぶ」「ドコモヘルスケア」といったサービスが並ぶ。

ドコモにしてみれば、アクティブなシニアは「通話もしてくれて、コンテンツも使ってくれる」という上得意様なのだ。そういうシニアを一人でも多くつなぎ止めておくのは、戦略として間違っていないと思う。

来月発売になる「らくらくスマホ」とともに、このようなシニア向けコンテンツが今後どのように伸びていくか、大変興味深い。

2012年7月17日火曜日

「もっとTV」アプリを入れてみた


「もっとTV」というサービスをご存知だろうか。
ドコモの「NOTTV」と名前は似ているが別物のサービスで、民放とNHKのVOD番組をスマートフォンでも見ることができる。

http://www.mottotv.jp/android/about.html

たまたまドコモのサイトを見ていたらL-07Cが対応端末に入っていたので、インストールしてみた。

このアプリ、なぜかGoogle playでは配布しておらず、上の公式サイトからダウンロードしなければいけない。そのため、「提供元不明のアプリのインストールを許可」する必要がある。

それだけでも少し嫌な予感がしたのだが、インストールしたアプリを立ち上げてみると。
・・・なんと、スーパーユーザー権限を要求されてしまった。

どうしても欲しいアプリという訳ではなく、ちょっと試してみたいだけだったので、スーパーユーザーまで要求されるようなら迷うことなくアンインストール。

この件については検索しても全然情報が出てこなかった。スーパーユーザー権限を何に使うつもりだったのだろう。

2012年7月16日月曜日

hi-ho LTE 追加チャージの使用量2日目と、今後の対策

1泊2日の外出から戻って通信量を見て見たが、結局2日で30MBとなった。思ったより消費のペースは遅い。この分だと5日間は持ちそうだ。

今回初めて高速通信で丸1日使ってみて思ったのは、自分の使い方だと128kbpsでも別にそんなに困らないな、ということ。

動画やストリーミング音楽やサイズの大きい画像は扱えないが、そういうのは家のWi-Fi環境でやるクセがついているし、最近のWebサイトはたいていスマホ対応されているから、128kbpsでもそんなに遅く感じない。

ただ同じ128kbpsでも、FOMAではなくXiで使いたい、という気持ちはある。同じ制限値でもXiで使ったほうが速いし、平日昼休みのようにFOMAが混雑してる時でもおそらくXiは快適に使えるはずなので。そろそろXi対応のスマートフォンにしたいところだ。

2012年7月15日日曜日

hi-ho LTE 追加チャージの使用量は

昨日の記事で追加チャージしたことを書いたが、今日の使用量は上の画像の通りとなった。(もちろん3G watch dogを使っている)

主な使い道は、メールやtwitterのチェック、RSSリーダーでの記事購読、foursquareでのチェックイン、それにwebでニュースとか天気とか、その程度のもの。同期はgmailのみ。そのわりには使ってるなーという印象だ。

あとFOMAフルスピードでの通信については、画像は確かに一瞬で表示されるけど、あとはいつもに比べてすごく速いと感じるほどでもない。
ということは、これは回線の速さの問題ではなく、端末の処理能力の問題なのだろう。

2012年7月14日土曜日

hi-ho LTE typeDの追加チャージをしてみる

この三連休、出かけることになったので、試しにhi-ho LTEの「追加チャージ」をしてみることにした。 実は追加チャージは今回が初めてだ。なので手続きの手順を残しておく。

hi-hoウェブサイトの「会員サポート」トップを見ると、どこでチャージできるのかよく分からない。

ここで左下の「Myサポート」にいくと、ログイン画面になるので、ログイン。
ちなみにhi-hoのログイン画面から先はCGIのせいもあって大変重い。

ログイン後、左のメニューから「チャージおよびSIMの確認」をクリック。
ページ中程の「通信量のチャージ」の「チャージ」をクリック。

「通信量を選択してください」のプルダウンから使いたい量を選択。
今回はいちばん少ない「100MB 472.5円(税込)」を選択した。

あとは「内容確認」画面で確認して「チャージ」ボタンを押せば、申し込みは完了。

チャージするとすぐに高速に切り替わるはずなので、5分後ぐらいに接続してみたところ、確かに速くなっていた。

手続き自体は簡単なのだが、 hi-hoトップページからだと「どこでチャージできるのか」が分かりづらいのと、レスポンスが遅いのが気になるところ。
また、この手続きページにはスマートフォンビューがないので、スマートフォンからのチャージはあまりおすすめできない(やってできないことはないと思うが)。

どのくらい使うと100MBを使い切ってしまうか、実験してみたいと思う。

【追記】
チャージ後の確認で少し通信をした後、「チャージおよびSIMの確認」画面で残量を見てみると、先ほど100MBと表示されていたのが、あっという間に90MBになっていた。
どう考えても10MB分も通信したとは思えないので、おそらく10MB単位の表示しかしない仕様なのだと思う。

2012年7月13日金曜日

レンタルWi-Fiルータの価格破壊!1日780円の会社とは

そろそろ夏休みも近づいてきて、旅行の計画を立てている人もいると思う。
地域は限定されるが、 旅先で高速回線を使いたいという人に朗報。

“Wi-FiレンタルのLCC”へ!高速4GモバイルWi-Fiルーター 1日780円キャンペーンを開始 - CNET Japan

徹底的な低コストを実現するために、「他の国の商品は取り扱わない」「受け渡しは成田空港に限る」「土・日曜・祝日の受付業務は行わない」など、“Wi-Fiレンタル業界のLCC”を目指して、シンプルな運営体制を整えました。

無線LANに対応したスマートホンやタブレット型端末ならば、最大5台まで接続できるため、ご家族や友人とのシェアが可能です。

残念ながら使用できる国はアメリカ(ハワイ含む)だけだが、逆にアメリカに旅行に行く人なら、キャリアのローミングサービスよりお得に利用できるのではないだろうか。ルータを1台借りれば複数人で使えるというのもいい。

で、この記事を書いていたら、こんな調査結果も見つけてしまった。

ハワイ旅行者はスマホを持っていく?…日本人渡航者調査 : スマホ : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

iPhone利用者にフォーカスすると、携帯利用率68%、Wi-Fi利用率53%と全体の利用率より高く、海外での利用方法について理解度が高いと言え、リピーターの多いハワイ渡航者は、iPhoneをうまく活用していると推察される。

どういうわけか、iPhone利用者のほうが、海外でモバイルを活用しようという意識が高いようだ。

・・・あまり言いたくないが、iPhone利用者の方が「リア充」ってことなのだろうか。

2012年7月12日木曜日

こんなMVNOもあった「Toppa! Value SIM」

完全にノーマークだったのだが、たまたま検索していたらひっかかったので、ご紹介。


Value SIM|料金プラン一覧|プロバイダー Toppa!(トッパ!)

大手プロバイダのドコモMVNOはいくつもあるが、(失礼だが)このような中小のプロバイダでもドコモのMVNOサービスを提供していることに、驚きを隠せない。

プランの概要はこうだ。
・月額970円
・128kbps(LTE非対応)
・縛りなし
というわけで、イオンSIMとIIJmioの中間くらい、というところか。

ひとつ新しいなと思ったのは、支払い方法にクレジットカード以外があることだ。
いままでのMVNOはクレジットカード払いのみ、というところがほとんどだったので(唯一NTTのフレッツおでかけパックだけは、NTT料金との合算ができた)、ふつうのプロバイダでNTT料金との合算ができるというのは新鮮だ。

いちおう、このブログを始める前からある大手プロバイダのMVNOは把握しているつもりで、かつ他のMVNOの動きにも注意しているつもりだが、まだ調べれば出てくるとは、、、MVNOおそるべし。

2012年7月11日水曜日

電子書籍の夜明け前に、業界が考えておくべきこと

kobo touchの実機を見てきて、そして店頭での反応を肌で感じてきて、まさに今は「電子書籍の夜明け前」だな、と思った。
(もっとも「いったい何回目の夜明けだ」という声もあるようだ。こんな連載もある→電子書籍の(なかなか)明けない夜明け - INTERNET Watch

koboやKindleを起爆剤に、まずは電子書籍リーダー端末(ハード)が普及し、それにともなってコンテンツストア(ソフト)も拡大していくだろう。
が、これにあたって、業界の人にはぜひ考えて欲しいことがある。

いままで電子書籍に全くといっていいほど感心がなかった私が、なぜ「感心が持てなかったか」考えてみた。その理由は、以下の2つだ。

1.規格とストアの乱立


これは音楽配信にも言えることだが、「この端末ではこの規格のデータは使えない」というは本当にわかりづらいし、消費者にとって迷惑以外の何者でもない。MP3とかWMAとか、DRMがかかってるとかかかってないとか、 聞く方にはどうでもいい話だ。

また、ストアがいろいろあるのはいいが、それが「端末専用ストア」になっていると結局選択の幅を狭めることになる。ソニーのmoraが結局ウォークマン専用ストアになっているために、iPodユーザはソニーの楽曲を購入することができない。電子書籍ストアでも同じようなことが起こっているのではないだろうか。
電子書籍の規格を一本化し、「どのストアで買っても、どの端末でも安心して読める」という環境を作って欲しい。


2.電子ブック=成人コミック、という刷り込み


これは皆さん経験があると思うが、スマートフォンでウェブブラウズをしていると、嫌というほどエロマンガのバナー広告を目にすることになる。 しかもしつこく追従してくるバナーも多い。
これは電子書籍普及にあたって、非常に強いマイナスイメージになっていると思う。「電子ブック=成人コミック」という刷り込みが、知らず知らずのうちに定着している可能性があるからだ。

「ビデオデッキが普及したのはアダルトビデオのおかげ」という古い格言(?)もあるが、エロは普及初期の起爆剤としてはよくても、広く一般に使ってもらうためには邪魔な要素だ。
女性やこどもが安心して使える環境とイメージを、はやく構築してほしいと思う。

2012年7月10日火曜日

kobo touchの実機を見てきた!

先日の記事に書いたとおり、電子書籍リーダー「kobo touch」の実機を見てきたので、ご報告。

電子ブック : 【フォトレポート】7,980円の電子ブックリーダー、楽天「kobo Touch」 | RBB TODAY (デジタル機器、フォトレポートのニュース)

・・・ただし、 私が行ったのがちょうど昼休みの時間帯だったので、展示コーナーはけっこうな人だかりができていた。また、販売員さんがぴったり実機にくっついていて、勝手に触って使い心地を試せる雰囲気ではなかったので、残念ながら操作はおろか写真を撮ってくることさえできなかった。

というわけで、もらってきた実物大のパンフレットに、L-07Cのカバーを乗せてみた。
6インチの電子ペーパー画面部分に、L-07Cがすっぽり収まる大きさになっている。

見た目の質感は、思ったほど安っぽくなかった。もっとプラスティッキーかと思っていたが、そうでもない(かといって高級感があるというほどでもない)。
本体背面のダイヤ模様を気にする人が多いようだが、実物を見る限り違和感はなかった。かえってガジェットっぽくなくていいと私は思う。

本体の厚さだが、これもかなりスリムに感じた。私のWX03Kとほぼ同じぐらい。ということは、L-07Cよりちょっと厚いくらいということだ。

また文字表示については、さすがにモリサワフォントの日本語はキレイで、これは読みやすいと思った。

パンフレットには、本体について特に目新しい情報はなかったが、気になったのは電子書籍のラインナップ。
「240万冊もの世界中のタイトルを、ご用意しています。」という説明書きの後に、上のように国内の有名タイトルが掲載されているのだが、さてこのうちのどのくらいが7月19日のサービス開始時に用意されるのだろうか。

展示コーナーで販売員さんの話を聞いている人たちも(ほとんどビジネスマン風の人だった)、興味津々という感じで、つかみはかなりイイ感じに見えた。さて発売初日はどうなるのだろう。

2012年7月9日月曜日

最近発表された無料Wi-Fiあれこれ

コンビニ大手のセブンイレブンとローソンが、無料で使える公衆無線LANを発表して以来、同様のサービスを提供する企業が増えてきている。
以前、このブログでも「無料または少額で使える高速サービス」という記事を書いたが、その時よりも「出先で手軽に使える無料Wi-Fiが増えた」感じだ。

Free Wi-Fiサービス「at_STARBUCKS _Wi2」を開始 | スターバックス コーヒー ジャパン

紀伊國屋書店、主要店舗に独自のWi-Fi環境の設置を開始 | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

西新宿エリアにおいて公衆Wi-Fiサービスを展開 | 2012年 | KDDI株式会社

京都市、無料の無線LANスポット整備、バス停・コンビニなど市内に630個所 -INTERNET Watch

福岡市 福岡市公衆無線LAN『Fukuoka City Wi-Fi』拠点拡大!

最近発表されたものをざっと挙げてみたが、上の2つが店舗内サービスであるのに対して、下の3つは「街の活性化」を目的としたエリア限定サービスであるのが面白い。今後こういう取り組みも増えていくだろう。

ただ、このような公衆無線LANを使っていてよく思うのが「意外と繋がりにくい」ということだ。電波が届いていないということではなく、おそらく接続数の上限に達してしまっていたりとか、単純に接続するまでの手順が多くて面倒になってしまうとか、そういうことだ。

また、ローソンWi-Fiの時もさんざん言われたように、フリーなだけにセキュリティも気になる。その辺はこちらの記事が詳しいので、参考にしてほしい。

フリーの公衆無線LANには危険が多すぎる : chimtty.net

2012年7月8日日曜日

koboでも使える!ウェブをEPUBに変換する「Readlists」

昨日の記事を書いた後いろいろ調べてみたのだが、カナダで発売されているkobo touchを日本で使っている人のレビュー記事があったので、ご紹介。

電子書籍リーダー Kobo touch レビュー - ふツウの斜め上から。
電子書籍リーダー Kobo touch 〜色んなファイルを開いてみた〜 - ふツウの斜め上から。

2つめの記事を読むと、PDFを読む場合、kobo touchに最適化されていないとズームを多用することになり読みにくい、とのこと。
となると、これからkobo用にファイルを作成するのであれば、PDFよりEPUBの方がいいだろう。

昨日の記事でも、ウェブのEPUB化にInstapaperが使えることを書いたが、これはInstapaperユーザでなければ使えない。誰でも使える機能を探してみたところ、同じ「後で読む」サービスのReadabilityが、EPUBサービスをつい最近始めたことを知った。


Readlists

ウェブ上の記事をまとめて電子書籍にできる『Readlists』 : ライフハッカー[日本版]

概要はこのライフハッカーの記事に書かれているが、このサービスの面白いところは「いくつかの記事をまとめてEPUBにする」だけでなく、「まとめた記事リストを公開できる」こと。公開された人のリストを見て、自分も読みたいと思った記事をReadabilityの「後で読む」リストに入れたりすることもできる。

こちらの記事に具体的な変換のやり方が書いてあり、日本語の記事も文字化けせずに読むことができた、とあるので期待できそうだ。

長文エントリーを読むならブラウザよりもやっぱり「本」 ウェブ記事をEPUB変換して電子書籍化する「Readlists」 :教えて君.net

Readabilityを以前使った時は「レイアウトは美しいが変換がちょっと重い」という印象だったが、この「Readlists」でReadabilityの美しいレイアウトが使えるのは嬉しい。
あとは実際にkoboで開いてみて、使えるかどうか。買ったら試してみたいと思う。

【追記】
kobo touchで実際に試してみて使えたので、ご報告。
上の「教えて君.net」の記事のとおり、ファイルをメールで送って、PCからkobo本体にコピーすると、ちゃんと見られる。Instapaperの時のようにファイル名を変更したり、本文に画像が入っていないということもない。
上の写真の記事は、こちら。
本日発売開始!楽天の格安電子書籍デバイス「kobo Touch」をさっそく開封して設定してみた【レポート】 - S-MAX(エスマックス) - スマートフォンとモバイルを活用するブログメディア - ライブドアブログ

表紙やタイトルもちゃんと付くし、レイアウトも美しいので、これは使える!という印象。

2012年7月7日土曜日

楽天の電子書籍リーダー「kobo」の、便利な使い方を考える

記事を書くのが遅くなってしまったが、今週2日に楽天が電子書籍リーダー「kobo touch」を発表した。


電子ブック楽天<kobo>: 読書に革命を。新しい楽しさを。

先週PairGB SIMの記事で書いたとおり、もしかしたらこの楽天の端末で3Gが使えるのでは・・・と期待していたが、残念ながらそれはなかった。
が、この機能で7980円というのは「相当頑張った」と言える価格だ。

端末と価格については満足度が高いが、ソフト面ではやや不安が残る。
そもそも「kobo」はハードの名前ではなく、電子書籍配信を含めたシステム全体の名称だと聞いている。今回の発表でも「kobo touch」が一番目立っていたため、電子書籍が読めるのはこの端末だけ、という印象も与えかねないが、実はPCでもスマートフォンでもタブレットでも読めるのだ。ただし、日本語版はまだ開発中ということで、これが不安のひとつ。

もうひとつは、すでにあちこちで言われているとおり「コンテンツの少なさ」だ。
日本語のコンテンツはサービス開始当初で3万冊ということだが、このうち1万冊は青空文庫のものだ(PC Onlineの記事より)。売れ筋のコミックや小説などは、ほとんど最初のラインナップには入ってこないのではないか、と思う。

が、もともと電子書籍配信のほうにはあまり期待していなかった(いまの国内の状況では、版権うんぬんが複雑でそんなにすぐにコンテンツが充実するとは思えない)ので、とりあえず「電子書籍リーダー以外の、koboの活用法」を考えてみた。

1.自炊リーダーとして使う

これは自炊している人なら誰でも思いつきそうだ。PDFが読めるし、JPGなど画像フォーマットもいけるので、スキャンした本を持ち歩くのにはよさそうだ。

2.PDFビューワとして使う

私は自炊しないので、他に何かいいものはないかと考えたときに、意外とPDFで配信されているものっていろいろあるなーと思いついた。例えば家電の取説とか。
いまはたいていの取説はメーカーサイトからダウンロードできるようになっているが、いざとなるとPC開けてまで読まない。koboのほうが「取り出してすぐ調べる」という用途にあっていると思う。
また、定期購読雑誌でPDF版を配っていることもあるし、ふつうの書籍でも購入者がPDFをダウンロードできるようにしているところもある。
今後、対象は広がっていきそうだ。

3.EPUBリーダーとして使う

目玉はこれ。今回のkobo touchはEPUB3に対応しているので、もしかしたらInstapaperで作ったEPUBファイルが読めるのでは、と期待している。

InstapaperからiBooksに記事をまとめる方法 - W&R : Jazzと読書の日々

ここにやり方が書いてあるが、実はInstapaperでは「後で読む」に入れたページをEPUBにまとめることができるのだ。
これがkoboで読めると、「後で読む」に入れたまま読まずにたまっている連載記事などを、koboで一気に読むことができる。長い記事はPCとかスマートフォンで読むと疲れるので、これは便利。
【追記】実際に試してみた記事はこちら。またEPUB変換については、次の記事もどうぞ。

4.その他(ブラウザとか、ゲームとか、手書きメモとか)

このギズモードの記事の写真を眺めていて、驚いた。

電子ペーパーすごい! 日本版「kobo Touch」国内最速ハンズオン(動画あり) : ギズモード・ジャパン

ブラウザが搭載されているのは何となく予想できたが、小さい写真を見ると「数独」画面があったり、「手書きメモ」っぽい画面もある。こういうアプリも入っているようだ。思っていたより使い道が広がりそう。

というわけで、7月19日のkobo発売までにアマゾンからKindleの詳細発表がなければ、きっと私はkoboを買ってしまうだろう。
全国いくつかの書店で実機が見られるそうなので、時間があれば試しに行きたいと思っている。
→実機を見てきた記事はこちら。電子書籍業界の今後についてはこちら

【追記】購入しました!記事はこちら

「ドコモ環境センサーネットワーク」で暑い夏を乗り切る

あまり知られていないが、ドコモは気象データを計測するセンサーを全国の基地局にとりつけて、そのデータでいろいろな試みを行っている。
代表的なものは、春に配布されていたアプリ「ドコモ花粉ライブ」だが、このたび専用のサイトが立ち上がった。


ドコモ環境ライブ

これだけみると、ただの天気予報サイトと何が違うの?という感じで、ちょっと損をしているように思う。やはりアプリのほうが面白そうだ。

Weather-Link ~湿度なう~
Interlink Corporation
価格:無料  平均評価:4.0(1)


とりあえず今配布されているので、一番面白そうなのはこのウィジェット。
全国の基地局で測定した「湿度」だけを表示するというもので、サイズもごく小さい。
いま、あまりにも蒸し暑くて仕方ないという人におすすめ。

来週から配布される予定の「ドコモヒートライブ」がもっと面白そうなので、楽しみだ。

2012年7月5日木曜日

週アスPLUSの「日本通信SIM全まとめ」がイイ!

本日は小ネタ。

先月立て続けに新商品が出たことだし、そろそろb-mobile SIMのまとめ記事を作ろうと思っていたら、ジャイアン鈴木さんに先を越されてしまった。

日本通信全SIMカードまとめ ズバピタなSIMカードがひと目でわかる! - 週アスPLUS

いろいろありすぎてよく分からない、という人は、最初に挙げてあるおすすめ商品4つを選べば間違いない。というかこの4つ以外はあまり存在価値が(以下自粛)。

2012年7月4日水曜日

続・私がLINEを使わない理由


前回「私がLINEを使わない理由」の記事を書いてから、早くも3ヶ月が過ぎた。
この記事をアップしてからずっとアクセスが絶えることなく、今でもこのブログの人気1,2を争う記事になっている。
そしてアクセス解析をみると、「LINE 知り合いかも」というキーワードで検索してきている人が圧倒的だ。 それも無理はない。
記事を書いたときはLINEのユーザは2000万人を突破したばかりだったが、それからわずか3ヶ月でユーザは倍以上の4500万人となり、また「LINE card」「LINE camera」「スタンプ」など新しいサービスを 次々と投入して、さらに人気を集めている。

LINEはコミュニケーションツールだから、周囲の人が使っていれば自分も使いたくなるのは自然なことだ。
そして、インストール時に特に注意せず電話帳を送信してしまい、結果「知り合いかも」に知らない人がたくさん出てきて、驚いて検索してこのブログにたどり着いた・・・という人が相当数いるのではないか、と思う。

前回の記事を書いて以来、久しぶりにLINEヘルプを見てみたが、電話帳送信に関しての注意書きが以前より詳しくなっていた。

一方が連絡先を持ち、他方が持っていない場合は、連絡先を持つ方には相手が「友だち」に登録され、連絡先を持たない方には相手が「知り合いかも?」に表示されます。

以前は、こういう具体的な記述はなかったように思う。
太郎さんと花子さんに置き換えてみると、こうなる。

太郎さんと花子さんが携帯にLINEを入れた

太郎さんの電話帳には花子さんの電話番号が登録されている
花子さんの電話帳には太郎さんの電話番号は登録されていない

太郎さんにとっては花子さんは「友だち」と表示され、
花子さんにとって太郎さんは「知り合いかも?」と表示される

以前の記事にも書いたとおり、この「友だち」「知り合いかも?」表示を実現するために、LINEでは電話帳に登録されている電話番号と携帯用メールアドレスをLINEのサーバに送信し、保存している。
保存されているのはLINEを使っている人のものだけではない。
LINEを使っていない人の電話番号とメールアドレスもあるのだ

「LINE 知り合いかも」で検索してこのページにたどり着いたみなさんに、ぜひ考えて欲しいことがある。
例えば、友だちと一緒に写真を撮った。友だちは何も言わずにその写真をSNSに投稿した。みなさんはどう思うだろうか。
「別に全然かまわない、友だちだから」という人もいるだろう。
「友だちだからって、無断で写真をアップされるのは嫌だ」という人もいる。

LINEの電話帳送信問題は、これに似ている。
LINEを使っていないのに電話番号とメールアドレスをLINEサーバに送られた側としては
「自分に無断で番号とメアドを送られるのは嫌だ」
という気持ちにもなる。
たとえそのサーバが強固なセキュリティで守られていたとしても、やはり「勝手にやられた」という気持ちはぬぐえない。

あなたが「友だちだから全然かまわない」という考えだったとしても、相手もそうとは限らないのだ。

ここまで読んで、「インストールするときはOKしちゃったけど、やっぱり電話帳送信は止めたい」という人は、上記ヘルプの「アドレス帳の情報送信を停止できますか?」に設定方法が書いてある。参考にしてほしい。

この記事が、ちょっとだけでも、考えるきっかけになってくれれば幸いである。

2012年7月3日火曜日

6月のアクセス&検索ワードランキング

さて6月の振り返りとアクセス集計ランキング。

先月の大きなニュースというと、各社の株主総会と、月末に立て続けにリリースされた日本通信の新商品、あとJINS PCのクリアレンズとHACKERSモデル発表、といったところ。
だがしかし、キーワードランキングでは意外な結果が。

【キーワード】
1.medias for biglobe(初)
2.mvno(初)
3.line 知り合いかも(先月1位)
4.mvno 比較(先月2位)
5.もちあるいてなんぼ(先月7位)
6.ocn モバイル エントリー d(先月6位)
7.イオンsim(先月9位)
8.イオンsim line(先月3位)
9.zoff pc(先月4位)

先月初めに書いた『スマホ初心者に「MEDIAS for BIGLOBE」をオススメする理由』に大変大きな反響をいただき、この単語が堂々アクセス1位となった。

【ページ タイトル】
1.JINS PC対Zoff PC、新商品ガチンコ対決の行方は(先月10位)
2.最近発表されたドコモMVNO一覧表(先月1位)
3.私がLINEを使わない理由(先月3位)
4.「イオンSIMでLINE」について考える(先月2位)
5.スマホ初心者に「MEDIAS for BIGLOBE」をオススメする理由(初)
6.「JINS PC」と「Zoff PC」を試す(先月4位)
7.JINSとZoffの仁義なき戦いはクリアレンズ対決へ、そして(初)
8.OCN「モバイル エントリーd」と、最近発表されたドコモMVNOまとめ(先月6位)
9.遅すぎるイオンSIMをそこそこ快適に使う Googleマップナビ編(先月8位)

こちらでも、MEDIASの記事が5位に入った。
そして相変わらず、LINEとPCメガネの記事が強い。
LINEは本日KDDIとの提携を発表し、またタイムライン導入などSNS機能強化もあわせて明らかにした。日本でも有数のプラットフォームになろうとしていて、目が離せない。

「フレッツ光」加入プレゼントが豪華すぎる

先週くらいから「InfoSphereモバイルライトプラン」 の記事がよく検索されてくるな、と思ったら「フレッツおでかけパック」のテレビCMが始まっていたようだ。
上の記事を書いたときも思ったが、フレッツ光ユーザには、このプランは本当にお値打ちだと思う。

ところで最近、光回線はモバイルとの組み合わせで売り出すのが流行っているらしく、大手プロバイダーで様々なキャンペーンが行われている。
で、その内容がえげつないほど豪華で驚いた。

フレッツ光 タブレット+Wi-Fiモバイルルータープレゼントキャンペーン:@nifty

ニフティのキャンペーンは、レノボのIdeaPadと無線LANルーター(実はWiMAX用モバイルルータ)をセットでプレゼント、というもの。表向きは「クイズに正解したらプレゼント」となっているが、誰でも答えがわかる簡単なものだ。

「BIGLOBE光パックNeo with フレッツ」2012年6-7月 スマホセット特典

こちらはビッグローブ。提携するドコモショップでスマートフォン(全機種対象)を購入するか、話題の「MEDIAS for BIGLOBE」を契約すると、4万円キャッシュバックというもの。

モバイル&フレッツ プレゼントキャンペーン|キャンペーン|ぷらら
こちらはぷらら。フレッツ光と光ポータブル、およびぷららモバイルの契約で、iPod touch 8GBプレゼント。

というわけで、スマートフォン、タブレット、iPodと、よりどりみどりだ。
特に感心したのはビッグローブのプランで、NTTにすればドコモのスマートフォンを目玉に契約を増やせるし、ドコモにすれば在宅中は光回線を使ってもらうことでオフロード対策になるし、ビッグローブにすれば「MEDIAS for BIGLOBE」の販売促進にもなるし、三者ともメリットがあるプランだと思った。

2012年7月2日月曜日

メガネとしては国内初!「JINS PC」自動販売機を試す

メガネの自動販売機としては国内初となる「JINS Self Shop」が、南船橋のららぽーとTOKYO-BAYに設置されたので、見に行ってみた。

メガネの自動販売機「JINS Self Shop」運営開始決定 お知らせ | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)

実はららぽーとTOKYO-BAYにはJINSの実店舗もあるのだが、自動販売機そこからは少し離れたところに設置されている。
具体的には、実店舗は北館2階の中ほどにあるが、自動販売機は北館1階のいちばん奥にあった。

見た目は、よくある紙パック飲料の自動販売機を大きくしたような感じで、上部に大きくJINSのロゴが入っていなければ、本当に飲み物の自動販売機と間違えてしまいそうだった。

操作はタッチパネル式で、実際に触ってみるとまさにオンラインショップと同じ。欲しい商品を選んでカートに入れて、決済するという手順。
ただ気になるのは、 決済でクレジットカードしか使えないこと。4000円~6000円くらいの商品なので、現金で買えてもいいと思うのだが・・・。

実店舗のほうも見てみたが、好評のようで店員さんもフル回転の模様。なので待たずに買える自動販売機もいいかもしれない。

2012年7月1日日曜日

しゃべってコンシェル新CMと、Siriとの比較

しゃべってコンシェル新バージョンのCMが最近始まったことは昨日書いたが、以前のCMにはSiriと比べて不満があった。

ほぼ同時期にCMが始まった両者なので、どうしても比較してしまうのだが、一言でいうとドコモはイメージ重視、アップルは機能重視だったと思う。

しゃべってコンシェルのほうは豪華にタレントさんを使ってバンバンCMを打っていたが、タレントさんのほうが目立ってしまい、結局「何ができるのか」が良くわからなかった。少なくとも私には。

そこらへんアップルは昔から上手くて、タレントさんを使わない代わりに「こんな質問をしたら、こんなすごい答えがかえってくる!」という驚きが伝わってくるCMになっていた。

今回ドコモも見習ったのだろうか、タレントさんの露出は控えめにして、「新しいしゃべってコンシェルはこんな質問にも答えられる」ということに重点をおいたCMになったと思う。

という訳で、前より賢くなった執事さんに、ちょっと厄介な質問をしてみた。



「ドコモからiphone出ないの」
「なかなか難しいことをおっしゃいますね」
とまあ、うまいことはぐらかされてしまった。