2012年9月29日土曜日

iPhone5の地図騒動とYahoo!マップの意地

iPhone Maps
iPhone Maps / smjb


iPhone5が発売されて後、ネタとして話題をさらってきた「マップ」問題。
ご存じの方も多いと思うが、実在しない「パチンコガンダム駅」があったり羽田空港が大王製紙になっていたりと、ネタに事欠かない。
日本だけでなく諸外国でも地図の精度の悪さが問題になっているらしく、ついにAppleのCEOが公式に謝罪する事態に陥ってしまった。

 iPhone5ユーザは、公式の代わりになるマップアプリ探しに必死のようで、ここ数日で比較記事がいくつも出ている。
iOS 6のマップアプリの代わりに使いたい地図アプリ6選 : ギズモード・ジャパン
【iOS 6】標準のマップアプリの代わりに使える、無料の地図アプリ・サービス。 - iPhoneアプリのAppBank
【iOS6】Apple独自のマップが不安な人へ、代替となる3つの地図アプリを紹介します|別冊サイボーイ

で、中でもイチオシとされているのがYahoo!マップである。

5つのアプリを比較検証してみた!iOS6のマップ代替アプリは「Y!ロコ」が最適! | 男子ハック

iOSのアプリは有料のものが多いが、これは無料でルート案内等にも対応しているのがポイント高い。 が、それだけではない。やはり「見やすさ」が地図の一番重要なポイントだと思うのだ。

これについて、YOLP公式ブログで、地図製作への熱い想いが語られている。
 これがニッポンの地図づくり! 地図職人のこだわりお見せします - Yahoo! Open Local Platform(YOLP)

私も地図を眺めるのは大好きで、このブログでも何回か地図アプリのレビューを書いている。
Yahoo!の地図については「軽量マップ」や「コンビニマップ」 を使ってきたが、Googleマップに比べて「文字の情報量が多いのに見やすい」という印象を持っていた。
この公式ブログを読んで、その理由がわかった気がした。そうか、手作業の時代からのノウハウの賜物なのか・・・。
「コンビニマップ」の地図

しかしここで疑問が浮かぶ。ヤフー社内にそんな昔から地図製作にかかわっている人がいるとは思えない。それにYahoo!地図にはゼンリンのコピーライトがついているではないか。
これはどういうことなんだろう?

調べてみると、こういうことだった。
詳細地図の元データはゼンリンから提供を受けたもので、ヤフーの子会社であるアルプス社の地図デザイン風に加工し、他の縮尺と合わせているという。
via: Yahoo!地図情報、1/1500と1/3000の詳細地図が1,300市区町村をカバー

(注:この記事の後、アルプス社はヤフーに吸収合併され清算されている)

元の地図はゼンリンの提供だが、ヤフー内に残っているアルプス社のスタッフが、昔からのノウハウで注記等を付けて加工している、ということらしい。

多種多様にカスタマイズされた地図を常に最新版で見て頂けるのは、地図づくりに長年携わってきた編集スタッフの熱いこだわりと、それを自動化させたエンジニアの高い技術力によるものと自負しています。
via: これがニッポンの地図づくり! 地図職人のこだわりお見せします - Yahoo! Open Local Platform(YOLP)

地図づくりは一朝一夕で出来るものではない、ぽっと出のアップルさんには負けませんよ、というヤフーの意地が見えてくる。
Appleは相当頑張らないといけないところに足を踏み入れてしまったようだ。


2012年9月28日金曜日

AmazonでBluetoothキーボードが2割引!あのポメラモデルも

昨日気がついたのだが、AmazonでiBUFFALOのBluetoothキーボードが20%引きになるセールが行われている。

iBUFFALO 無線・Bluetooth キーボードがクーポンコードで20%OFF!

上のページにあるクーポンコードを入力すると、今の価格からさらに20%引きされる。

昨日ちょうどポメラの記事を書いたばかりなのだが、上のモデルはバッファローとキングジムのコラボモデルで、ポメラのキーボード部分のみを商品化したというもの。
たまたま昨日ITmediaにこのキーボードの記事が掲載されていて驚いた。

ちょっと気になる入力デバイス:ディスプレイがない“ポメラ”――「BSKBB03WH」は仕事用モバイルキーボードの本命か? (1/2) - ITmedia PC USER

あと、この2割引セールのキーボードは、Android対応でないものも多いので注意(上のポメラモデルは対応している)。
先日ポケモンキーボードの記事も書いたが、出先で長文を入力したい人には、キーボードを安く手に入れるチャンスだ。

スーパーのイオンが何故SIMカード販売?その理由が面白い

イオンSIM
イオンSIM / kaidouminato


ここ数日たくさんの発表があって慌ただしかったが、この記事はぜひ紹介しておかねばなるまい。

ケータイ販売の新たな潮流 イオンがSIMカードとSIMフリースマホ販売に取り組む理由 - ケータイWatch

このブログの読者の方には、まさに必読記事だ。
私も最初から最後まで非常に興味深く読ませて頂いた。

内容は、イオン店内の携帯電話売り場を担当する「イオンニューコム事業部」へのインタビューとなっている。
イオンSIMが誕生するまでのいきさつや、先日のIIJmioNEC-102の取り扱い開始、そして今後の展開についても言及されている。

この記事で印象に残ったの点はいくつもあるが、まずはここ。
イオン側からです。当時、研究を重ねて 、月額で1000円を切るプランが提供できな いかと考え、日本通信さんと交渉を開始しました。

これは「イオンと日本通信と、どちらから先に声をかけたのか」という問の答えだが、これは本当に意外だった。販路を拡げたい日本通信が先に提案したものだとばかり思っていた。

しかも、顧客のニーズを研究して1000円を切るプランを考えたのは、なんとイオン側だったという。
今日我々が低速低額プランの恩恵にあずかることができるのは、実はイオンの中の人のおかげだったのだ。

もともとは主婦層がターゲットだった

もうひとつはここ。
最初は意外に感じたが、記事を読むとなるほどと思う。
イオンの携帯売り場には買い物ついでに立ち寄る主婦層が多いため、「携帯電話代が高い」という悩みの声を聞く機会も多いということだ。

・・・ところが。ふたを開けてみたら「ライトユーザではなくヘビーユーザが購買層のメイン」になってしまったというのが面白い。

品川シーサイド店の売れ行きがよいとあるが、昨年6月の発売当時はほんの数店舗でしか取扱がなく、都心からのアクセスが一番よかったのが品川シーサイドだったので、そこに買いに行く人が続出した・・・というのは、私もよく覚えている。
中にはイオンSIMの月額より高い交通費をかけて品川に行った、という人もいたと思う。

SIMフリー端末の取り扱いを開始したことについては、やはり「SIMと端末をセットで販売する必要がある」から、とのことで

なにぶん初めての取り組みでしたから、 国内メーカーの機種にしようと考えました

とあるが、これは大当たりだったのではないか。
売る方も国内メーカーのほうが交渉しやすいだろうし、買う方もヘビーユーザではなくライトユーザがターゲットなのだから、とりあえずNECカシオという名前で安心できるだろう。

実際、売り場での手応えはかなりあり、次を考えなければいけないとのこと。これは新機種に期待できそうだ。

今後はタブレットも含めデジタル関連売り場を拡張したい考えで、私も以前行ってきた「イオンデジタルワールド」にも触れられている。

先日売り場を見てきた記事を書いたが、イオンがこれらの販売に力を入れていると感じたのは気のせいではなく、綿密な販売戦略があったから、ということがよくわかった。
ケータイWatchさん、実にGJでした!

2012年9月27日木曜日

初代ポメラDM10が5000円台になっていた!

スマートフォンとは話が離れるが、伊藤浩一さんのブログ記事を見て驚いたので、ご紹介。

私はこんなブログを書いてるくらいなので、この手の小型ガジェットはもちろん大好物である。
初代ポメラが発売されたのはかれこれ4年近く前で、私がL-04Cを手にするずっと前なのだが、当時は本当にあと少しで衝動買いするところだった。

結局思いとどまった理由は、価格が高いのと通信機能がついてない点だった。
SDカードを抜き差ししてデータを移し替えるのが面倒で、結局使わなくなってしまいそう・・・という思いがあったのだ。

L-04Cを使い始めて、「あの時ポメラを衝動買いしなくてよかった」と思ったのは確か。
理由としては、L-04CのQWERTYキーボードが思いのほか使いやすく、しかもポメラの3分の1ほどの価格で手に入ったことが大きい。

とはいえ、今ならその初代ポメラがL-04Cより安く入手できるということで、ちょっと心が揺れ動いている。
SDカードを抜き差しは確かに面倒だが、スマートフォンを手にした今となっては、急ぎのメモはスマートフォン、ゆっくり書きたい文章はポメラ、なんて使い分けも出来るわけで。
なかなか悩ましい・・・。

【追記】
廉価版のDM5はさらに安くなっていた。

GooglePlayストアで「250億ダウンロード記念」25円セールが開催中

前回の残暑セールが行われてから1ヶ月足らず、Google Playで次のセールが始まった。


Google Playで「25円セール」開始、アプリの250億ダウンロード達成記念 | アプリオ Android

今回は250億ダウンロード記念ということで、1本25円となっている。そして日替わりで5日間開催予定ということなので、毎日ラインナップをチェックしたい。
とりあえず本日のオススメは、ビジネス系の2本。

OfficeSuite Pro 6 + (PDF & HD)
Mobile Systems
価格:25円  平均評価:4.3(7,996)


総合オフィスアプリ。アプリオのレビュー記事はこちら。絶賛されている。

Tasks
Team Tasks
価格:25円  平均評価:4.8(3,349)


TODO管理アプリ。えらく評価が高いので気になる。


また、レンタル映画で「99円の必見映画!」も開催中だが、正直言って「何故このラインナップ?」と思うほどトホホな感じ。

Google Playは電子書籍の取り扱いも始めたが 、これについてはまた別の記事で。

2012年9月26日水曜日

パナソニックがドコモMVNO参入!

ドコモMVNOにビッグネーム参入!
パナソニックが10月23日より「LTE Service」を開始することが発表された。

LTE SERVICE START! | WiMAX Service

私も全く知らなかったのだが、パナソニックはすでにWiMAXサービスを始めていて、それに加えてドコモのLTEサービスを提供することになったそうだ。

で、気になる料金プランだが、以下の3つが用意されている。
(公式サイトをキャプチャさせていただいた)
 
ライトプランとスピードプランは、価格的にあまり魅力はない。選ぶとしたらエントリープランか。
こちらは月3GBまで下り14Mbpsで使えて、それを超過すると512kbpsに制限される。
月3GBなら定額感覚で使えそうだが、それを超えても512kbpsで使えるというのが新しい。
2年縛りとはいえ、コレで月2340円なら、かなりお得ではないだろうか。

パナソニックは本日「Let'snote AX2」を発表しており、こちらの記事によると、WEB販売限定のプレミアムモデルでは「LTEに対応するNTTドコモのXiデータ通信サービスも利用可能になる」とあるので、これにあわせて今回の発表となったのだろう。

ドコモMVNO一覧表の更新がまた追いつかなくなっているが、10月23日のサービスインまでには必ず更新したい。

ウィルコム契約数が500万件突破!

昨日からいろいろな発表やニュースが出てきて、記事したいものがたくさんあるのだが、とりあえず自分が使っているウィルコムのおめでたいニュースから。

ウィルコムの累計契約数、500万件に - ケータイ Watch

上の記事にあるとおりソフトバンクの3G回線も含めた契約数なので、純粋にPHSだけの数字ではないのが少し残念。
しかしウィルコムのプレスリリースをみると、2年前のソフトバンクグループ入りから文字通り「うなぎ登り」で契約数を伸ばしてきたことがわかる。


500万件突破を記念し、ウィルコム取扱店で記念ステッカーを配布したり、新規契約で1年間「新ウィルコム定額プランS」(通常1450円)が980円になるキャンペーンが行われている。

その他にも、今月末までのキャンペーンとして「HONEYBEE4 学割スペシャル」「ウィルコムストア限定★DIGNO DUAL/HONEYBEEスマホセット機種変更キャッシュバック」「50歳以上限定キャンペーン」が行われているので、興味のある人はお早めに。

「Nexus7×BIGLOBE」発表!

昨日はGoogleのNexus7発売でいろいろと盛り上がったが、さらに気になるニュースが発表になった。

「Nexus 7」と回線サービスを提供、BIGLOBE、hi-ho、GMO、@niftyの各社 -INTERNET Watch

いくつかの大手プロバイダーが、Nexus7とモバイル回線をセットにして販売するという。
そのうちBIGLOBEは、Nexus7と「BIGLOBE 3G」「BIGLOBE LTE」とのセットだ。
今のところドコモMVNOとのセットはBIGLOBEだけで、他社はWiMAXや光回線とのセットになっている。

もちろん2年縛りなのだが、このセットだとルータ代は0円、Nexus7は17800円となる。
なかなかいい条件かも。

ひとつ注意したいは、Nexus7は一般販売されている16GBモデルではなく、8GBモデルだということ。
Nexus7は一部家電量販店(こちらの写真で確認)でも発売されるが、そちらも16GBモデルなので、今のところ8GBモデルは「モバイル回線とのセット販売専用」ということらしい。
Nexus7にはメモリカードスロットがないので、本体の容量には注意したいところだ。

先日「MEDIAS for BIGLOBE」の端末代が0円になったのは、Nexus7発売に備えてのことだったのか・・・と深読みしてしまう(たぶん違うと思う)。

2012年9月25日火曜日

Google Nexus7販売開始!しかも19800円

iPhone5発売で押され気味だったAndroid陣営に嬉しいニュース。
海外ではすでに発売されているGoogleの7インチタブレット「Nexus7」が、国内でも発売された。


Nexus7 / dk43454


驚くべきはその価格。なんと19800円である。
一昔前の怪しい中華パッドと大して変わらないではないか。
koboが7980円という価格で2万円前後の電子書籍リーダーを蹴散らしてしまったように、 Nexus7も国内のAndroidタブレットを軒並み蹴散らしてしまうだろう。

Googleの7インチタブレット「Nexus 7」、日本でも1万9800円で販売 - ITmedia PC USER

しかも、一定の条件を満たしてセットアップを終えると、Googleウォレットのアカウントに2000円分の残高が追加されるという。
ということは、本体は実質17800円!? いやはやとんでもない・・・。

2012年9月24日月曜日

「MEDIAS for BIGLOBE」が端末代0円になった!

本日2本目のMVNOの話題は、BIGLOBEから。

先日イオン店頭でNEC-102を販売開始したことは記憶に新しいが、 この端末とドコモMVNO回線をセットにした「MEDIAS for BIGLOBE」で、端末代金が0円になるキャンペーンが始まった。

「MEDIAS for BIGLOBE」で端末代0円のキャンペーン - ケータイ Watch

↑これが、以前の画面
 ↑これが、今日の画面


見比べてみれば一目瞭然で、端末代980円が差し引かれた価格表示となっている。
大手キャリアの端末でも「先月までは実質○円だったのが、今月は0円になっていた」という悲しい出来事があるが、これも最近契約した人は「何だよこれ・・・」と落胆してしまうのではないだろうか。

また、端末なしSIMのみのプランを契約した人は5000円キャッシュバック、モバイルルータ「RS-CV0C」が以前は4800円だったのが0円になるキャンペーンも、あわせて始まっている。

こちらの記事でも書いたとおり、NEC-102は在庫処分っぽい感じなのだが、新しいNEC端末とMVNO回線のセットが出るのかが楽しみだ。

日本通信「スマートSIM 980Turbo」をAmazonとヨドバシで発売!

月末恒例、MVNOの新展開の話題。本日1本目は日本通信から。

日本通信、低価格通信の決定版「スマートSIM 980 Turbo」をAmazon.co.jpで販売開始|日本通信株式会社

日本通信、低価格通信の決定版「スマートSIM 980 Turbo」をヨドバシカメラで販売開始|日本通信株式会社

先日のスマホ電話SIMと同様、Amazonとヨドバシでほとんど同じ内容のプレスリリースが発表された。
これで、日本通信のSIMパッケージでAmazonとヨドバシの両社で取扱があるのは、前述のスマホ電話SIMとPairGB SIMに続いて3種類目となる。
(その他に、ヨドバシ独自のSIMとして基本料0円SIM、Amazon独自のSIMとしてAmazon専用SIMがある。)

すでにAmazonとヨドバシでは商品ページもできている。

ヨドバシ.com - 日本通信 BM-YDU150L [bモバイル 3G・4G スマートSIM 980Turbo 標準SIMサイズ]【無料配達】

この「スマートSIM 980 Turbo」、商品名を見ても分かるとおり、イオンSIMのAプランをそのままAmazonとヨドバシに持ってきたという感じだ。イオンSIMでは10月1日から150kbpsとなるが、こちらの商品は一足先に明日から「980円で150kbps」となる。
もちろんTurbo Chargeも使える。

日本通信はAmazonとヨドバシに様々な種類のSIMを提供してきたわけだが、ここにきてイオンSIMと同様のプランに回帰するのは、やはり「100kbpsだけど980円」というプランが、一番分かりやすく訴求力があったという証明だろう。
100kbpsから150kbpsにスピードアップするタイミングで販路を拡大し、一気にシェアを拡げる戦略だと思う。
さてIIJやDTIなどのライバルはどう出るのか、注目したい。

2012年9月22日土曜日

日経トレンディの中古iPhone特集記事がイイ!


iPod, iPhone4 and iPhone 3GS / bilderheld


先日「日経トレンディの白ロム特集記事がイイ!」という記事を書いたが、iPhone5発売でまたまた日経トレンディが特集記事を出してきた。

iPhone 5発売で旧型の中古品が投げ売り、ついに1万円台に突入! - デジタル - 日経トレンディネット

これによると、中古のiPhone4SやiPhone4の買取件数が倍増し、価格もかなり下がってきているとのこと。新しいiPod touchより安いとあっては見逃せない。

新iPhoneより新iPod Touchが面白そう!」でも、 モバイルWi-Fiルータを使ってiPod touchをiPhoneのように使う方法を書いたが、iPhoneならもともと電話機能があるので、マイク付きイヤフォンを用意する必要もない。

ただし、SIMフリーのiPhone4SやiPhone4は、ここまで安くないようだ。Yahoo!オークションを見ても4~5万円代というところだ。

「iphone4s simフリー」の検索結果 - Yahoo!オークション

「iphone4 simフリー」の検索結果 - Yahoo!オークション

iPhone5のnanoSIMカット狂想曲

Fiskars
Fiskars / Kai Hendry


昨日からiPhone5が発売ということで、auとソフトバンクのショップ前にできた長蛇の列がニュースでも話題になっていた。

さて、従来のiPhoneではmicroSIMが使われており、今回発売されたiPhone5はさらに小さいnanoSIMが採用された。
これにより、SIMフリーのiPhone5にドコモMVNOのSIMを刺して使おうと目論んでいる人達から、「nanoSIMは出ないのか」という問い合わせが日本通信等に寄せられていることは、こちらの記事でも書いた。

とはいえ、ドコモが標準SIMしか出していなかった頃から、SIMを自前でmicroSIMサイズにカットして使っている人は大勢いたわけで、そういう人のために「SIMカッター」なる商品もある。


「nanoSIMサイズにカットすれば、iPhone5でドコモは使えるのか」ということは、一部の人達の間では超重要な問題で、iPhone5発売前からいろいろな試みがなされてきた。

iPhone 5用ナノSIMをつくってみた:週間リスキー

ドコモでiPhone 5の夢破れる? 切ったナノSIMは5で使えない:週間リスキー

上の記事のとおり、nanoSIMカッターとかアダプタとか、iPhone5向けに用意されたとみられる?商品は一度はお蔵入りになりそうだったが、

SIMフリー版iPhone 5にドコモのSIMをカットして入れてみた:週間リスキー

なんか結局、大丈夫だったみたいですよ・・・。
ただし3Gは使えるけどLTEは使えない、ということらしい。

SIMロックフリー版iPhone 5、docomo SIMで通信可能もXiは利用不可? | shimajiro@mobiler

これで、ドコモMVNOのSIMでも(Xiは使えないが)何とかなりそうという目処が立ったので、nanoSIMサイズにカットされるSIMの報告が相次ぐのではないかと。

「iphone5 本体 simフリー」の検索結果 - Yahoo!オークション

Yahoo!オークションでは、SIMフリーiPhone5は現在10万円超となっている。

【追記】
SIMフリーiPhone5とドコモSIMの組み合わせだと、FOMAプラスエリアがつかめない模様。
SIMフリーiPhone5終了のお知らせ・・・【無念】 | くずのは探偵事務所

テザリングは出来たようだ。
SIMフリーiPhone5でのテザリング|Takochanのデジタルライフ

2012年9月21日金曜日

ローソンとfoursquareがタイアップ!チェックイン割引特典を実際に試してみた

ソーシャル位置情報アプリ「foursquare」がコンビニのローソンとタイアップして、ローソン各店舗でチェックインすると「からあげクン」の半額割引券を先着10万人に発行するという大規模キャンペーンが始まった。

Foursquare
foursquare
価格:無料  平均評価:4.2(133,780)


ニュース - ローソンがfoursqureで位置情報販促、チェックインで「からあげクン」半額:ITpro

私もfoursquareはずっと使っているが、ソーシャル目的ではなくあくまでも「自分がいつどこにいたかを記録するため」に使っている。
チェックインする場所により意外なバッジがもらえたりして、それはそれで楽しいのだが、記録のために事務的にチェックインしているところもあり、もう少し面白味があったらな・・・と思っていた。

ちょうどそんな時にこのキャンペーンが始まったので、さっそく近所のローソンに行ってみることに。

ローソンでチェックインすると、上のように「Check-in Special」という表示がでるので、これをタップ。

バーコードが表示されるので、これを店頭のLoppiのバーコードリーダにかざす。するとレシート状の「からあげクン」半額券が出力されるので、レジに持って行って購入。210円が105円に。
(写真に撮る前に食べてしまったが、限定のゆずこしょう味、美味しかった!)

今までも位置情報とクーポンを組み合わせたサービスはあったと思うのだが、全世界で展開しているfoursquareと、国内のローソンがタイアップしたというのが面白い。他にもこういう企業が出てくれるとユーザとしては嬉しい限り。


2012年9月20日木曜日

Vプリカを使ってkoboイーブックストアで本を買ってみた

本が少ない上に最近は水増しとも思えるラインナップで(悪い方に)話題のkoboイーブックストアだが、検索してみるとたまには欲しい本もある。

が、koboイーブックストアの難点は、決済方法が楽天スーパーポイント・楽天キャッシュ・クレジットカードの3つしかないことだ。
スーパーポイントは貯めていないし、キャッシュは手数料がかかる。
私の場合、事実上クレジットカード決済しか選べないのだが、kobo初期のシステムトラブルもあり、どうもクレジットカード番号を楽天に預ける気になれなくて、イーブックストアでは本を購入したことがなかった。

が、最近あちこちのニュースサイトで「Vプリカ」なるカードのPR記事が出ていて、ちょっと興味を持った。

クレジットカードのいいとこどりができるVプリカのメリットまとめ : ライフハッカー[日本版]

ネット専用クレカ便利すぎ。クレカを持てない、持ってない人に最適な「V-PreC@(Vプリカ)」 : ギズモード・ジャパン

【レポート】海外ネットショッピングの専門家が斬る!プリペイド式の「Vプリカ」は本当に使いやすいのか? | ライフ | マイナビニュース

要は「使い捨てクレジットカード番号を発行してくれるサービス」だ。手数料もそれなりにかかるのだが、話の種にと思って使ってみることにした。


ネットショッピング専用 Visaプリペイド-Vプリカ 本人確認、審査なしで発行できます。

プリペイドサービスなので、申し込みの際に3000円・5000円・10000円のどれかを選んで購入する必要がある。
オンラインでクレジットカード決済するか、コンビニで購入するかのどちらかだが、使い捨てカード番号を買うためにカード番号を入力するのも馬鹿らしいので、コンビニで購入することにした。

私は近所のファミリーマートで購入。Famiポート端末で手続きして、レジで購入代金(3000円+手数料200円)を支払うと、「Vプリカ発行コード」が印刷された紙を渡される。
それを、Vプリカのサイトで登録すると、カード番号が発行される。


実際にカードが発行されるわけではないが、上のように本物のクレジットカードっぽいデザインのバーチャルカードが表示される。
これに、普通のクレジットカードと同じように16桁の番号と3桁のセキュリティコード、有効期限、登録した名前(ニックネーム)が表示されるので、あとは買い物したいオンラインショップでそれらを入力すれば使える。

実際koboのアカウントにこのカード番号を登録して、本を買ってみたが、問題なく決済できた。

手数料が高いのが難点だが、私のように「このストアではカードを使いたくない、でもカード決済しか使えない」 という時には便利だと思う。

ケータイWatch「MVNOのSIMカードに興味ある?」回答の悲喜こもごも

このブログを読んでいる皆さんなら、インプレスの「ケータイWatch」は毎日かかさずチェックしている、という人も多いと思う。


ケータイ Watch

そのケータイWatchでは、毎週読者への質問コーナーでお題を出しているが、先週のお題が「MVNOのSIMカード単体パッケージ、興味ある?」というものだった。

回答が集計されて、先日発表された。
この媒体の読者だから当たり前だが、興味ある人が86%と高い数字になり、コメントを読むと「実際に使っている」という人も多い。

その一方で、興味がないと答えた人のコメントでは「そこまでして安く済ませようと思わない」というものもあった。

そうだよなあ、とため息ひとつ。
キャリアのパケット定額に入っても7000円か8000円くらい。そのくらいの金額どうして出せないの?と言うお金持ちも世の中たくさんいるんだろうなあ、と複雑な心境になった。

先日イオンSIM高速化のニュースを見た時も「キャリアの定額プランに入っている人から見れば、100kbpsも150kbpsも目糞鼻糞なんだろうな」と、つい思ってしまったし。

「いや、自分の用途なら128kbpsで十分。キャリアにムダ金払う必要はない。」と自信持って言えるが、何だか負けた気分になるのは何故なんだろう。

2012年9月19日水曜日

「楽天スーパーWiFi」発表!

さて、kobo擁する楽天からは、新しい通信サービスの発表があった。
イー・アクセスと組んで「楽天スーパーWiFi」を始めるという。


【 LTE対応WiFi 】楽天スーパーWiFi :次世代通信規格LTE対応モバイルWiFi。ポイント2年間3倍&koboプレゼント!

月額3880円は、イー・アクセス本家と同じ。楽天スーパーポイントを貯めたい人にはいいが、それ以外はさほど目立つところはない。

(しかしイー・アクセスのMVNOはどこもみな3880円で代わり映えしない。ドコモMVNOのように各社プランに変化があると面白いのだが。)

他のMVNOと違うのは、楽天とイー・アクセスが合弁会社を作って、そこがサービスを始めるということだ。これはドコモMVNOでも見たことがない。

この点について、両者のトップから今後の具体的な動きについて言及はなかったが、新しい形のサービスが始まることを期待したい。

旧型Sony Readerが大幅値下げ!そしてkoboは

Unboxing
Unboxing / angermann


先日家電量販店に行った際、kobo以外の電子書籍リーダーも触ってみたいと思い、Sony Readerの店頭価格を見て驚いてしまった。

旧型とは言え、小型のPRS-350が5980円、koboと同サイズのPRS-T1が7980円となっていたのだ。
(価格comを見てもそんなに安いところは無かったので、おそらくその時だけのキャンペーン価格だったのだと思う)

Sony Readerは先日新型のPRS-T2が発表され、思いっきりkoboを意識した価格の9980円で話題を呼んだ。
その新型が発売された後なので、旧型が在庫処分価格になるのは仕方ない。
が、PRS-T1は当初の19800円からどんどん値下げされてきたので、最後はこの価格・・・と思うと悲しい気持ちになる。

そのPRS-T1を、店頭で触ってきた感想。
・やはり最初は2万円近くした商品だけあって、見た目はkoboより高級感がある。カジュアルな見た目のkoboと対照的。
・操作感はkoboよりお堅い感じ。koboは「操作が分かりづらい」と言われるが、バッジなどゲーミフィケーション要素も取り入れていて、慣れれば楽しく使えると私は思うのだが。
・PRS-T1はハードキーでページめくりができる。これはいい。便利。
・ただし、1ページごとにリフレッシュがあり、白黒反転が目障りに感じた

一方、koboも先日新型を発表したが、日本投入はまだまだ先になりそうだ。

【西田宗千佳のRandomTracking】問題の原因、解決のめどは? 「楽天Koboに何が起こったか」 -AV Watch

ちょうど今日でkobo発売から2ヶ月になるが、この記事を読むと「いまだにこんなに問題山積みなのか」と暗澹たる気持ちになる。新しい端末を日本向けにカスタマイズして発売する余裕などなさそうだ。

2012年9月18日火曜日

日本通信、Xi対応のU300・Fair・1GB定額を発表!

おお、ついに来ましたな。

日本通信、お客さまのモバイルライフにあわせて選べる3つSIM製品を新発売|日本通信株式会社

日本通信といえばイオンSIM、というくらい、月額980円100kbpsの看板が出来上がってしまった感があるが、イオンSIM以前からある「U300」「Fair」「1GB定額」も、ついにXi対応することになった。

ただし、既存ユーザはそのままではXi網を利用することはできず、新しいパッケージを購入しなければいけない。これは以前のSIMがXi対応ではないので仕方ないか。

これに伴い、日本通信の商品情報ページがまた新しくなっているので、詳細情報はそちらを参照して欲しい。

また、旧SIM(FOMA網のみ対応のもの)が、各ストアで値下げされている模様。3G通信だけでいいという人は、こちらを買っておくといいかも。

ここでも日本通信vsIIJか、MVNEが競争激化

少し前になるが、読売にDTI490円SIMの話題が出たのに続き、朝日にこのような記事が掲載された。

朝日新聞デジタル:格安高速無線サービス参入支援−日本通信vsIIJ、顧客争奪戦が激化

元々は日刊工業新聞という業界紙の記事だが、朝日新聞デジタルに掲載されたことで、より多くの人の目にとまっただろう。

さて、このタイトルの「日本通信vsIIJ」というところに目を奪われてしまうと
「ああ、両社ともイオンで店頭販売を始めたし、そのへんの話題か」
と思うかもしれない。が、実は全然違う話なのだ。

タイトルをよく見ると「格安高速無線サービス参入支援」とある。最後の「支援」がポイント。
これは、MVNOとしての両社ではなく、MVNEとしての両社の対決の話だ。

「MVNE」とは何かというと。
Networkキーワード - MVNE とは:ITpro
MVNOを支援する事業者がMVNEというわけである。

たとえばドコモMVNO事業を行いたいと考えたとき、事業者が用意しなければいけないものは
  • 通信速度や通信量を制御するためのシステム
  • 通信速度や通信量に応じた課金システム
  • ネットワーク設備(無線部分はドコモから借り受けるので、その先の設備)
などが挙げられる。
これらの設備やシステム等、およびMVNO参入のためのノウハウを提供し、参入しやすくするための事業者がMVNEだ。

日本通信とIIJは、自らがMVNOであり、またMVNEでもある。
上の記事で明らかになったが、BB.exciteモバイルLTEは、IIJがMVNEとなって実現したとのこと。
確かにSIM3枚提供というシステムは、そう簡単に真似できるものではないだろう。IIJがノウハウを提供したと考えるのが自然だ。

一方の日本通信は、一般消費者向けのMVNOではなく、法人向けのMVNO参入を支援しているようだ。
日立情報システムズ、クラウドサービスMVNOを開始へ、日本通信MVNEと|日本通信株式会社

寺岡精工グループのデジジャパン、MVNOに参入へ 日本通信、MVNEとして事業を支援

この記事の最後でも述べられているとおり、ドコモ本体の通信障害によってMVNOも通信ができなくなり、顧客に迷惑をかけるリスクが常につきまとう。
「ドコモから回線を借り受けている」というMVNOの仕組みを理解している人なら、まあ仕方ないと思えるかもしれない。が、そうでない人も多いのだろう。各社とも対応には苦慮しているようだ。

通信障害とはちょっと違うが、先日のiPhone5発表でMVNO各社にも「nanoSIMは出ないのか」という問い合わせが相次いでいるようだ。
これも、ドコモ本体がnanoSIMを出さなければどうしようもない。
少し考えればわかることだと思うのだが・・・。

2012年9月16日日曜日

今度はiTunesカード2枚目半額セール!

さらに iTunes Card
さらに iTunes Card / norio_nomura


先ほどのAmazonタイムセールに続き、またまたお買い得情報のお知らせ。

ヨドバシカメラ、”iTunes Card”の2枚目が半額になる割引キャンペーン実施中! iPhoneニュース meet i [ミートアイ]

ヨドバシカメラに続き、ビックカメラ、ソフマップでも「iTunesカード」2枚目が半額に! iPhoneニュース meet i [ミートアイ]

iPhoneを使っていなくても、iTunesで音楽ファイルを購入している人は多いだろう。ある程度まとまった金額を使う人なら、今回の2枚目半額はかなりお得だ。

ただ、ヨドバシドットコムで行われていた「10000円カード2枚で15000円」 はすでに完売しているので、3店舗とも店頭発売のみ、3000円と5000円のカードが対象ということだ。

Amazonで日本通信のSIMがタイムセール中!


OMG docomo microSIM card :D / kalleboo


現在Amazonで日本通信の各製品がタイムセールとなっている。

Amazon.co.jp: 日本通信 bモバイル4G Amazon.co.jp限定販売 高速定額(500MB/1ヶ月)マイクロSIMパッケージ BM-AMFRL-500MBM: 家電・カメラ

Amazon.co.jp: 日本通信 bモバイル4G Amazon.co.jp限定販売 高速定額(500MB/1ヶ月)標準SIMパッケージ BM-AMFRL-500MB: 家電・カメラ

Amazon.co.jp: 日本通信 bモバイル4G 高速定額2GBペアー・ギガバイトSIMパッケージ [標準SIM 1枚+マイクロSIM 1枚入り] BM-AMFRLP-2GBM: 家電・カメラ

Amazon.co.jp: 日本通信 bモバイル4G 高速定額2GBペアー・ギガバイトSIMパッケージ [マイクロSIM 2枚入り] BM-AMFRLP-2GBM2: 家電・カメラ

Amazon.co.jp: 日本通信 bモバイル4G 高速定額2GBペア-・ギガバイトSIMパッケージ [標準SIM 2枚入り] BM-AMFRLP-2GB: 家電・カメラ

Amazon.co.jp: 日本通信 bモバイル・4G USBコネクター BM-WM320: 家電・カメラ

Amazon.co.jp: 日本通信 bモバイル・4G 停電通信USB 500MBパッケージ(有効期間90日) BM-FL5L-500M: 家電・カメラ

SIMパッケージは、全て通常価格3150円のところ1980円となっている。
スマホ電話SIMもあったのだが、私が見た時はすでに品切れだった。

数と時間に限りがあるので、狙っている人はお早めに。

2012年9月15日土曜日

iPhone5登場でスマホアクセサリー業界に異変が!?

iPhone dock
iPhone dock / Håkan Dahlström


昨日はauとソフトバンクからiPhone5の価格や料金プランの発表があったが、どちらも契約する気が全く無いので関心がない。
それよりも、iPhone5の登場で激変するであろう「スマートフォンアクセサリー」全般の動向が気になって仕方ない。

中でも気になるのは、いわゆるイヤフォンジャックアクセサリーと呼ばれるもの。「キャンドゥの105円スマートフォンピアス」でも書いたとおり、最近は100円ショップで売っているほど一般化されてきたが、iPhone5ではイヤフォンジャックが本体下側になってしまったため、アクセサリーが付けづらくなってしまった。
大人気の「にゃんこ型イヤホンジャックカバー」について、日本通信公式アカウントの中の人も心配している。が、これは原案の人が以下のようにツイートしていて、すでに準備はできているようだ。


また、100円ショップで売っているiPhoneアクセサリーといえば、最近はDockコネクタ用USBケーブルやもDockコネクタ用ストラップパーツまであるのだ。

コスパ良すぎ!100均で見つけたiPhoneで”超”使えるおすすめアクセサリー2つ - アップス!!!-iPhoneの小技やiOS系ニュースを配信

しかし、そのDockコネクタもiPhone5から新しくなるので、これらのアクセサリも全て作り直しとなる。

Dockコネクタが「Lightning」コネクタに 変換アダプタは2800円 - ITmedia Mobile

・・・まあ、100円ショップは生命力が半端無いので、売れるモノはすぐに製品化されて店頭に並ぶことになるだろう。

【追記】
本文と関係ないが、日本通信公式アカウントさん、すでに何十回も「nanoSIMの提供は未定でございます」とつぶやいてる。 ドコモが提供を始めないとMVNOが提供できるわけないだろ!分かってやれよ!と心の中で叫んでしまった。。

2012年9月14日金曜日

新iPhoneより新iPod Touchが面白そう!

さて、昨日はイオンSIM高速化のニュースで吹っ飛んでしまったが、Apple新製品の情報もいちおう追いかけていた(このブログ的にはiPhoneよりイオンSIMの方が大ニュースw)。

朝起きて、自分のツイッターのタイムラインを遡ってみると、新iPhoneについては事前リークが多かったこともあり「予想通り」「ぱっとしない」という意見が多く、むしろiPod Touchの方が「目新しい」「面白そう」という意見が多かった。

http://www.apple.com/jp/ipod-touch/
アップル - iPod touch

なるほど、スペックを見てみると「これは電話機能がないiPhone」というのもうなずける。

ニュース - これは売れる!――iPhoneとの差が縮まった新型iPod touch:ITpro

今回の新iPod Touch、新iPhoneと同じ4インチのRetinaディスプレイやiOS6を搭載し、Siriも使える。そして88グラム。この薄さと軽さは、かなりガジェット好きの心をくすぐるのではないだろうか。
ストラップが取り付けられるようになったのも、ガラケー時代からストラップに慣れ親しんだ日本のモバイルユーザには嬉しい限り。

iPod TouchはWi-Fiが使えることから、モバイルルータとiOS用アプリを導入して「だいたいiPhone」に仕立てることができる。また電話機能がないとはいえ、マイク付きイヤフォンをとVoIPアプリを使えば通話できてしまうのだ。
(この記事のとおり、050PLUSは公式にiPod Touchに対応している)

お手持ちの「iPod touch」をド本気で「iPhone」化するための方法まとめ。:Blogで本を紹介しちゃいます。

SIMフリーのiPhone買うより、モバイルルータとiPod Touchのほうがお買い得かもしれない。
来月発表と予想されているiPad miniと悩むところだ。

2012年9月13日木曜日

イオンSIMが150kbpsに高速化!

世の中がiPhone5に沸き返る中、あえてこの日にニュースをぶつけてくるあたり、この会社らしいというか何というか。

「イオン専用SIM」がダブル進化。「150kbps + 高速切り替え」へ|日本通信株式会社

10月1日からイオンSIMのベース速度が、現在の100kbpsから150kbpsに高速化されることが発表となった。現在契約している人は手続きの必要はなく、そのまま使えるとのこと。

IIJmioの登場から、先月のDTI490円プランまで、様々なプランが登場して防戦一方のイオンSIMだったが、今回の高速化と「Turbo Charge」の開始で、ようやく他社と勝負できる内容になった形だ。

980円という価格に新鮮味はなくなったものの、格安SIM販売の先駆者として、このような進化を遂げてくれたことは喜ばしい。

【追記】

サービス名月額最高速度高速化クーポン高速ON/OFF
イオンSIM980円150kbps525円/100MBできる
IIJmio945円128kbps525円/100MBできない
DTI490円100kbps263円/100MBできる


テキトウに作った比較表。あとイオンSIMとIIJmioはLTE対応&microSIMあり。


2012年9月12日水曜日

JR東日本の無料Wi-Fiはただいま準備中!

少し前になるが、JR東日本が主要駅で公衆無線LANサービスを始めるという発表かあった。

JR東日本、山手線駅などで訪日外国人向け無料公衆無線LANサービス -INTERNET Watch

今日たまたま東京駅で乗り換えたので、試しにWi-Fiの設定を開いてみたところ、「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」というSSIDがあるではないか!
興味本位で接続してみた。

すると。

残念ながら、まだ準備中とのこと。

名目は外国人観光客向けということになっているが、普通に日本人も使えるはず。
大々的に宣伝してしまうと、日本人の利用者で回線がいっぱいになってしまい、本来の利用者である外国人観光客が使えなくなってしまうことを恐れて、このようなアナウンスになっているのだろう。

普段使いは出来ないが、緊急時の通信手段として覚えておいてもいいかも。

2012年9月11日火曜日

このブログの「ServersMan SIM 3G 100」関連記事まとめ

今日もDTIの490円SIM「ServersMan SIM 3G 100」がたくさん検索されてるなーと思い、調べてみたらこのような記事が出たらしい。

月額490円から! 激安SIMカードで「ケータイ2台持ち」を賢く使え - 週プレNEWS

先日の読売新聞に続いて、今度は週刊プレイボーイか・・・と、なかなか感慨深い。
というわけで、このブログの「ServersMan SIM 3G 100」関連記事をまとめてみた。
これから導入を考えている人の参考になれば幸いである。

「ServersMan SIM 3G 100」発表と、IP電話について


もちあるいてなんぼ。: 価格破壊の月490円!DTI「ServersMan SIM 3G」発表

まずはサービス発表時の記事。
この時はまだLINE等が使えるかどうかは分からなかった。

もちあるいてなんぼ。: これは驚き!DTI490円SIMは050PLUSが使える

そしてこの記事。DTIのオフィシャル発言として、050PLUSが使えることがアナウンスされた。

050PLUSとは:
NTTコミュニケーションズが提供するIP電話アプリ。050番号が付与され、ふつうの固定電話や携帯電話にもかけることができる。通話代が格安になると評判のアプリ。

「ServersMan SIM 3G 100」の通信規制について


もちあるいてなんぼ。: 「ServersMan SIM 3G 100」最大の注意点

この記事では、今後予想される通信制限について書いた。
月額料金を他社より安く設定する代わりに、通信量が多い人には他社より厳しい制限がかかる可能性がある、という話。
(ちなみにこの記事の中でLINEは使えないらしいと書いたが、その後使えるということが分かった。)

もちあるいてなんぼ。: DTIが速度切り替えサービス「3G Unlimited」開始!

また、このプランでは追加料金を払うことで高速化できるオプションを提供しているが、これも混雑時は利用人数を制限する、と発表されている。これについて書いたのが上の記事だ。

もちあるいてなんぼ。: 「ServersMan SIM 3G 100」実効速度が公開された

DTIはこのプランの実効速度をウェブサイトで公開している、という記事。

もちあるいてなんぼ。: 「ServersMan SIM 3G 100」がmicroSIMに対応!

「ServersMan SIM 3G 100」おすすめスマホ


もちあるいてなんぼ。: 5000円でおつりが来る!P-01Dはサブ機に最適

この記事を書いたときのように5000円以下では買えなくなってしまったが、P-01Dはいまでも格安。

もちあるいてなんぼ。: DTI490円SIMにおすすめ!ドコモ格安白ロム3つ

P-01Dを含めたおすすめ端末のまとめ。

もちあるいてなんぼ。: Yahoo!オークションで白ロムを入手する時に知っておきたいこと

ヤフオクで格安のスマホを入手するなら、まずはこのページを読んでからどうぞ。

「ServersMan SIM 3G 100」を使うなら、これは必読!


もちあるいてなんぼ。: DTIとかIIJmioとかb-mobileとか、そもそもMVNOって何?という話

DTIのように、ドコモの回線を借りて通信事業を行っている「MVNO」について書いてみた記事。

もちあるいてなんぼ。: MVNO最大の弱点「セルスタンバイ問題」ってそもそも何?という話

そして、MVNOのデータ通信SIMを使う上で一番の問題である「セルスタンバイ問題」とは何か?という記事。

SMSオプション発表!


もちあるいてなんぼ。: DTI「ServersMan SIM 3G 100」にSMSが使えるオプション発表!

月150円でSMSが使えるようになるオプションが発表された記事。

もちあるいてなんぼ。: 「ServersMan SIM 3G 100」をスマホ初心者にいまいちオススメできない理由

もう少し速度が出れば、初心者にもおすすめできるのに・・・という記事。

パブーとインプレスで有料書籍を買ってkoboに入れてみた

久々にkoboで読書の話題。

いままでもWeb上の記事をEPUBに変換したり、ツイッターや画像共有サイトをEPUBに変換したりしてkoboを活用する方法を書いてきたわけだが、やっぱりkoboは電子書籍リーダーなのだから「本」が読みたい。当たり前のことだ。

が、koboイーブックストアは売れ筋の本を頑張って集めているとはいえ、どうも自分が読みたい本がない。あと、kobo開始当初のシステムトラブルが記憶に新しいので、楽天にクレジットカードの番号を預けたくないという思いもあり、まだkoboイーブックストアで本を買ったことがない。
(楽天もAmazonやiTunesのようにプリペイドカードを販売したらいいのに、と思う)

・・・と思っていたところ、ブクログのパブーで読みたかった本が電子書籍で販売されたので、初めて買ってみた。


津田大介さんの本は前から一度読みたいと思っていたが、紙の書籍では987円のところ電子書籍では580円というお得感もあり、ついにポチってしまった。
パブーのEPUBは、この記事でも書いたとおり、変換などせずにそのままkoboに放り込んで読むことができるので便利。
まだ最初の10ページほどしか読んでいないが、とても快適に読書できる。

そして、もう一冊がこれ。

このブログを本格的に更新し始めてから半年、いろいろ思うところがあり、著名なブロガーさんはどうやって毎日更新を続けているのか、ブログ運営の心がけを知りたいと思って買ってみた。

この本、 impress Directで販売されているPDFを購入したのだが、心配だったのはファイルサイズ。約22MBもあるのだ。
koboではせいぜい2~3MBくらいしか読み込めないと聞いていたので、最悪PCで読むことになっても仕方ない・・・と思っていた。
が、意外とサクッと読み込んでくれた。
いま5分の1ほど読んだが、数ページに一度ページめくりに少々時間がかかることがある以外、まあ許容範囲。むしろこのサイズのPDFもなんとか読めるんだ、ということが分かってよかった。


ところで、この2冊を入れたので、初めてkoboを使って電車の中で読書してみた。もっと奇特な目で見られるかと思っていたが、そうでもない。iPadの方がよほど大きくて目立つかも。

2012年9月10日月曜日

Yahoo!オークション13周年大感謝祭のお得なキャンペーンいろいろ


最近「お得なキャンペーン」の記事ばかり書いているような気がするが、またしてもキャンペーン情報を入手してしまったので、これは書かざるを得ない。

http://topic.auctions.yahoo.co.jp/anniversary/p/bid/index.html
「誰でも入札」キャンペーン - Yahoo!オークション

Yahoo!オークション13周年ということで、現在いろいろなイベントが行われているが、今日から始まったキャンペーンがこれ。
ヤフオクは入札価格が5000円以上の商品は「プレミアム会員」でなければ入札できないが、来週火曜日の18日まで「プレミアム会員」でなくても5000円以上の商品に入札できるようになる、というもの。
スマートフォンの白ロムはたいてい5000円以上であるから、今までヤフオクを使ったことがない人にはいい機会かもしれない。

http://topic.auctions.yahoo.co.jp/sale_campaign/electronics/smartphone_collection/index.html
スマートフォン コレクション - Yahoo!オークション

まるで狙い澄ましたかのように、スマートフォン特集ページまで作られている。
さらに「今持っている端末を売って、新しい端末が欲しい」という人のためのキャンペーンまで用意してある。

http://topic.auctions.yahoo.co.jp/submit_free/
出品無料キャンペーン - Yahoo!オークション

今日と明日、出品手数料が無料になるキャンペーンだ。

また、これらとは関係ないが、13周年記念週替わりオークションの今週分が「家具・家電」となっているので、 何か面白い出品があるかもしれない。


2012年9月9日日曜日

Googleが推定するあなたの年齢や性別を、Androidから確認する方法

このネタってもう何回目だ?という気がするのだが、また記事が出ていたので、ご紹介。

あなたは当たってる? Googleが閲覧履歴から推定する「人物イメージ」 - ガジェット通信

Googleがウェブ履歴から年齢や性別をかなり正確に判定している、という話。
この記事ではPCのブラウザで確認しているが、Android端末からも簡単に確認することができる。

まずGooglePlayアプリを立ち上げて、メニューから設定を開く。

すると下のほうにGoogle AdMob広告の欄があるので、ここの詳細リンクをタップ。


するとブラウザが起動して、上のような画面になる。


下のほうへスクロールすると、Cookieについて説明があるので、この中の「広告表示設定」リンクをタップ。

そうすると、Googleの履歴からあなたがよくアクセスしているとされるカテゴリと、あなたの推定年齢や性別が表示される。

もしこのような追跡?をされたくない場合は、同じページの左カラムにある「オプトアウト」から設定することができる。