2013年1月31日木曜日

ソフトバンクも2012年度第3四半期の決算を発表

昨日のドコモに続き、本日はソフトバンクの第3四半期決算発表があった。

私は「ソフトバンクモバイル」の決算には興味はなく、「ウィルコムの親会社としてのソフトバンク」に関心がある訳だが、今回の発表では特にウィルコム関係で目を引くものはなかった。

あるとすれば、

ウィルコムやイー・モバイルの契約数を合算し、ソフトバンクグループとして、第3四半期で4000万契約を突破した。
via: ソフトバンク第3四半期決算、孫氏は繋がりやすさを紹介 - ケータイ Watch

というところぐらいか。

また、今回の発表で孫社長は「ソフトバンクの繋がりやすさ」を猛烈にアピールしている。
接続率が三大キャリアで一番高かったという。
その根拠としているのが、この調査。

データ接続率の調査には、子会社のヤフーが提供する「防災速報アプリ」を活用。このアプリでは、ユーザーの移動時の電波状況を常時チェックしているという。そこで、約3万ユーザー(ソフトバンク:8000人、NTTドコモ:1万5000人、KDDI:5000人)の月間3000万件規模のデータ通信ログ(個人情報除く)を解析した。その結果、データ接続率でもNTTドコモの96.9%、KDDIの95.9%を超える97.3%で首位になったという。
via: ソフトバンク、つながりやすさで念願の首位--孫社長「プラチナバンドの威力」 - CNET Japan

もちろん、事前にユーザの了承を得てデータを集めているとのことなので、無断収集ではないのだろうが、あの防災アプリ、そんな風に使われていたとは・・・。ちょっと驚き。

防災速報 ~地震,豪雨,津波を通知~
Yahoo Japan Corp.
価格:無料  平均評価:3.5(350)

2013年1月30日水曜日

ドコモが2012年度第3四半期の決算を発表


本日は、ドコモの今年度第3四半期の決算発表があった。

この10月から12月という期間は、auとソフトバンクがiPhone5を発売し、それに伴いドコモはMNP転出数が過去最高となり、いっぽう契約数は5年ぶりに純減となったことは記憶に新しい。

そんな第3四半期であるが、決算内容は「増収減益」となった。

ニュース - ドコモの3Q決算は増収減益、LTEは2013年度中に150Mbpsに高速化へ:ITpro

決算について大手メディアの記事がいくつか出ているので、その中から気になる点をピックアップしたい。

1.2013年度中に下り150Mbps実現へ


2013年度中にXi(LTE)の下り最大速度を150Mbpsに引き上げることを明らかにした。
via: ドコモのXi、さらなる高速化――2013年度中に下り最大150Mbpsに - ITmedia Mobile

まずは上のITproの記事のタイトルにもなっている、「2013年度中に150Mbps実現」。
やはり今回の発表内容では一番目を引く。
都内ではやっと75Mbpsのところが出始めたばかりなので、まだまだ遠い先の話だが・・・。
NTTドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」が東京23区内において下り最大75Mbpsエリア拡大中【レポート】 - S-MAX(エスマックス)

2.「dマーケット」拡大へ、ファッションサイト新設


2013年秋をメドにNTTドコモのdマーケット内にファッションサイトを新たに立ち上げる。
via: ニュース - ドコモの3Q決算は増収減益、LTEは2013年度中に150Mbpsに高速化へ:ITpro

すでにドコモはタワーレコードやらでぃっしゅぼーや等、本業の通信とは関係ない物販系の企業をいくつか傘下におさめているが、さらに今日、ファッション系の「マガシーク」をTOBすると発表した。

3.今後は機種数を絞り込みへ


夏モデルにはすでに取りかかっている。ここで少し機種数を減らすことになる。本格的にこの思想(機種数の絞り込み)が反映されるのは、その次の冬モデル。
via: ドコモ第3四半期決算、今後の機種数やXiの150Mbps化が明らかに - ケータイ Watch

これまではとにかく「豊富なラインナップ」を武器にしてきたドコモだが、売れ筋の機種に絞っていく方針が具体的に発表された。次の夏モデルから徐々に減らしていくとのこと。

自分に一番関係があるのは3.だろう。
機種が売れ筋に絞られると、これまでのような白ロム価格の値崩れが望めなくなる。
・・・いや、それが当たり前の姿なのだろうが。
root取って不要なアプリを消せば、かなり使えてしまうAndroid端末が、1万円以下で投げ売りされている方がおかしかったのだ。

2013年1月29日火曜日

週刊ダイヤモンド「誰が音楽を殺したか」に見る、電子書籍販売の今後

実は本日29日は、koboイーブックストアで初の「特選50作品半額セール」が行われている。

[クーポンコード:Readon]入力で半額 1/30 10時まで特選50作品 - Kobo

通常は平日限定(月曜日から木曜日のみ)で、1日数冊を半額にするセールを行っているが、50冊というのは初めて。
しかし、残念ながらこの中に買いたい本がなく、ついでに覗いてみたこのコーナーに、気になる本があった。

[期間限定ポイント、余っていませんか?]〜200円の本 - Kobo

誰が音楽を殺したか?
誰が音楽を殺したか?(ダイヤモンド社)[kindle][kobo]

CDが売れなくなったと言われて久しいが、苦しい音楽業界の現在についてのルポタージュである。
この電子書籍、もちろん中身も面白かったが、 このブログで書きたいのはこの本の配信形態についてだ。

実はこの本は、週刊ダイヤモンド2013年1月12日号の特集記事に、一部加筆修正して電子書籍化したものなのだ。

週刊誌の一特集なので、15分ほどで読めてしまう。そしてKindleでもkoboでも100円で売られている。
これは、週刊誌の新しい配信形態だな、と思った。
週刊ダイヤモンドを丸1冊買えば690円だが、読みたい特集だけ100円で売ってくれるなら、そちらのほうが自分は嬉しい。

しかし、これはこの本の内容ともかぶるものがある。
この本では、CD凋落の原因はレコード会社そのものにあると断じている。既得権を守るためにCDパッケージを売ることにこだわり、利益率が低いネット配信には力を入れてこなかった、と。

これはおそらく、書籍の流通にも同じことが言えるのではないだろうか。
既存の流通ルートを通して紙の書籍や雑誌を売る方が、出版社としても既得権を守ることができるはず。
それを壊して、利益率が高いとは思えない電子書籍での記事のバラ売りに、積極的になってくれるだろうか。

継続して利益があげられなければ、結局続かない。
書き手、読み手、出版社、電子書籍ストア、みなそれぞれに利益を得ることが出来る販売モデルができあがるといいのだが。


iOS6.1へのアップデートでXi(ドコモLTE)は使えるか?

Iphone 5 SIM
Iphone 5 SIM / Kai Hendry


昨日28日よりiOS6.1へのアップデートが始まった。

Apple、iOS 6.1をリリース Apple TVはBluetoothキーボードに対応 - ITmedia ニュース

Apple、「iOS 6.1」のリリースで深刻な脆弱性を多数修正 - ITmedia エンタープライズ

というように、いくつかの修正が加えられたようだが、iOS6といえば先日『「ドコモLTEでiPhone5」の夢は叶う・・・のか?iOS6.0.1でXiが使える?』でもお知らせした「ドコモのLTEを掴む」かどうかが心配されるところ。

で、IIJmioの中の人がさっそく検証してくれている。


・・・というわけで、現時点ではIIJmioのSIMとiOS6.1にしたiPhone5では、LTEを掴まないようだ。
同じような報告がドコモ純正SIMでも。

SIMロックフリーiPhone5(GSMモデルA1429)をiOS6.1に上げるとドコモLTE(Xi)に接続できない? | 代助のブログ

ただし、これはiPhone5の話で、iPad miniではドコモのLTEを掴んだという報告が複数挙がっている。



今のところ、こちらのブログの結論のように、SIMフリーiPhone5でドコモSIMを使っている人は、アップデートは控えたほうがよさそうだ。

SIMフリーのiPhone 5をXiで使い続けたい場合、今の所アップデートは保留するのが得策のようです。
via: SIMフリーのiOS 6.1ではiPhone 5がdocomo LTE Xi接続不可に、iPad/iPad miniは接続可能でトグル項目も出現


【追記】 IIJmioの中の人も、iPad miniでは成功したようだ。

また、中の人のブログ「てくろぐ」でも、検証結果が公開された。
てくろぐ » 【速報】iOS 6.1 IIJmio高速モバイル/D対応状況・全機種実験

2013年1月28日月曜日

「Android総合情報サイト」にも、統合の波が・・・

google android amigurumi
google android amigurumi / jumpyjodes


一昨年11月に初めてAndroidを手にしてからというもの、とにかく便利にサクサク使いたいという一心で、いろいろなアプリを入れて試してきたが、その際に参考になったのが「Android総合情報サイト」。
とにかくアプリ名で検索すると、必ずといっていいほどこれら情報サイトでのアプリレビュー記事が出てくる。それらの記事のおかげで最初はずいぶん助かった。

ある程度「自分なりの使い方」「自分の定番アプリ」が決まってきてからは、それらの情報サイトを見ることも無くなってきたが、今でもRSS登録してチェックしているサイトもいくつかある。

そんな「Android総合情報サイト」の中でも大手で定番のひとつ、OCNが運営する「appliko」が、1月末を持って「gooスマホ部」と統合され、リニューアルするという。

リニューアルのお知らせ | appliko(アプリコ)

ガラケーからスマートフォンへの買い換えが一巡し、雨後のタケノコのように乱立してきた総合情報サイトも、徐々に統合に向かっていくのかもしれない。

せっかくなので、この機会にいくつかAndroid総合情報サイトをご紹介。


アンドロイド用アプリが見つかる!スマホ情報ならオクトバ(OCTOBA)


andronavi | アンドロイドに楽しさをもっと。スマホアプリが見つかる!

数あるAndroid総合情報サイトの中でも、この2つが老舗かつ大定番かと。
性別年代問わず、どんな人にもおすすめできる。
Android初心者はまずここを見るべし!


アンドロイドアプリ情報サイト[アンドロイダー]


Android(アンドロイド)アプリ・スマートフォン情報サイト|アンドロック

上の大定番2つに比べると、やや若者向け?というところ。
情報量は上の2つにひけを取らない。


Android(アンドロイド)の超便利な活用法が満載! あんどろいどスマート[AndroidSmart]


【EXドロイド(エックスドロイド)】 | アンドロイドアプリと面白ニュース配信毎日更新中

あんスマは、先日の白ロム特集記事でも紹介したとおり、ちょっとマニアックな特集が特徴。
エックスドロイドは「バカと暇人のためのアンドロイドアプリ情報発信基地」というキャッチコピーのとおり、ネタっぽい記事も多い。

2013年1月27日日曜日

Nexus7を買ったら知っておきたい「基本操作5つ」まとめ

Android2.3のスマートフォンを使ってきて、Android4.2のNexus7を使い始めて、最初に戸惑ったのが「基本操作の違い」だ。
Android2.xからAndroid4.xになって変わったところはいくつかあるのだが、ネットを検索してみると、意外にもその違いを書いた記事はあまり見あたらない。
そこで私が気になったポイントを5つまとめてみた。

1.新しい「タスク一覧ボタン」の使い方


Nexus7を使い始めて真っ先に思ったのが「本体下のボタンが違う」ということ。
今までは左から「メニュー」「ホーム」「戻る」だったのが、アイコンの形も変わり、特に一番右がよく分からない形になっている。
実際に押してみると分かるが、これは「タスク一覧」ボタンで、最近使ったアプリが並んでいる。
しかもタスクをさっと右か左にスワイプすると、タスクが消える、つまりタスクキルされる。
今までにない、新鮮な体験だった。

2.メニューボタンはどこへ?


それでは、今まであった「メニュー」ボタンは、どこに行ってしまったのか。
答えは、それぞれのアプリ画面の右上。四角が縦に3つ並んだボタンになる。
しかし、画面によってはここがメニューでない場合もあり、まだ戸惑うことも多い。

3.ホームボタン長押しの使い方



もうひとつ、今まで「ホームボタン長押し」でタスク一覧を出していたが、これが独立したボタンとなったため、新しい「ホームボタン長押し」は何が割り当てられたのか気になった。
実際にやってみると、ボタン上部に丸いGoogleマークが表示され、さらにそれをタップすると「Google検索」が立ち上がる。
つまり検索ボタンの代わり、といったところだ。

ただし、私の場合Nexus7の初期設定で「Google Now」を使わないようにしていたため、このような動きになっている。 「Google Now」を使う設定にしている人は、ホームボタン長押しで 「Google Now」が立ち上がるようだ。

4.文字列のコピー&ペースト


文字列をコピーしたい時、これまでは対象の文字列を長押しして選択し、もう一度タップするとコピーができたが、今度は文字列選択の後に画面上部にコピー等のメニューがまとめて表示されるようになった。
選択文字列をそのまま検索できるようになって便利だが、指を一度離して画面上のほうに持っていく必要があるので、そこは不便かも。

5.ホーム画面へのウィジェット追加


今までは、ホーム画面の余白を長押しするとウィジェット追加ができたが、Nexus7では壁紙変更しかできない。
ウィジェットはどこで追加するのか?というと、ドロワー(アプリ一覧)画面上部の「アプリ」の隣に ある「ウィジェット」をタップすると、追加メニューが表示される。
これはずいぶん迷ってしまった。

Nexus7だけでなく、Android4のスマートフォンを使い始めて困っている人にも参考になると思う。

2013年1月26日土曜日

あんスマ「翔べ!白ロム」特集記事がイイ!


DOCOMO smartphone lounge_013 / TAKA@P.P.R.S


Androidスマートフォンの情報サイト「あんどろいどスマート」で、白ロム活用特集が組まれている。

【特集まとめ】よみがえる よみがえる~♪ 翔べ!白ロム | あんどろいどスマート

これまでも大手メディアのサイトでドコモMVNOの特集が組まれたことはあったが(「ASCII.jp:【情報更新】月1000円以下の激安データ通信SIMの疑問解決」とか)、MVNOのプランそのものではなく、白ロムの運用についての記事は非常に新鮮。

このブログでも「遅すぎるイオンSIMをそこそこ快適に使う」シリーズの記事で、いかに快適に低速SIMを使うかについて書いているが、とても参考になった。

これから白ロムを買って使い始める人も、すでに使っている人も、ぜひ一読をおすすめする。

Y!ショッピング爆買いの日でスマホ用AC充電器とiPhone5ケーブルが安い!

明日27日はYahoo!ショッピング爆買いの日、ということで案内メールが来た。
ちょっと商品検索をしてみて、気になったものをご紹介。


ACアダプタとケーブルが一体になったタイプの充電器。
パッケージの汚れ等の理由でわけあり特価となっている。380円はかなりお買い得。


こちらはiPhone5からDockコネクタにかわり採用されたLightningケーブル。純正は高いのでサードパーティでもいい、という人向け。

どちらもメール便送料無料なのがうれしい。

2013年1月25日金曜日

kobo Touchの「SDカードフリーズ問題」解消パッチが公開された!

Kobo eReader Touch Edition_021
Kobo eReader Touch Edition_021 / TAKA@P.P.R.S


先日の『ファームアップしたらkobo Touchが激変してて驚いた』で書いたとおり、先月koboのファームウェアを2.3.2へアップデートしたらいろいろサクサクになって嬉しかったわけだが、このバージョンはひとつ大きな問題を抱えていた。
それは、「SDカードを使うとかなりの確率でフリーズする」ということだ。

このことを聞いてからSDカードは使わないようにしていた。
ところが、某掲示板の有志の方々がこの問題を解消するパッチを作って公開してくれた!

(場所が場所なので、直接リンクは控える。「kobo 43冊目」あたりで検索してみてほしい。
また、このパッチは公式のものではないので、適用する場合は自己責任でお願いします。)

このパッチを適用する前に、試しに自分のkobo TouchにSDカードを入れてみた。
SDカードの中身はJPGファイル数個のみ。
カードを挿して即フリーズしたorz

とりあえず本体裏面のリセットホールを先の細いものでつつくと再起動が始まるので、その間にSDカードを抜く。
無事ホーム画面が表示されたところで、パッチを適用してみた。

やり方は簡単。
PCにkoboをUSB接続して、本体の「.kobo」ディレクトリ下に、解凍したパッチファイルの中にある「KoboRoot.tgz」をコピーするだけ。
あとはPCとの接続を解除すると本体の更新が始まり、ホーム画面が表示されれば終了。

先ほどのSDカードを挿してみたが、フリーズすることなく読み込みが終わり、中のJPGファイルも見ることができた。

先日のテザリングの件といい、有志の方々に本当に感謝である。


2013年1月24日木曜日

ドコモ「dtab」の販売条件がいろいろ残念な件


一昨日ドコモ2013春モデルの記事でお知らせした「dtab」についてツイート検索してみると、買うという人と買わないという人で意見が真っ二つである。
そんな中、こんなつぶやきを見つけた。

前半部分、全く同意。
私も、今回のキャンペーン価格での販売条件が「ドコモ回線+spモード契約+dビデオ6ヶ月契約」 となっているのは残念だと思った一人である。なぜiモード契約の人を置き去りにするのだろうか。

いや、ドコモの考えは分かる。
Wi-Fi専用のdtabで、dビデオなどのリッチコンテンツを使ってもらえば、3G/LTE回線のオフロードになる。そういう意味ではspモード契約者(=スマートフォン利用者)にこそ、dtabを使って貰いたいのだろう。

しかし、いまiモード契約を契約している人(=ガラケー利用者)は、何らかの理由でドコモのスマートフォンを使わない人だろう。たとえば2台持ちでドコモのガラケーとiPhoneを持っている人とか、携帯電話は通話とメールだけ使えればいいという人とか。

そういう人でも、回線契約が必要なくて1万円以下のタブレットということであれば、興味を持つ人もいるだろうし、実際にdマーケットのコンテンツを購入してくれるかもしれない。

ハードウェアを低価格で供給してプラットフォームを広げ、コンテンツから収益をあげるAmazon「Kindle」のビジネスモデルと「狙いは同じ」と加藤社長は明かす。

via: 「Kindle Fireよりお求めやすい」 ドコモ、1万円切るタブレット「dtab」で「家庭にdマーケットを」 - ITmedia ニュース

・・・ということであるならば、iモード契約の人も含めて、ドコモユーザにどんどんdtabを使って貰った方がいいのに、と思ってしまう。

FUSION IP-Phone SMARTが国際電話サービス開始、国内通話と同額


Day 021: Phone Phone Phone Phone / Binder Of Daemons


フュージョンのスマートフォン用IP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」が、昨日23日から国際電話サービスを開始した。

スマホの通話料を”トコトン”安くする「FUSION IP-Phone SMART」β「国際電話サービス」を提供開始

私は国際電話をほとんど使ったことがないため、「30秒8円」という通話料が高いのか安いのかよく分からないが、少なくとも「国内通話(30秒8.4円)とほぼ同じ」というのは分かりやすくてよさそうだ。

ちなみに、ライバルの050PLUSの通話料はというと。

おトクな通話料 | スマートフォンから通話料無料・格安で話せるIP電話アプリ「050 plus」

このページによると、「アメリカ 1分9円、中国 1分29円」とのこと 。
国によってこんなに違うのか・・・。

いくつかのメディアでも取り上げられている。

国内通話と同額で国際電話 楽天子会社がスマホ割安サービス - SankeiBiz(サンケイビズ)

スマホからの国際電話が一律30秒8円、楽天子会社のフュージョンが提供 | 通信サービス - 財経新聞

また、このブログでの「FUSION IP-Phone SMART」関係の記事は、こちら。

 もちあるいてなんぼ。: hi-ho 128kで「FUSION IP-Phone SMART」を使ってみた

もちあるいてなんぼ。: FUSION IP-Phone SMARTが「留守電」「着信転送」サービスを無料で提供

2013年1月23日水曜日

スマホ電話SIMのデータ通信料金が改定、月額最低料金が2980円から2270円に


日本通信の音声通話付きプラン「スマホ電話SIM」のデータ通信オプション料金が改定され、これまで音声通話とセットで2980円となっていた月額最低料金が、2270円に引き下げられた。

日本通信、スマホ電話SIMにおけるデータ通信オプション改定のお知らせ 音声プランと合わせて月額2,270円からご提供|日本通信株式会社

スマホ電話SIMは、音声プランS/M/Lと、データ通信オプションU200/2GB定額を組み合わせて使うことができたが、このうちデータ通信オプションが、月額定額シリーズと同様の「980/1980/2980」の3種類から選べるようになった。

このため、音声とデータ通信でそれぞれ一番安い組み合わせが、音声プランS(1290円)+月額定額980(980円)=2270円ということになり、従来の2980円より700円ほど安く維持できるようになった。

同じく音声通話付きプランを用意しているイオンSIMと、データ通信部分は同じ料金体系になったわけだが、音声通話部分の料金は微妙に異なっている。
最近の日本通信は、種類が多すぎて複雑だった料金プランを一本化しようとしているように見えるので、音声通話もいずれ同じ料金になるのではないだろうか。

2013年1月22日火曜日

「ドコモスマートフォンラウンジ」で2013春モデルを見てきた!

本日、ドコモ2013春モデル発表と同時に、ドコモスマートフォンラウンジにて春モデルの実機展示が始まった。

docomo smartphone lounge | NTTドコモ

「ドコモスマートフォンラウンジ」は全国に6ヶ所あり、東京は有楽町ビックカメラの道を挟んで向かい側、新有楽町ビル1階にある(「ドコモショップ丸の内店に併設)。
が、ビックカメラ側から見ると反対側に店舗があるため、分かりにくいかもしれない。


実は昨日まで改装のため閉店していて、今日から春モデル発表と同時に再開された。
そのためか、私が訪れた夕方には、平日にしてはかなり混雑していた。

2013春モデルは、全ての機種が展示されていたわけではないが、フラッグシップモデルであるXperia Z/Xperia Tablet Zはかなりのスペースを割いて展示されており、当然そこは山のような人だかりであった。

こちらはXperia Tablet Z。すでにたくさんの人に触られて、指紋だらけである。
従来のXperia Tabletに比べて薄くなっており、高いデザイン性が特徴。


もうひとつのフラッグシップモデル、Xperia Z
第一印象は「でかい!」。
5インチディズプレイになると、さすがに片手では操作しづらい。

Galaxy noteOptimus Vuのようなコンセプトモデルも好きだが、あれはペン入力があるからこそ大画面が生きるのであって、ふつうのスマートフォンがこれ以上大きくなると使いづらくなる一方だな、と感じた。


こちらは、先日一足先に発表されたスマートフォンforジュニア。
これは4インチ画面で、やはりこのくらいの大きさがしっくり来る。
dメニューを立ち上げたところ、この機種専用のコンテンツが表示されて驚いた。

ドコモスマートフォンラウンジ東京・梅田・福岡では、明日から27日(日)まで「2013年春モデル ドコモスマートフォンラウンジ特別展示会~Xperia(TM) WEEK~」と題してXperia関連の展示に力を入れるようなので、近くの人は立ち寄ってみてはどうだろう。

【速報】ドコモ2013春モデル発表!



本日11時30分より、ドコモ2013春モデル発表会が行われた。
まずは新機種が披露されたようだ。

NTTドコモが春スマホ8機種を発表(石川 温) - 個人 - Yahoo!ニュース

今回も事前に新端末の情報がだいぶ出ていたため、あまり新鮮味はないが、注目したいのはファーウェイ製のタブレット「dtab」だ。
ドコモ端末でありながら、3G/LTE通信機能がなく、Wi-Fi専用モデルであるという。
どうやら、AmazonでいうところのKindle Fireのように、dマーケット等ドコモのコンテンツを購入しやすくするための端末、という位置づけのようだ。
10インチタブレットながら1万円を切る価格ということで(参考リンク:dtab 一括 9,975円! on Twitpic)、ドコモユーザにどのくらい普及するのか楽しみだ。

【追記】
<NTTドコモ>Wi−Fi接続のみタブレット発表 キャンペーンで価格1万円切る(毎日新聞) - Y!ニュース
dtabを9975円で買うためには、spモード契約とdビデオ6か月利用、が必要とのこと。

「ドコモスマートフォンラウンジ」で2013春モデルを見てきた!』もどうぞ。

2013年1月21日月曜日

PCからNexus7に一発転送!オフラインでも読める「Chrome to Mobile」がイイ感じ

Chrome
Chrome / nipun_kul


本日は、Nexus7をちょっと便利に使う小ワザ。
といっても、これはNexus7に限らず、Android4以降ならどれでも可能だったりする。

PCのブラウザで開いているサイトをスマートフォンのブラウザに転送するというのは、これまでも「LinkPush」や「Chrome to Phone」などがあったが、今回紹介する「Chrome to Mobile」はスマホにインストールするアプリではなく、PCのChromeの機能拡張である。

Chromeストア - Chrome to Mobile

これをPCのChromeに入れておくと、アドレスバー横のボタン一発で開いているサイトをNexus7側に飛ばせるわけだが、これの凄いところは「オフラインで読めるようにページ丸ごとコピーを送ってくれる」ところ。
この「オフライン表示用のコピーも送信する」にチェックをいれて送信すると、Nexus7のChromeではこのように表示される。
「オフライン用コピーを表示」ボタンを押してみると、下のように表示された。
少しレイアウトが崩れたり、見え方が変わっているところがあるのだが、読むのには全く問題なし。

InstapaperやPocketのような「後で読む」アプリを使わなくても、PCから送ったページをオフラインリーディングできてしまうので、「ちょっと後でタブレットでも見ておきたい」という時に便利。
惜しむらくは、スマートフォンからタブレットとか、Android間での転送はできないことだ。


2013年1月20日日曜日

目に優しいのはPCメガネだけじゃない!アンチグレアフィルムの実力

相変わらず、PCで作業をするときはJINS PCを使うようにしているが、そのJINS PCのパッケージ版に新しいラインナップが加わった。

ブルーライトカットメガネ「JINS PC」のパッケージモデルに新ラインナップ登場 | ガジェット速報

先月の記事でも書いたとおり、定番だったスクエアフレームにオーバルが加わったばかりだが、これにプラスしてメタルフレームやウェリントンもラインナップされた。
JINS PCの度無しパッケージは、「メガネに慣れていない人も簡単に買える」ことが売りだと思っていたが、ラインナップが豊富になりすぎて、メガネ慣れしていない人はかえって選びにくくなってしまったように思う。

で、今日はもうひとつの愛眼アイテム、液晶保護フィルムについて。


今月に入ってから、スマートフォンとタブレット、両方の液晶フィルムを上記のアンチグレアタイプのものにしたわけだが、これが思った以上に目に優しい。
JINS PCは「目に優しい」機能を期待して買ったので、それが出来て当たり前なのだが、液晶フィルムにはそのような機能は期待してなく、たまたま使ってみたら「目への負担が軽くなった気がする」となったので、ちょっと驚いている。

そもそも「アンチグレア」とはどのようなものなのか?
これについては、液晶フィルムメーカーの中の人が的確に解説している。

アンチグレアフィルムとは「つや消し」や「反射防止」とも呼ばれ、元々は太陽光や蛍光灯などの光源からの反射を防ぎディスプレイを見やすくするという機能を提供するフィルムですが、昨今はタッチパネルデバイスの普及により反射防止機構の副産物として発生する指の滑りが良くなる「サラサラ感(スムースタッチ)」と指紋があまり目立たないことから人気となっています。

via: クォリティ基準に満たないアンチグレアフィルムの販売終了について | トリニティ株式会社

これに加えて、最近は外側からの光だけでなく内側からの光、つまり画面のチラつきを抑える加工がしてあるフィルムも多い。今回買った上の2つもこの加工がしてあり、これが「目に優しい」効果を生んでいるようだ。

指の滑りがサラサラ、指紋が付きにくい、そして目に優しいとなると万能フィルムのようだが、アンチグレアタイプの最大の弱点は「画面の鮮やかさが損なわれる」ことで、私の画面も例外ではない。やはりちょっとスモーキーな感じになる。

が、もともとL-07Cなどは「画面が明るく鮮やか」なことを売りにしている端末だし、Nexus7も同価格帯のタブレットよりだいぶいい液晶を使っていると聞く。
少し鮮やかさが落ちても、少なくとも私にはあまり問題はない。

・・・というわけで、PCメガネを買うほどではないという人に、アンチグレアでちらつき防止加工の液晶フィルム、ぜひおすすめである。

2012年12月のアクセスBEST3

先月まで毎月、前月1ヶ月間のアクセス数と検索ワードをランキングにして記事にしていたが、今年からちょっと形式を変えてみようかと。
(単に集計が面倒くさくなっただけとも言う)

「このブログの全ての記事を対象にしたアクセス数ランキング」だと、昔からの人気記事がずっとランクインして代わり映えしない。
なので、「先月1ヶ月間に書いた記事のアクセス数ランキング」に変更してみる。
ただし、集計期間を先月1日から月末までにすると、月の終わりのほうに書いた記事がどうしても不利になるので、1日から翌月15日までを集計期間としてみた。

12月に書いた記事のアクセスBEST3



それでも「ドコモはiPhoneを出すべきでない」と私は思う


イオンSIMに新サービス「月額定額1980」登場!


「ServersMan SIM 3G 100」をスマホ初心者にいまいちオススメできない理由

先月は「ドコモがiPhone発売」という日経新聞の飛ばし記事をきっかけに書いた「ドコモはiPhoneを出すべきでない」記事が最もアクセスを集めた。 次に、イオンSIMの新プランと、ServersManSIMのSMSオプション導入関連の記事が続いた。

1年前はこんな記事を書いていた


1年ブログを書き続けることができたら、やってみようと思っていたのがこれ。
昨年の同月にどんな記事を書いていたのかの振り返り。

しかし、一昨年12月は1本も記事が無いので、11月の記事から。

もちあるいてなんぼ。: Yahoo!無線LANスポット

初めてのスマートフォンL-04CとイオンSIMを手に入れた直後の記事。
試しに「Yahoo!無線LANスポット」を契約したので、その接続手順などをまとめている。

2013年1月19日土曜日

Nexus7で使えるOTGケーブル他、バッファローのモバイルグッズが2点で10%OFFに

先日『Nexus7に入れておきたいユーティリティアプリ3つ』で紹介した、MicroUSBオス-USBメスのOTGケーブルを買おうと思ってAmazonにアクセスすると、ちょうどこんなキャンペーンをやっていた。

Amazon.co.jp:iBUFFALO スマートフォン充電グッズを2点以上買うと10%OFF

充電グッズとあるが、モバイルバッテリーだけではなく、ケーブルや変換アダプタも対象になっている。

このOTGケーブル、ケーブル部分が短いので邪魔にならず良い感じ。

また、11月に『Amazonでバッファローのモバイルバッテリーが20%OFFセール中』の記事を書いたときは品切れで紹介できなかったシガーソケットアダプタも、今回は在庫ありになっている。
安い割に評価がいいので、クルマの中にひとつ常備しておくのにいいかと。

キャンペーンは28日までとなっている。

2013年1月18日金曜日

Nexus7でkoboとKindleを使ってわかった「専用リーダー端末の良さ」


Kindle v Kobo / Antony Bennison


Nexus7を買ったらやろうと思っていたことはいろいろあるが、そのひとつが「Kindleを試す」こと。
Kindle Paperwhiteを買わなかったので、タブレットを買ったら入れてみようと思っていた。
そうしているうちに、koboのAndroidアプリもリリースされ、これは両方使ってみなければ、ということになった。

楽天kobo
Kobo Inc.
価格:無料  平均評価:4.2(28,667)


Kindle
Amazon Mobile LLC
価格:無料  平均評価:4.2(131,120)


この2つのアプリ、どちらもよく出来ている。
いずれ「GooglePlayブックス」アプリも含めて、使い比べの記事も書きたいと思うが、今日の主題はそれではない。

これら電子書籍リーダーアプリがリリースされてからというもの、
「専用リーダー端末いらないじゃん」
という声を聞くようになってきた。
タブレットにアプリを入れて使えば十分だと。

私自身、確かにそのように思っていたこともあった。
が、実際にNexus7で電子書籍を読んでみて、逆に「専用リーダー端末のほうが良い」と感じたこともあったので、その理由を書いておく。

それは「専用リーダー端末のほうが、タブレットより軽い」ということだ。

例えば、電車の中で片手で端末を持ち、片手で吊革につかまっているとして。
Nexus7でも、ただ持っているだけなら、片手でいい。しかし電子書籍はタップかスワイプでページめくりをしないといけない。その瞬間親指がちょっと浮く訳で、そうすると揺れる車内で片手で支えるのは、やや心許ない。
koboの場合、同じようにタップかスワイプでページめくりをするが、その一瞬なら親指無しで支えるのも平気なくらいの軽さである。

また、夜布団の中であお向けになって電子書籍を読むとして。
Nexus7は、長時間あお向けで持っていると、だんだん重くなって手が辛くなる。なのでそのうち体が横向きになってしまう。
koboなら、ふつうの本と変わらないくらいの軽さなので、そういうことはない。

このように、実際に読書してみると、意外と「端末の重さ」は重要な要素なのだということが分かった。

(たまに電車の中でiPadを使っている人を見かけるが、いや本当に重くて大変だろうなぁと思う・・・。)

【追記】
Koboもkindleも「音量ボタンでページめくりが可能」というのを教えてもらった。実際にやってみたが、左手でNexus7をホールドして、人差し指を音量ボタン下の上に置くと、快適にページめくりできる。
こちらの記事の写真参照。
Nexus7の左手持ち最強!Kindleストアの電子書籍もすいすい読める!@ukesugiの一人相撲

Nexus7をはじめから使っていれば「この重さでもいいかな」と思ったのかもしれないが、kobo Touchをはじめに使ってしまったので、やはり本体が軽いほうが読みやすく感じる。

L-07CからNexus7へテザリングできるようになった!

先日『L-07CからNexus7へテザリングできず苦悩中』の記事を書いた後、ありがたいことに何人かの方からご助言いただいた。

まず、「chimtty.net」のちむてぃさんから。

@motiaruki docomo純正ROMではテザリングを有効にするとAPNが専用の物に変わるのでMVNOは使えないですね。Systemを書き換えるか、CyanogenModなどのカスタムROMを焼くといいのではないでしょうか?
— ちむてぃさん (@chimtty) 1月 14, 2013


そう、前回の記事のとき、大切な前提条件をきちんと書いていなかった。
ドコモのスマートフォンには、一部の機種を除いて標準でテザリング機能が搭載されている。
しかし、この機能をそのまま使用すると、APNが自動的に「spモード専用」のものに切り替わってしまうため、ドコモMVNOのSIMではテザリングできない。

ドコモ端末でのテザリングについては、「chimtty.net」の記事に詳しく書かれている。

FOMA/Xiサービスを利用したテザリングとISPについて : chimtty.net

このため、システムに書き込まれている「テザリング時のAPN」を、何とか書き換える必要がある。
そこでちむてぃさんが教えてくれたのが、この記事。

IIJmio高速モバイルとXperia ray(SO-03C)でテザリングする 詳細編 Firefoxは情弱のたしなみ

「SO-03C」とあるが、おそらくドコモの他のAndroid端末でも、この記事のやり方でいけるのではないかと(Android4.0とか、バージョンが違うとわからないが)。

とはいえ、この手の書き換えは文鎮化の危険もあり、時間がとれる時でないとなかなか出来ないな・・・と思っていたところ。
某掲示板に、hi-ho用のFramework-res.apkがアップしてあるとお知らせをいただいた。

前回の記事でも紹介した「Framework-res.apkの入れ替え」は、L-07C専用のやり方だ。
多分このFramework-res.apkの中にテザリング時のAPNがべた書きしてあり、これを各MVNO用に書き換えたものを、有志の方が公開してくれている。
まさかhi-ho用を作っていただけるとは思ってもみなかったので、まさに感謝感激である。

これの入れ替え方は、セルスタンバイ対策の時と全く一緒で、Framework.odexがFramework-res.apkになっただけ。コピーするディレクトリも同じだ。
早速やってみたのだが、コピーしてリネームの際に「com.android.*****が強制停止しました」というメッセージが出て冷や汗をかいた。
しかし、入れ替え後は無事再起動した。
(何故か壁紙が初期化されて、懐かしいヒマワリの壁紙になっていたが・・・。)



あとは、設定→無線とネットワーク→ポータブルアクセスポイントの設定で、テザリング時のSSIDとパスワードを設定し、ポータブルWi-FiアクセスをONにする。



おお、今まで見たことがない青いWi-Fiマークが!

Nexus7のWi-Fi設定を見てみると、先程設定したSSIDがちゃんと見えていたので、これを選択してパスワードを入れて接続。

繋 が っ た ! !

協力して下さった皆さん、ありがとうございます。感謝してもしきれない。

Nexus7へテザリングした状態でDTIのスピードテストをやってみた。



L-07Cで計測するのとぼぼ変わらない数値で、スマートフォンサイトを見るならこれで充分実用的。