2013年9月30日月曜日

@niffy do LTE、ライトとエントリーの2プランを開始!

これまで「定額にねんプラン」のみを提供してきたニフティが、新たにライトにねんプランとエントリーにねんプランの提供を開始した。
同時に、定額にねんプランはスタンダードにねんプランに改称となる。

新料金プランの受付開始について | LTEなら@nifty

それぞれのプランの概要は以下の通り。
  • ライトにねんプラン
    高速通信量は月1GB、超過後は300kbps、月額2236.5円

  • エントリーにねんプラン
    高速通信量は月200MB、超過後は300kbps、月額1207.5円

  • (参考)スタンダードにねんプラン
    高速通信量は月5GB、超過後は300kbps、月額3937.5円
プラン名称に「にねん」とある通り、3プランともに2年契約となる。

先日のIIJmioやOCNの料金値下げの後では、正直あまり乗り気のしない新プランではあるが、すでにニフティの接続会員なら、上記月額から262.5円引きとなり、例えばエントリーなら月額945円となる。
これなら検討の余地ありかも。

また、スタンダードにねんプランを契約すると9カ月後に6500円キャッシュバックとなるキャンペーンも行われている。
キャンペーン/割り引き | LTEなら@nifty

【関連記事】
もちあるいてなんぼ。: @nifty do LTEで「データ通信量追加オプション」提供開始

2013年9月29日日曜日

イオンの「ドコモMVNOコーナー」が面白い!


先日19日より、イオン店頭で「スマホ電話SIM for LTE」の取り扱いが始まったので、さっそく見に行ってみた。
上の写真のとおり、チラシも一新されて、「電話とネットが使えて2060円から!!」というところが大きく強調されるようになった。

もちあるいてなんぼ。: 日本通信、通話のみ月額1080円~の「スマホ電話SIM for LTE」をイオンで発売!

そして、b-mobile・IIJmio・BIGLOBEと三社が並んだ「ドコモMVNO」コーナーを見て、 非常に面白いな、と思った点がひとつ。
今年6月にBIGLOBEが店頭に並んだときは、下の記事でも書いたとおり、三社とも「900円台のデータ通信」というところが被っていて、独自性が打ち出しづらいと感じていた。

ただ、どこも「月額980円」「月額945円」と、似たような価格を打ち出していて、差別化が難しいな、とも感じた。
via: もちあるいてなんぼ。: BIGLOBE LTE・3G「ライトSSプラン」イオンで販売中!

が、今見てみると、見事に
  • 通話のb-mobile
  • データ通信のIIJmio
  • 端末セットのBIGLOBE
というふうに、棲み分けができていた。

※BIGLOBEは、「ほぼスマホ」やモバイルルータ「Aterm MR02LN」の他に、Nexus7 LTEとのセットもイオン店頭で取り扱っている。詳しくは公式サイトまで。
もちあるいてなんぼ。: 【更新】BIGLOBEが「ほぼスマホ」をイオン店頭で販売開始!

もちろん今でも、三社ともに「900円台のデータ通信」が売りではあるが、強調するポイントが変わってきた、というか。
b-mobileは「電話番号が持てること」、IIJmioは「3つのプランからデータ通信が選べること」、BIGLOBEは「スマホやタブレットと一緒に買えること」が、それぞれ売りになっているようだ。

私がイオンSIMを契約したころ(2011年11月)は、ドコモMVNOコーナーなど無く、店舗の隅にチラシが置いてあるだけだったが、これだけ幅が広がってきたと思うと感慨深いものがある。

2013年9月28日土曜日

楽天優勝セールのドコモMVNO3つ

【11月4日更新】楽天日本一セールの記事はこちら。
もちあるいてなんぼ。: 楽天日本一セールの注目商品7つ

昨日の楽天優勝セールの記事では、楽天ブックス・kobo・JINSを取り上げたが、ドコモMVNO関係のセールも3つご紹介。

1. OCN モバイル ONE


おなじみ「goo SimSeller」にて、通常のSIMパッケージとは別に「優勝記念」のパッケージが販売されている。


1個購入で100円、2個購入で300円、3個購入で770円OFFとなるクーポンを配付しているので、これを合わせて使うと割引に。一昨日発売されたばかりの「容量シェアSIMタイプ」(60MB/日・2GB/月)もラインナップされている。


2. 楽天ブロードバンドLTE


こちらもおなじみ「初期費用0円キャンペーン」を実施中。


先日お知らせしたとおり、エントリー/ライト/アクティブの3プランでは元々初期費用0円キャンペーンを実施しているので、今回の優勝セールではエントリープラス・ライトプラスの2プランがおすすめ。
ただし、ページ最後の注意書きに「在庫状況により、お届けに3週間以上かかる場合があります。」とあるので、時間がかかるのは覚悟しておいたほうがよさそう。


3. BIC SIM


ビックカメラの「BIC SIM」は、残念ながら?ポイント5倍のみ適用。


楽天市場内をいろいろ見てきたが、やっぱりJINS PC全品1990円セールより衝撃的なものはなかったように思う。

JINS PC チタン【楽天イーグルス優勝セール】
JINS PC チタン【楽天イーグルス優勝セール】
価格:1,990円(税込、送料込)


2013年9月27日金曜日

楽天優勝セール開催中!注目のセール3つ

【11月4日更新】楽天日本一セールの記事はこちら。
もちあるいてなんぼ。: 楽天日本一セールの注目商品7つ

26日、東北楽天イーグルスがパリーグ優勝を果たし、翌27日0時から楽天市場を挙げての優勝セールが行われている。
そこで、注目のセールを3つご紹介。

1.楽天ブックス


以下のキャンペーンページで、3%オフ・2%オフとなるクーポンが各10万枚限定で配付されている。

楽天ブックス: 楽天ブックス クーポン祭り!

それぞれ6300円以上・4200円以上の買い物で使えるクーポンなので、楽天ブックスで販売しているNexus7など高額商品に利用できる。


2.楽天kobo


こちらもセール実施中。

電子ブック楽天<kobo>: 楽天イーグルス パ・リーグ初制覇!楽天 優勝セール

koboのベストセラー10冊が77%オフとなるクーポンが先着7777回分配付されている。
また、koboジッパーケースなどアクセサリが770円になるクーポンも配布中。


3.JINS楽天市場店


ここは盲点だったが、JINS PCが特別セール中。

JINS PC ラインナップご紹介│JINS 楽天市場店

なんと、通常3990円または5990円のJINS PC全てのラインナップが1990円になっている!
今まで持っていなかった人、この機会にぜひ!

JINS PC チタン【楽天イーグルス優勝セール】
JINS PC チタン【楽天イーグルス優勝セール】
価格:1,990円(税込、送料込)

あとは、楽天トラベル高速バス予約の「300円クーポン」あたりが気になっている。
楽天優勝セール | 6種類のお得なクーポンも配布中!【楽天トラベル】

2013年9月26日木曜日

【更新】「OCNモバイルONE」が早くも値下げ&新プラン発表!

昨日の今日でこの展開とは。

ニュース ニュース 2013年9月26日:利用スタイルにあわせて通信容量や速度を自由に選択できる「OCN モバイル ONE」の料金値下げ・機能拡充について | NTT Com 企業情報

先月末にリニューアルされたばかりの「OCN モバイル ONE」が、早くも値下げ&新コースを発表した。

値下げされたのは月2GBのコース。1780円が1580円となる。
昨日、IIJmioのライトスタートプランが1596円に値下げされたことで、ドコモMVNOの月2GBプラン最安値となっていたが、これを一日で覆した形だ。

また、月2GBコースにのみ設定されている「容量シェアSIMタイプ(SIM3枚提供)」も、2725円から2525円に値下げされた。
こちらも、IIJmioファミリーシェアプランが2688円に値下げされたばかりだが、これを下回ることになる。

昨日のIIJmioの発表についてはこちら。
もちあるいてなんぼ。: 【速報】IIJmioが10月に料金改定&SMSオプション開始!

この発表を見て、近いうちにOCNも動くだろうと思ってはいたが、まさかすぐ次の日とは考えもしなかった。

さらに新しいプランとして、容量シェアSIMタイプに月2425円の「60MB/日コース」が新設された。
これまで、複数SIM提供プランは月間の高速通信量が決まっているものしかなかったが、一日単位のものが初めて出てきた。

これら二つの「容量シェアSIM」も、パッケージとしてAmazon等で販売される。
特筆すべきは、はじめからSIM3枚が入ったパッケージであることだ。
IIJmioファミリーシェアの場合、「ウェルカムパック」等のSIMパッケージを購入した後に追加SIMを申し込む形になるが、こちらは3枚一緒に購入できるので、すぐ使い始めることができる。
ただしマイクロSIM3枚しか選ぶことができない、というデメリットもある。
パッケージ代はSIM1枚のものと変わらず3150円。

・・・とにかく、OCNの攻めの姿勢に驚くばかりだ。

【追記】
上のプレスリリースでは、端末セットについても記載がある。
一つは、先日このブログでもお知らせしたNexus7 LTEとのセット。NTT-X Storeでの販売となる。
一時期在庫切れとなっていたが復活したようだ。
もちあるいてなんぼ。: Nexus7 LTEとOCN モバイル ONEのセット販売開始!

もう一つは、ちょうど昨日goo SimSeller Yahoo!店で販売が始まったばかりの「MR02LN」をレンタルできるプランについて。10月1日から提供され、月額980円でレンタルできる。
もちあるいてなんぼ。: goo SimSeller Yahoo!店、NEC製モバイルルータとのセットを発売!
 

SIMフリータブレット「Fonepad7」がFOMAプラスエリア対応で新発売


今年4月に発売された「通話できる7インチタブレット」Fonepadが、わずか半年で新モデルを発表した。

SIMロックフリーで3G通話も可能、ほどよく低価格な7型タブレット──「ASUS Fonepad 7」 - ITmedia PC USER

ASUS、3Gの800MHz帯対応でSIMフリーのタブレット「Fonepad 7」 - ケータイ Watch

CPUがシングルコアからデュアルコアとなるなど順当な進化をしているが、何といっても「800MHz帯対応」というのが大きい。

同じASUSのNexus7 LTEはFOMAプラスエリア非対応だが、こちらは3GのみのかわりにFOMAプラスエリアに対応する。
速さと広さ、どちらを選ぶかによって買いたいモデルが決まりそうだ。

10月中旬発売で、価格は34800円とNexus7 LTEより5000円安い。
現在Fonepadセットを提供しているhi-hoや、SIMフリー機とのセットを積極的に販売しているOCN等での提供が期待される。

【追記】
IIJmioが動作確認済み端末一覧を更新し、Fonepad7での検証結果を公開した。それによると、 SMS非対応SIMの場合はアンテナピクトが表示されないとのこと。

【関連記事】
もちあるいてなんぼ。: 【速報】ASUSが音声通話機能付きのSIMフリータブレット「Fonepad」発表!
もちあるいてなんぼ。: 意外と安くなってたSIMフリータブレット2つ

2013年9月25日水曜日

goo SimSeller Yahoo!店、NEC製モバイルルータとのセットを発売!

先週オープンしたばかりの「goo SimSeller Yahoo!店」が、また注目のセットを発売した。


モバイルルータ「Aterm MR02LN」とSIMパッケージのセットで19800円となっている。
このルータは今年5月に発表され、BIGLOBE・hi-ho・NiftyのドコモMVNOプランでセットで提供されているもの。
またNTT西日本の「光ポータブルLTE」対応端末としても型番違いのものが提供されている。

これらのセット以外では、BIGLOBEの取り扱いがあるイオンで23800円で単体販売されており、またAterm直販ショップでも29800円で販売されている。
今回のSIMパッケージセットは、これらの単体販売よりも安くなっており、2万円を切る価格はかなり魅力的。

ドコモMVNO対応モバイルルータとしては地味な存在だが、価格コムのレビューでも評価がよく、気になる存在だ。

(商品タイトルに「SIMフリー LTE モバイル Wi-Fiルーター」とあるが、MR02LNの公式ページを見ると「ドコモのFOMA・Xi以外は使えない」とあるので、おそらく記載間違いかと。)

goo SimSellerというと、楽天の方で発売されたSIMフリーiPhone5s/5cが販売中止になるという事件(詳細はこちらの記事の追記へ)もあったが、魅力的な端末セットが多いので、ぜひ今後も新商品を出してほしいところ。

【速報】IIJmioが10月に料金改定&SMSオプション開始!

ついに本命がキター!

IIJmio:料金改定及びSMS機能提供開始のお知らせ(IIJmio高速モバイル/Dサービス)

まずは、10月1日よりライトスタートプラン及びファミリーシェアプランが値下げ。
ライトスタートは1974円が1596円へ、ファミリーシェアは
2940円が2688円となる。

また、10月7日よりSMSオプションが提供開始となることも発表された。
気になるオプション料金はSIM1枚あたり147円。
既に契約している人は、開始日よりSIMの交換を受け付けるとのこと。

冒頭にも書いたとおり、ついにドコモMVNOの本命が動いたな、と。特にSMSオプションは長く待ち望まれた機能だけに、申し込みが殺到しそうだ。

もちあるいてなんぼ。: ビック、プリペイド、ウェルカム・・・IIJmioのSIMパッケージ3種類の違いまとめ

【追記】
IIJてくろぐに「SMSオプションが付くと何が嬉しいか」を解説した記事が出たのでリンク。

てくろぐ: IIJmio高速モバイル/D、SMS対応。セルスタンバイ問題の対策にも

2013年9月22日日曜日

AmazonでiPhone5s/5cアクセサリ10%OFFキャンペーン実施中!

一昨日発売されたiPhone5s/5cだが、Amazonがさっそくアクセサリ10%OFFキャンペーンを始めている。

Amazon.co.jp: iPhone 5s/5cアクセサリ10%OFF

先日のNexus4キャンペーンと同様、キャンペーンページの「ツイートしておトク」ボタンを押してつぶやくと、10%OFFクーポンが付与される。
TwitterでなくFacebookで参加する場合は、キャンペーンページで「iPhone 5s vs iPhone 5c」の好きな方の画像をクリックしてFacebookでシェアすると、同じく10%OFFクーポンが付与される。

ちょっと見たところ、モバイルバッテリーやシガーチャージャー等、Androidスマホでも使えそうなアイテムがいろいろあるので、iPhoneでない人もチェックしてみると良さそうだ。

ところでそのiPhone5s、すでにヤフオクにたくさん出品されていて驚いた。
白ロムって普段からこんなもの?それとも「ドコモ版iPhone」だから特殊なのか?

「iPhone 5s docomo」の検索結果 - ヤフオク!

2013年9月21日土曜日

楽天ブロードバンドLTEが新Nexus7セットを開始!


先日『楽天ブロードバンドLTE、初期費用0円キャンペーンをエントリー/ライト/アクティブプランで実施』という記事で「初期費用無料プランとNexus7のセット販売をすればいいのに」と書いたら、本当に始まっていて驚いた。

対象になるのはライトプランとアクティブプラン。月額875円のエントリープランは対象外だ。

ドコモMVNOとNexus7 LTEのセットは、これまでもhi-hoやBIGLOBE、それに OCNが販売している。
hi-hoとBIGLOBEは2年契約で端末代を安くしていて、OCNは縛りがないかわりに端末は定価でSIMパッケージが無料。

今回の楽天もOCNと同じで、端末代は定価一括払いだが初期費用が無料、そして初月無料となっている。
でも、せっかく楽天なのだから、端末購入でスーパーポイントを付けて欲しかった。

オフィスアプリ「Quickoffice」が無料化&Gogleドライブ10GB特典付き!

オフィスアプリ「Quickoffice」が20日から無料化され、さらにGogleドライブ10GB分が2年間無料で使える特典が付くことが分かった。

GoogleがAndroid / iOS版 Quickoffice を無料化、Google Drive 追加10GB 2年分も付属 - Engadget Japanese

Quickoffice
Quickoffice
価格:無料  平均評価:3.9(3,712 件)


このアプリ、実は昨年このブログでも紹介している。その時はGoogleに買収されたとは知らなかった。

もちあるいてなんぼ。: パワフルなオフィスツール「QuickOffice Pro」が99円セール中

この時紹介したとおり、今までは1000円を超える高額アプリだったのだが、無料になった上にGoogleドライブの増量まで行うとは、Googleもなかなか太っ腹。 しかし、GooglePlayの評価を見てみると、正直よろしくない。まだまだこれから改良が必要なようだ。

とはいえGoogleドライブ10GB分は魅力的なので、私もさっそくNexus7にインストールしてみた。


この画面で「始める」をタップし、Googleアカウントを選択すると、そのアカウントでログインしてアプリを使えるようになる。
このログイン作業を26日までに行うと10GB増量の対象となる。ただインストールしただけでは対象外なので注意。

ちょっと使ってみたところ、PDFの閲覧はまったく問題なかった。それ以外は今後に期待。

2013年9月20日金曜日

ドコモスマートフォンラウンジでiPhone5s/5cを見てきた!

せっかく「ドコモのiPhone発売!」という記念すべき日なので、私もドコモスマートフォンラウンジ東京に足を運んでみた。

昨日の夜からかなりの人が徹夜で行列を作り、ドコモ加藤社長から夜と朝の2回にわたり軽食の差し入れがあったと聞く。
ドコモショップ丸の内店には60人以上の行列――加藤社長から差し入れも - ITmedia Mobile

しかし私が夕方に向かった時には、さすがにそのような喧噪はなく、静かな有楽町の一角に戻っていた。


ドコモスマートフォンラウンジ東京は、ドコモショップ丸の内店に併設されている。
まずドコモショップ側から入ると、いままで見たことがない人、人、人・・・。
といっても、私がこの店舗に来るのは3回目で、いままでも平日夕方でさほど混雑する時間帯でもなかったため、今日の夕方の人数でも「かなり混んでる」という印象を受けた。
とにかく、お客の数もスタッフの数も多い。そして椅子の数が多いw
開通手続き等でだいぶ待たされるそうだが、皆さん静かに待っていた。

そして、ショップからスマートフォンラウンジの方に入ってみる。
公式サイトを見ると分かるとおり、この店舗はL字型になっているのだが、手前の目立つ場所が全てiPhone展示で埋められており、Androidは奥のほうに追いやられてしまっていた。
まあ、発売日だから当たり前なのだが・・・ちょっと寂しい気もした。


その後、隣のビックカメラ有楽町店へ。
こちらも1階入ってすぐに携帯電話コーナーがあるのだが、当然ながら3キャリアともiPhone一色であった。
そしてやっぱり、人、人、人。
この店舗はいつも混んでいるので「こんなものだろう」という感じだったが。
気の毒なのは奥のほうにあるイーモバイルやウィルコムのコーナーで、イーモバは新Nexus7とルータのセットを展示していたが客がおらず、ウィルコムは昨日新機種が発売されたばかりだというのに閑古鳥状態。

・・・と、まあ、Androidユーザとしてはちょっと寂しい1日だった。

余談だが、本日20日の「Kindle日替わりセール」対象商品が「アップル帝国の正体」だった。
iPhone発売日にこの本をぶつけてくるとは、アマゾンさんもずいぶん皮肉屋だな、と。

【更新】楽天goo SimSeller、SIMフリーiPhone5s/5cとSIMパッケージのセットを発売!

これまでも多くの話題を生み出してきた、OCNの楽天ショップ「goo SimSeller」が、なんと本日からSIMフリーiPhone5s/5cとのセット販売を開始した。

もちあるいてなんぼ。: 「goo SimSeller」のSIMフリーiPhone+SIMカードセットが話題騒然!その狙いは?



5sの方はゴールドがなく、シルバーとグレイのみのラインナップとなっている。
5cの方は5色すべて揃っているが、この記事を書いている現在、ホワイト32GBは「お申し込み受付を終了しました」となっている。

また、気になる通信については、このように注意書きされている。

OCNモバイルONEを使った場合のSIMフリーiPhone5SのLTE接続は保証いたしかねます。
via: 【楽天市場】SIMフリーiPhone5S 香港版 32GB スペースグレイ【新品】【OCN モバイル ONE ナノSIM付き】:goo SimSeller

もう一つ、一昨日Yahoo!ショッピング内にオープンしたgoo SimSellerの方では、モバイルルータ以外に単体SIMパッケージとSIMフリーiPhone5・iPad miniとのセットが取り扱い開始となった。
詳しくは以下の記事に追記したのでご確認いただきたい。

もちあるいてなんぼ。: Yahoo!ショッピングに「goo SimSeller」出店、SIMフリーWi-Fiルータ「AWR-100」セットが格安!

【追記】
24日夕方に確認したところ、SIMフリーiPhone5s/5cの販売ページが削除されていた。
週刊アスキーの記事によると、香港版は技適マークの表示がないそうだ。
また、それが販売中止の理由だとショップ側から回答を受けた、というツイートもあった。

・・・ということなので、技適マークを取得するまでは、SIMフリーiPhone5s/5cの販売再開は無いとみていいだろう。

iPhone5s/5cでの検証結果をIIJmioが公開!3G通信は可能

iphone5s
iphone5s / sam_churchill


昨日のiOS7での検証結果公開に続き、本日発売のドコモ版iPhone5s/5cでの検証結果を、IIJmioが公開した。

てくろぐ: iPhone 5s・iPhone 5c IIJmio高速モバイル/Dで使える?

先週『ドコモ版iPhoneではドコモMVNOは使えないかもしれない』を書いた時から、このことが気になって気になって仕方なかった。ドコモ版iPhoneが発売されて、実機での検証結果を待つより他なかったのだが、その結果が分かって正直ほっとしている。

結論としては「APN構成プロファイルを使えば3G通信は可能」だった。
ドコモ版iPhoneでドコモMVNOを使う道が完全に塞がれたわけではなかった。

「APN構成プロファイル」とは、APN情報を書き込んだ設定ファイルのことで、IIJmioではiOS6の時からテザリング用に「APN構成プロファイル」を作成して公開している。

テザリングを利用可能にするためには、「APN」や「アカウント」「パスワード」をiPadの画面から設定する代わりに、「構成プロファイル」というファイルに書き込んで読み込ませる必要があります。構成プロファイルは自分で作ることもできますが、めんどくさいと思いますので作っておきました。
via: てくろぐ: iOS6とIIJmio高速モバイル/D

プロファイルのインストール方法など、詳しいことは以下のページにて。

mio高速モバイル/D - iOS APN構成プロファイル

では当初の「spモードしか使えない」という話はどうだったのかというと、APN構成プロファイルを入れていない素のままのドコモ版iPhoneでは、APNの変更ができずドコモMVNOは使えない、ということだった。詳しくは以下の週アスPLUSの記事を。

ドコモ版iPhone5sにMVNOのデータSIMを入れたら使えなかった件【追記】

今日の昼頃に上の記事が公開されたときは、「やはりドコモMVNOはダメなのか」ということで騒然となったが、その後IIJてくろぐの記事が公開され、プロファイルを入れれば大丈夫ということが分かった。この経緯については週アスPLUSの記事にも追記されている。

しかし、IIJmioが公開しているプロファイルはIIJmio専用のもの。他のドコモMVNOで使いたい場合は、その事業者がプロファイルを公開してくれるのを待つか、自作する必要がある。
アップルは自分でプロファイルを作成するためのソフトウェア「iPhone 構成ユーティリティ」(リンクはWindows版、他にMac版もあり)を用意しており、APN設定の仕方も公開している。

iOS:iPhone 構成ユーティリティを使用した APN 設定の編集方法

腕に覚えのある人は、IIJmioのプロファイルを参考にすれば設定できると思う。

LTE通信はできない、テザリングもできないと、残念なことにはなったが、それでも「全く使えない」ということはなかったので安心した。
また、昨日から今日にかけての検証とその結果公開の速さで、さらにIIJmioへの信頼感が増した。本当に感謝だ。

2013年9月19日木曜日

【更新】iOS7での検証結果をIIJmioが公開!

iOS7
iOS7 / Janitors


本日未明に「iOS7」が公開されたが、先日『iOS7へのアップデートは、IIJmioの検証が済んでから 』でお知らせしたとおり、IIJがSIMフリーiPhoneとiPadにて検証を行った結果が発表された。

てくろぐ: iOS 7 配信開始! IIJmio高速モバイル/D 動作確認しました

基本的にはiOS6.1と同じく「3G通信は可能だがLTE通信は不可」とのこと。新OSでもLTEに対応しなかったのは残念だ。

しかし、3G通信も不可となったモデルがある。iPhone4とiPad2だ。
これらについてはiOS7へのアップデートは見送るべきだろう。

先ずはIIJmioの中の人に感謝したい。公開から半日あまりで検証結果発表というのはなかなかできないことだ。
一方、nanoSIMを取り扱っている他のドコモMVNOが、iOS7での検証を行って結果を発表するのかどうかも気になるところ。

【追記】
日本通信も検証結果を発表した。

※iOS7にアップデートされた場合、データ通信専用SIMでご利用のお客様は通信が行えなくなります。音声SIMの場合はお使いいただけます。
via: 動作確認端末一覧

これはSIMフリーiPhone4に追加された注意書きだが、データ通信専用SIMの場合はIIJmioの検証結果と同じく通信不可、音声通話SIMの場合は通信可能という結果となった。
ということはおそらく、SMSオプションが付与されたSIMでも通信可能ではないかと思われる。
(詳しくははb-mobile公式アカウントのこちらのやりとりを参照していただきたい)

【さらに追記】
日本通信から「9月20日時点」として、新たな情報が。

スマホ電話SIMをはじめとする音声サービス付きSIMカードを挿入し、APNを設定/保存することで、その後、データ通信専用SIMに挿し変えて通信ができたという一部報告が確認されております。
via: iPhone 4及びiPad 2でのiOS 7(7.0.0)アップデートについて | b-mobile

音声通話SIMでいったんAPN設定すればデータ通信SIMに戻した後も通信できる、と・・・。何とも不可解な現象だ。

また、ドコモ版iPhoneでは、やはり3G通信のみ可能であることが分かった。
もちあるいてなんぼ。: iPhone5s/5cでの検証結果をIIJmioが公開!3G通信は可能

Amazonとヨドバシの「スマホ電話SIM for LTE」も、通話のみ月額1080円プランに対応!


先週『日本通信、通話のみ月額1080円~の「スマホ電話SIM for LTE」をイオンで発売!』というニュースをお知らせしたばかりだが、b-mobileで取り扱う他の「スマホ電話SIM for LTE」も、通話のみのプランが提供されることになった。

シンプルな音声SIM、スマホでも Amazon.co.jp、ヨドバシカメラ、日本通信から|日本通信株式会社

今回、通話のみのプランに対応するのは、アマゾン・ヨドバシ・b-mobile直販で販売されているSIMパッケージ。いずれも明日19日より、開通手続き時に通話のみプランを選択できるようになる。
一足先に発表されたイオン版「スマホ電話SIM for LTE」も、明日19日から発売されるので、それに合わせてということだろう。

ところで、先週のプレスリリースでも以下の一文が気になっていた。

スマホやガラケーのどちらでも使え、
via: シンプルな音声SIM、スマホでも Amazon.co.jp、ヨドバシカメラ、日本通信から|日本通信株式会社

「ガラケーでも使える」というのは本当か?と思い調べてみると、実際にやってみた方がいるようだ。
スマホ電話SIM 携帯(ガラケー)でも使えました。 giuliettaのブログ/ウェブリブログ

なるほど、これなら「スマホに機種変して余ったガラケーを待ち受け専用電話にする」ことができる。これはいいかも。

2013年9月18日水曜日

Yahoo!ショッピングに「goo SimSeller」出店、SIMフリーWi-Fiルータ「AWR-100」セットが格安!

このところ動きが静かだった「goo SimSeller」が、楽天に続きYahoo!ショッピングに出店した。

「goo SimSeller」がYahoo!ショッピングに出店、通信容量や速度を自由に変更できる業界最安値のモバイルデータ通信サービス「OCN モバイルONE」SIMパッケージを販売開始- プレスリリース - goo

開店したばかりのショップページは、まだ出来たてホヤホヤという感じ。
ちょっと分かりづらいところにあるが、お買い物ガイドを見ると、各種クレジットカードや代引きが使えるところは、楽天のショップと変わらないようだ。

このショップの面白いところは、SIMパッケージ単体の販売はせず、モバイルルータ「AWR-100」とのセットしか商品がない、というところ。しかも8700円と格安だ。

このモバイルルータについては、このブログでも何度か取り上げていて、そのたびに大きな反響を頂いている。
もちあるいてなんぼ。: 話題のSIMフリーWi-Fiルータ「AWR-100」の評判は?
もちあるいてなんぼ。: SIMフリーモバイルルータ「AWR-100」の格安中古品が販売中!

OCNのSIMパッケージとのセットは、ルータの販売元であるエイヤーも取り扱っているが、今回のセットはそれよりもさらに安い。徹底しているなーと思う。


また、OCNのSIMフリー端末セットの販売方針として興味深いのは、端末ごとに販売チャネルが違うことだ。
  • NTT-X Store:Nexus7 LTE、MeMo Pad FDH10(いずれもタブレット)
  • 楽天:iPhone、iPad、FleaPhone、Fonepad(スマートフォン、タブレット)
  • Yahoo!:AWR-100(モバイルルータ)
楽天でiPhoneとのセット販売が始まった時も、「テストマーケティングのため」としていたので、今回のYahoo!への出店もテストマーケティングの一つだと思うが、今後どのような展開があるのか楽しみだ。

【関連記事】
もちあるいてなんぼ。: OCNが「iPhone」「iPad」と「モバイルエントリーd LTE 980」のセットを発売!
もちあるいてなんぼ。: OCN、今度はSIMフリーAndroidスマホとのセット販売開始!
もちあるいてなんぼ。: 「goo SimSeller」の新商品、今度はSIMフリーAndroidタブレット!

【追記】
9月20日より、単体SIMパッケージおよびSIMフリーiPhone5・iPad miniとのセットも販売が始まった。


2013年8月のアクセスBEST3

毎月恒例、先月アクセスを集めた記事ベスト3。
2013年7月分はこちら

8月に書いた記事のアクセスBEST3

  1. OCN、今度はSIMフリーAndroidスマホとのセット販売開始!

  2. 楽天ブロードバンドLTE「エントリープラスプラン」に驚愕の事実が!!!

  3. NTT西「光ポータブルLTE」と対応ドコモMVNOプランまとめ
8月は最終週に「Nexus7」「Nexus4」「OCN モバイル ONE」と立て続けに大きな発表・発売があり、この当たりの記事がトップ独占だろう・・・と思っていたら、全くそんな事はなく。

トップは、ものすごく意外な記事だった。どうやら「SIMフリー スマホ」という検索キーワードで訪問してくれた人が多かったようだ。
実は4位に、これの後記事である『「goo SimSeller」のSIMフリーiPhone+SIMカードセットが話題騒然!その狙いは?』が入っているのだが、こちらの方が話題になったのでずっとアクセスが多いと思っていた。
2位は、月末に「エントリープラスプラン初期費用無料キャンペーン」が行われた際に検索してくれた人が多かった。
3位は、地味だが「光ポータブルLTE」に関するまとめ記事。

1年前はこんな記事を書いていた



昨年8月といえば、旅行シーズンということで書いた上の2記事が、今でもちょくちょくアクセスされている。 それ以外では、今でもアクセスBEST10常連の『セルスタンバイ問題って何?』の前記事『そもそもMVNOって何?』や、『Yahoo!オークションで白ロムを入手する時に知っておきたいこと』は、今読んでも参考になる。

【更新】ビック、プリペイド、ウェルカム・・・IIJmioのSIMパッケージ3種類の違いまとめ

先ほど「IIJmioプリペイドパックがAmazonで値下げ」という記事を書いたが、いまAmazonで検索すると、IIJmioのSIMパッケージは3種類出てくる。
Nexus7 LTEでは初めからIIJmioのAPNがセットされているため設定の必要がなく、ドコモMVNOの中でも評判がよいので「IIJmioを使ってみたい」という人は多いと思うが、その一方で「どのSIMパッケージを買ったらよいか分からない」という人もいると思うので、ざっくりまとめてみた。

1. IIJmioウェルカムパック


この3種類の中では最もノーマルなSIMパッケージ。
定価は3150円で、購入後にIIJmioのウェブサイトで契約手続きを行うと使えるようになる。
このパッケージは当初「IIJmioウェルカムパック for イオン」という名称で、イオン店頭でしか購入できなかったが、最近は他の量販店やAmazonでも購入できるようになった。

もちあるいてなんぼ。: 「IIJmio ウェルカムパック for イオン」発表!

【3/7追記】SMS対応版については、イオン店頭だけでなく、Amazonでも取扱開始となった。

2. IIJmioプリペイドパック


こちらは先ほどの「ウェルカムパック」とは異なり、定価は4980円と高めだが、契約手続きを行わなくても500MB分まで通信できる。
500MBを超えて利用したい場合はIIJmioとの契約が必要になるが、その際に初期費用の3150円は必要ない(パッケージ代に含まれているため)。
なので、こちらは「とりあえずどんなものか試しに使ってみたい」「契約手続をしないですぐに使い始めたい」という人におすすめ。

もちあるいてなんぼ。: 「IIJmioプリペイドパック」発表!その目的とは

また、このパッケージはSIMフリータブレットにプレゼント品として付いてくることが多く、不要な人がヤフオクに多数出品している。
初期費用3150円を下回るものもあるので、ヤフオクでも良いという人はこちらがおすすめ(その際は標準SIMかマイクロSIMかをお間違えなく)。

「IIJmio プリペイドパック」の検索結果 - ヤフオク!

プリペイドパックについては、SMS対応版の提供予定は無いとプレスリリースに明記されている。

3. BIC SIM(IIJmioウェルカムパック for BIC SIM)


ビックカメラがIIJmioと提携して発売したSIMパッケージ。定価は3150円で「ウェルカムパック」と同じだが、このパッケージにはビックカメラ独自の特典が付いている。
それが、公衆無線LANサービス「wi2 300」を無料で使える、というもの(通常は月額380円)。
初めから公衆無線LANサービスの利用を考えている人は、このパッケージが絶対オススメ。
現在、ビックカメラ・ソフマップ・コジマの一部店舗と、それぞれのオンラインショップ等で販売している。 SMS対応版もあり。

もちあるいてなんぼ。: IIJとビックカメラが提携、「BIC SIM」発表!

【3/7追記】「BIC SIMプリペイドパック」「BIC SIM音声通話パック」も提供開始となった。



その他


SIMサイズについては、3パックともに3サイズ展開(標準SIM/マイクロSIM/ナノSIM)となる。
ナノSIMについては、ウェルカムパック・プリペイドパックはAmazon.co.jpのみ、BIC SIMはビックカメラ、ソフマップ、コジマのオンラインショップのみの取り扱いとなる。

最後に、3種類のSIMパッケージのどれを購入しても、IIJmio高速モバイル/Dが提供する3つの月額プラン(ミニマムスタート、ライトスタート、ファミリーシェア)にアップグレードするできる。
3プランの選び方については、複数のSIMカードが欲しい人は自動的に「ファミリーシェア」になるが、1枚でよい人はとりあえず「ミニマムスタート」から始めてみるのがよいのでは。特にタブレット等セカンド端末で使う場合は、高速通信量は月500MBで十分という人が多いと思う。
手数料無しでプラン変更することも可能なので、足りない場合は月2GBの「ライトスタート」に切り替えるとよいだろう。
プラン内容について詳しくは、IIJmio高速モバイル/Dの公式サイトへどうぞ。

2013年9月17日火曜日

AmazonのNexus7・Nexus4キャンペーンが拡大!IIJmioプリペイドパック値下げも

先月、Nexus7とNexus4の予約販売が開始されると同時に始まったAmazonのキャンペーンが、対象商品を拡大している。

まずはNexus7から。

Amazon.co.jp: Google Nexus7 (2013年モデル)とあわせて買うと最大20%OFF

先月31日に『Amazonで「Nexus7と合わせて買うと最大20%OFF」キャンペーン実施中!』の記事を書いた時は、対象のケースはハードタイプやレザータイプのみだったと思うが、ソフトケースやカバーが追加となった。また、Bluetoothヘッドセットも追加されている。


もう一つは、Nexus4のキャンペーン。

Amazon.co.jp: Nexus 4とSIMカードを合わせて買うとSIMカードが3,150円OFF

こちらは、先月27日に『Amazonも「Nexus4&SIMカード 合わせ買いキャンペーン」を実施中!』を書いた時はtwitterかFacebookでシェアしないとクーポンコードが貰えなかったが、現在はキャンペーンページにクーポンコードが書いてあり、これを利用して合わせ買いすれば3150円引きとなる。
また、27日時点ではOCNとb-mobileのSIMパッケージしかラインナップされていなかったが、新たにIIJmioプリペイドパックが追加されている。

そして嬉しいことに、このプリペイドパック、定価の4980円より少し安くなって4568円となっている(もちろんNexus4とのセットでなく単体で)。 他のオンラインショップでは定価販売なので、おそらくAmazonだけの値引きだろう。