2014年2月15日土曜日

TikiモバイルLTEライトがSMS対応開始!


今月5日から、TikiモバイルのLTEライトプランがSMS対応を開始した。

Tikiモバイル LTEライト SMS対応SIMカードの提供について 2014年2月5日

このブログでは、まだ一度もTikiモバイルについて詳しく書いていないので、まずは全体の説明から。
Tikiモバイルを運営するTikiTikiインターネットは、岡山のインターネットプロバイダ。ドコモMVNOとしても、FOMA時代からいくつかのプランを提供しており、現在は「LTEライト」がメインの料金プランとなっている。

「LTEライト」の特徴は、なんといっても3つのタイプから選べるところ。
  • タイプM:高速通信量が500MB/月、月額980円
  • タイプW:高速通信量が180MB/週、月額1280円
  • タイプD:高速通信量が30MB/日、月額980円
タイプMはIIJmio、タイプDはOCNを意識したプランだが、タイプWの「週単位で高速通信量を付与」は、他には無い新しいプラン内容だ。

また、それぞれ年払いで契約することもでき、この場合はコンビニ振込OKというのも新しい。

一方、最低利用期間が3ヶ月あり、それが終了してからでないとタイプ変更できないことや、タイプ変更に手数料がかかること(1050円)は注意すべき点だ。

今回発表されたSMS対応SIMでは年払い契約はできず、必ず月契約でクレジットカード払いとなる。
またSMS対応SIMはマイクロSIM/ナノSIMのみ取り扱いとなる。
(昨日発表されたノジマや、ぷららもマイクロSIM/ナノSIMのみの取り扱いとなっており、最近は標準SIM外しが進んできているなあと感じる)

というわけで、『ドコモMVNO一覧表』『カテゴリ別ドコモMVNO比較まとめ』『「SIMフリーiPhone5s/5cで使うドコモMVNO」を選ぶ4つのポイント』を更新しておいた。