2015年7月30日木曜日

ZenFone5の後継、ZenFone2 Laser発表!

ASUSは昨日、ZenFone2 Laserの国内発売を発表した。発売日は来月8日。

UNLOCK THE FUTURE ~SIMフリースマートフォンのさらなる新境地~レーザーオートフォーカス、5インチ HD IPS液晶搭載「ZenFone™ 2 Laser (ZE500KL)」を発表

端末名にZenFone2と付いているが、プレスリリースにもあるとおりZenFone5の後継機種だ。
ZenFone2との違いが気になるところだが、ZenFone2は5.5インチの大画面に対し、ZenFone5とZenFone2 Laserは5インチ。それ以外にも、スペック的にはやはりZenFone2の方が上だ。
ただし、昨年発売されたZenFone5に比べると、OSがLollipopになったりカメラの性能が大幅アップしたりと、Laserは順当に進化している。それでいて、価格はZenFone5とほぼ変わらない(RAM2GB/ROM16GBモデルの予想実売価格は27000円)。
ZenFone2はちょっと高い、かといって去年のモデルであるZenFone5は嫌だ・・・という人にはうってつけだと思う。

また、ZenFone5はSIMスロット1つ、ZenFone2はSIMスロット2つだが片方は2Gだったので国内では使用不可だったが、ZenFone2 Laserは2つのSIMスロットともにLTEに対応している。対応周波数もドコモMVNOで使うなら十分だ。

楽天モバイル限定でROM8GBモデルが用意され、こちらは一括払いで22800円となる。
楽天モバイル、ASUS製「ZenFone™ 2 Laser (ZE500KL)」を取扱開始 - 8GBモデルは、楽天モバイルが日本で独占的に販売 -|フュージョン・コミュニケーションズ株式会社

2015年7月29日水曜日

「格安SIMかんたんスタートガイド」はNifMoの特典付き

もうひとつ、MVNO関連本のお知らせ。

格安SIMの解説書「格安SIMかんたんスタートガイド」を8月20日(木)に発売|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

NifMoとコラボした初心者向け解説本が来月20日に発売される。
何といっても「登録手数料と基本料金最大2ヶ月分無料」の特典が付くのが大きい。SIMカードそのものは付いていないが、手数料等無料の特典が付くということで、先月発売されたDIME増刊号と似ている。

【追記あり】DIME8月号増刊は「U-mobile2か月無料」エントリーコードが付録! | もちあるいてなんぼ。

こちらはU-mobile音声通話プランのみの特典だったため解約手数料がかかったが、今回のNifMoはプレスリリース添付の資料を見ると「データ通信専用プランであれば解約手数料はかからない」と小さく書いてある・・・ように見える(ちょっと字が潰れていて不明瞭)。
期待して発売日を待ちたい。

「みおふぉん公式ガイド」にZenFone版登場!

今年1月にiPhone版が発刊された「みおふぉん公式ガイド」に、待望のAndroid版が登場する。

格安料金でスマホを使おう! 2冊同時刊行みおふぉん公式ガイドZenFone 2/5編、iPhone編 改訂新版|株式会社インプレスホーのプレスリリース

Android版は「ZenFone2/5編」となっており、ZenFone2とZenFone5でのみおふぉんの使い方を解説している。
IIJ自身が監修しており、これからMVNOを使ってみようという人に安心しておすすめできる。
(プレスリリース本文に『通信オタクではない普通のユーザーにもっとも必要な情報と手順を解説します』とあり、苦笑してしまった。)

また、iPhone版も内容を最新化した「改訂新版」が発刊される。発売日はいずれも明後日31日で、電子書籍版の価格は800円。

2015年7月27日月曜日

OCNモバイルONE、050Plus等でパケットカウントフリーに

OCNモバイルONEに「カウントフリー機能」が今日から追加された。

ニュース 2015年7月27日:「OCN モバイル ONE」がさらに便利に! 「カウントフリー機能」の提供について | NTT Com 企業情報

ONEモバイルONEアプリや050Plus、マイポを利用する際の通信量は、OCNモバイルONEのパケット通信量のカウントから除外するというもの。
050Plusなら長電話、マイポケットでは大量の写真のアップロードが、通信量を気にせず行うことができる。
また、OCNモバイルONEを新規申込する際に、従来はWi-Fi等に繋いで申込サイトから手続きする必要があったが、SIMを挿してAPN設定すれば、申込サイトに繋がるようになった。
地味だけど良い改善だと思う。

現在、お友達紹介キャンペーンも実施中。紹介した人には抽選で、紹介された人は全員に、アマゾンギフト券がプレゼントされる。
OCN モバイル ONE お友達紹介キャンペーン | NTTコムストア [個人向け]

2015年7月21日火曜日

イオン、MR04LN取扱開始!プラス1GBの特典付き

イオンが先週17日よりMR04LNの取扱を開始している。

http://www.aeonretail.jp/campaign/newcom/wifirouter.html
Wi-Fiルータ 製品情報 | イオンモバイル | イオン

一括払いの場合は27993円(税込)だが、24か月分割の場合は1か月1080円、それにIIJmioのミニマムスタートプラン900円が付いて、月額1980円となる。
さらに、IIJmioのイオン限定特典として24か月間はプラス1GBの特典があるので、月間合計4GBとなる。
本体代込みで月額1980円、4GBならけっこう良い内容だ。
また、ミニマムスタートだけでなくライトスタートやファミリーシェアプランでも契約でき、この場合もプラス1GBの特典が付く。それぞれ月6GB、11GBとなるので、より大きい容量が必要なひとにはこちらがおすすめ。

【関連記事】
ついに発表「MR04LN」はデュアルSIMスロット搭載! | もちあるいてなんぼ。

2015年7月16日木曜日

新iPod touch販売開始!iPhone6と同じA8チップ搭載

アップルは先ほど公式サイトを更新し、新iPod touchを発表、販売開始した。


Apple - iPod touch

新型iPod touchの登場は何と3年ぶり。この時はiPhone5と同時発表だった。
新iPhoneより新iPod Touchが面白そう! | もちあるいてなんぼ。

あれから3年、iPhoneの方は順当に進化したものの、iPod touchは取り残されたまま。このまま新モデルは発売されず消えてしまうのでは・・・と心配していたが、無事第6世代のiPod touchが登場した。

機能面で一番の目玉は、やはりiPhone6と同じA8チップを積んだことだろうか。またカメラ性能も大幅にアップ、カラーもiPhoneで人気のゴールド等、新色がラインナップされた。
16GB(24800円)から128GB(48800円)まで4モデルがある。

ただ・・・処理能力も上がってカメラも良くなったのなら、何で画面を大きくしてくれなかったのか、と。4インチはさすがにもう小さすぎる気がする。

逆に、「今のiPhoneは大きすぎるから、このiPod touchにSIMスロットとGPSが付けば最高」と思っている人も多そうな気がする。


2015年7月15日水曜日

FREETEL、新たなドコモMVNOサービス提供開始

https://www.freetel.jp/
FREETEL(フリーテル)

小文字のfreetelから大文字のFREETELにブランド名を変更し、新たなサービスを始めることになった。

7/15(水)「FREETEL」はSIMフリー時代をおもしろくします。【スマホ史上初!】データ299円/月~、音声付き999円/月~、契約期間・2年縛りなどの制限なし!|プラスワン・マーケティング株式会社のプレスリリース

FREETELが先月の発表会で予告していた新サービス「FREETEL SIM」が、今日から提供開始となった。
SIMフリー端末メーカーであるfreetelが、ドコモMVNOサービス「フリモバ」を始めたのは昨年秋のこと。フリモバはU-mobile回線を使っていたが、新しい「FREETEL SIM」は自前でドコモに接続してサービス提供を行う。

料金プランもフリモバとは全く違い、6段階定額の「使った分だけ安心プラン」のみとなる。
データ使用量が最初の100MBまであれば月額299円、その後段階的に上がっていき、10GBで2470円が上限となる(いずれもデータ通信専用の料金)。
3GBなら900円なので、このあたりの料金は他社と変わらない。
解約手数料は無く、音声通話プランで短期MNP転出をした場合のみ手数料がかかるとしている。
【追記】
ケータイWatchの記事に、具体的なMNP手数料の記述があった。
フリーテル、Windows 10 Mobileスマホやフラッグシップ「極」を発表 - ケータイ Watchより引用:
MNP転出手数料は、契約当初は1万5000円で、1カ月経過するごとに1000円ずつ減額され、13カ月以降は2000円となる。

ヨドバシの3店舗(秋葉原、横浜、梅田)では今日から店頭でMNPも可能。

また、フリモバからFREETEL SIMに移行する場合は、各種手数料を無料にするとのこと。
フリモバユーザー様の新FREETEL SIMへの移行につきまして | freetel

サービス開始前の昨日、参考値としてスピード測定結果を公開している(こちらのツイート)が、ユーザ数が増えてからが本当の勝負なので、これから注目していきたいと思う。

【関連記事】
freetelがドコモMVNO参入を正式発表、「フリモバ」開始! | もちあるいてなんぼ。


2015年7月14日火曜日

BBIQ、auのMVNOサービス開始!回線提供元はmineo

http://mobile.bbiq.jp/
BBIQスマホ SIM

関電系のmineoに続き、九電系のBBIQもauのMVNOに参入することになった。

格安スマートフォンサービス「BBIQスマホSIM a」の提供開始について
~auエリアに対応したBBIQスマホが新登場!~ : 九州通信ネットワーク株式会社(QTNet)


格安スマートフォンサービス『BBIQスマホSIM a』について|お知らせ | BBIQ(ビビック)公式サイト

月3GBと5GBのプランがあり、月額料金はいずれもmineoと同じ。APN名を見ると「mineo.jp」となっているので、mineoが回線提供元とみてよさそうだ。
接続設定 | BBIQスマホ SIM a

サービス開始は8月3日だが、実はBBIQはドコモMVNOサービスも今年2月に始めており、mineoより一足先に「ドコモとauのMVNOを手掛けるマルチキャリア」となる。
(といっても、mineoはドコモ回線とau回線にまたがってパケットシェアが出来るが、BBIQには特にそういうサービスはなさそうだ。)

サービス開始に先立ち、音声通話プランで月額料金が半年間300円引きとなるクーポンの配布や、京セラ端末「LUCE」が9800円となるタイムセールが実施される。
ただ、、、BBIQは2月にドコモMVNOのサービスを開始した際にもタイムセールを行っているが、その時のシステム不具合で個人情報漏洩なんていうこともあったので、ちょっと心配。
「BBIQスマホSIM d」等のお申込み受付時のシステム不具合に伴う一部お客さま情報の誤表示による漏えいについて : 九州通信ネットワーク株式会社(QTNet)

【関連記事】
mineoが「日本初の個人向けマルチキャリアMVNO」宣言!1年縛りも撤廃 | もちあるいてなんぼ。


mineo、iOS8対応のテスト用APN構成プロファイルを公開

昨日の『mineoが「au系MVNO対応APN構成プロファイル」の動作確認結果を発表』の続報が入ってきた。

IIJが公開した新バージョンのAPN構成プロファイルにより、au系MVNOでもiOS8で通信可能となることが判明。これを受けてmineoが動作確認を行い、一部の端末で不安定となるものの、通信可能だったことを第一報として公開した・・・というところまでが、昨日の話。
この記事に追記する形で、今日午後にその後の確認結果が公開された。

iPhone・iPadのAPN構成プロファイルの変更による動作確認テストについて(続報) | 王国通信 | マイネ王

昨日の第一報では「一部の端末」とだけ書かれており、具体的にどの環境で通信が不安定となるのかまでは公開されなかった。が、今日はここが明らかになった。

mineoが公開した確認結果のうち、「今のところ安定」とされたのはau版iPhone6/6PlusとiOS8.4、およびSIMフリー版iPad mini2とiOS8.4の組み合わせ。
逆に「接続不安定(しばらくすると切断される)」となったのは、SIMフリー版iPhone5sとiOS8.4の組み合わせ。

さらに、現行バージョンのAPN構成プロファイルを適用した場合は通信可能なiOS7.1.2のiPhone5s/5c(au版)に、新バージョンのAPN構成プロファイルを適用すると、こちらも接続不安定になるとしている。

これを受けてmineoでは、上記の動作確認で使用したAPN構成プロファイルを「テスト用」として公開した。
(ダウンロードはマイネ王記事のリンクから)
ただし、これはあくまで動作テスト用であり、内容が変更となる可能性もある。またサポート対象外であることも明記されている。
昨日の記事にも書いたとおり、何かあった場合は自力で元のバージョンに戻せる人でないとおすすめできない。が、逆に出来る人なら挑戦する価値はありそうだ。


もう一つのau系MVNOであるUQmobileは、今回の件について特に発表はしていない。が、ITmediaの記事には以下のように書かれている。

iOS 8以降の端末でKDDI系MVNOサービスが利用可能に?――IIJが調査結果を公開 - ITmedia Mobileより引用:
本件をKDDIとKDDIバリューイネイブラーに確認したところ、「(APN構成プロファイルの変更は)動作保証するものではないので、推奨はできない」とのこと。今後のアクションについても「現時点は未定」とのことだった。


楽天モバイル、大阪に初の専門店をオープン!

楽天モバイルが初の専門店を大阪に出店することになった。

楽天株式会社:  楽天モバイル、全国初となる専門ショップ「楽天モバイル 心斎橋店」を大阪にオープン | ニュース

楽天モバイルは現在、渋谷と二子玉川の楽天カフェおよび仙台の楽天イーグルスショップにカウンターを設けているが、今回は楽天モバイル単独で出店する。オープンは今月末。
ちょうど明日15日には、mineoも地元大阪にアンテナショップをオープンする。
mineoアンテナショップのオープンについて|お知らせ|詳細

また楽天モバイルでは、友達紹介で5000ポイントプレゼントキャンペーンを実施中。
楽天モバイル:ご家族・ご友人に紹介して5,000ポイントGET!

先月からはサッカーの本田選手を起用したテレビCMもオンエアしている。本田選手は2年前にドコモのCMに出演しており、「MNOからMVNOに移籍」と驚いた。
楽天株式会社:  楽天モバイル、初のテレビCMに本田圭佑選手を起用全国でオンエア開始 | ニュース


2015年7月13日月曜日

mineoが「au系MVNO対応APN構成プロファイル」の動作確認結果を発表

先ほど『IIJが新しいAPN構成プロファイルを公開、au系MVNOもiOSで利用可能に』で書いたとおり、IIJが公開した新バージョンのAPN構成プロファイルが発端となって、au系MVNOでもiOS端末で通信可能となることが分かった。
このIIJの発表を受け、mineoが公式ファンサイト「マイネ王」にて、動作確認結果を発表した。

iPhone・iPadのAPN構成プロファイルの変更による動作確認テストについて | 王国通信 | マイネ王

mineoはまず、結論として『一部の端末にてデータ通信が安定しない端末が存在し、サービスとして快適にご利用頂ける状況ではありません』としている。
(IIJてくろぐの記事でも、通信が不安定という記述はあった)
動作確認はau版iPhone6、SIMフリー版iPhone5s、SIMフリー版iPad mini2(いずれもiOS8.4)を用い、SIMはデュアルタイプとシングルタイプの両方を試したとのこと。
今後は『他のiOS端末や、APN構成プロファイルの記載方法により、どのような動作になるか引き続きテストしていく予定です』としている。

mineoさんの迅速な動作確認と第一報に感謝したい。MVNO各社の枠を越えて、このような協業(と言っていいのか?)があるのは、ユーザとしても非常に嬉しく、心強い。

【追記】
mineo動作確認の続報はこちら。
mineo、iOS8対応のテスト用APN構成プロファイルを公開 | もちあるいてなんぼ。


IIJが新しいAPN構成プロファイルを公開、au系MVNOもiOSで利用可能に

ブログタイトルを一読しただけだと「は?何のこと?」となるが、私もこの急展開に驚きながら記事を書いている。
順を追って説明すると、発端は今日公開されたIIJてくろぐの記事。

てくろぐ: APN構成プロファイルの変更でiPhone・iPadの通信が安定?

ご存じのとおり、iOS端末でMVNOを利用する場合は、それぞれの事業者のAPNが設定された「APN構成プロファイル」をインストールする必要がある。IIJがこのAPN構成プロファイルの新バージョンを公開した。
詳しい説明は上の記事を読んでいただくとして、この新バージョンにはこれまでに無かった新しいパラメータが追加されており、これによってLTE接続が安定するとのこと。

これだけでも嬉しいのだが、さらに驚くべき発見が。
IIJは法人向けにauのMVNOサービスも提供しているが、新バージョンのプロファイルで試してみたところ、iPhone・iPadでもデータ通信可能になった!そうだ。

このブログでも何回も取り上げたが、iOS8以降、auのMVNOは通信不可となっており、mineoもUQmobileも「iOS8 以降のiPhone・iPadでは使えません」としている。これがひっくり返った形だ。

ただし注意点が2つある。
ひとつは、当たり前だがIIJてくろぐで公開されているAPNプロファイルはIIJmioのAPNが設定されており、そのままではmineoやUQmobileでは使えないこと。
もうひとつは、てくろぐの記事に書かれているとおり「データ通信があまり安定しない」ことだ。ドコモ系MVNOではLTEが安定するものの、au系MVNOではそこまでは行かないらしい。

これを受けて、さっそく有志の方がmineoおよびUQmobileに対応したAPN構成プロファイルを作成、公開した。
(ツイートからブログ記事へのリンクに変更しました。作者様に感謝!)

iOS端末でKDDI系MVNOが利用可能になるAPN構成プロファイルの公開 | BLOGRAM

また、このプロファイルを試したmineoやUQmobileユーザから、「iPhoneで通信できた」という報告ツイートも上がってきている。
ただ、やはり通信は安定はしない模様。てくろぐの記事にも『ご自身でトラブル対応が可能な方のみお試しください』とあるが、何かあったら自分で旧プロファイルに戻せる人でないとおすすめできない。

とは言え、これまで全く繋がらなかったことを考えると、不安定でも通信できるようになっただけ大きな一歩だ。

【追記】
mineoの動作確認結果はこちら。
mineoが「au系MVNO対応APN構成プロファイル」の動作確認結果を発表 | もちあるいてなんぼ。


2015年7月10日金曜日

「gooのスマホ」向けに初心者用ランチャーアプリが登場

NTTレゾナントが販売する「gooのスマホ」3機種向けに、シニアやスマホ初心者用のランチャーアプリがリリースされた。

「gooのスマホ」独自開発、 ホームアプリ「gooのやさしいスマホ」を提供開始! | gooプレスリリース

http://product.goo.ne.jp/yasasuma/
シンプルでわかりやすいホーム画面アプリ - やさしいスマホ

「gooのスマホ」3機種のうち、g01にはこのランチャーアプリがプリインストールされる。既に購入している人は、システムアップデートで利用できるようになる。
NTTレゾナント、ZTEと組んで「gooのスマホ」3機種を販売開始! | もちあるいてなんぼ。

画面を見てみると、「らくらくスマホ」のホームそっくり。
端末代も維持費も安いので、「試しにスマホ使ってみたい」というシニアに良さそうだ。
「gooのスマホ」はビックカメラやヨドバシカメラでも取り扱いが始まったので、実機を確認してから購入できるようになった。

2015年7月9日木曜日

goo Simseller夏のスマホセール、ZenFone2購入でQUOカードプレゼント等

毎度おなじみgoo Simsellerのセールが明日10時に開始。今回は夏のスマホセールと銘打ち、以下の機種で値下げor特典が付く。

夏のスマホSALE by goo SimSeller

まずは最新機種のZenFone2だが、こちらは購入者全員に1000円分のQUOカードプレゼント。


gooのスマホシリーズ(g01,g02,g03)は、専用ケースとノベルティーグッズ1品が付く。



Ascend Mate7はいつものセール価格だが、今回は専用ケース付き(2種類から選べる)。



最後に、Covia FLEAZ F4はほぼ半額の6980円に(下のリンクはセール開始前の価格となっている)。



前回6月のセールで4980円のPolaroid piguが販売された時は、楽天市場およびYahoo!ショッピングではすぐ売り切れとなったのが、goo Simseller本店ではしばらく販売していた・・・ということがあったので、ポイントを使って購入を考えている人は特にお早めに。

【関連記事】
goo Simseller、「あなたはどっち派?!」セール開催 | もちあるいてなんぼ。


2015年7月3日金曜日

IIJ、訪日外国人向け「Japan Travel SIM」の1GB版を発売!

IIJがビックカメラ等で販売している、訪日外国人向けプリペイドSIM「Japan Travel SIM」に1GB版が追加されることになった。

IIJ、訪日外国人向けプリペイド型SIMカード「Japan Travel SIM(1GB/30日間)」を7月9日より販売開始 | 2015年 | IIJ

現在販売されているのは2GB版(3ヶ月)のみで、税別価格は3791円。今回の1GB版は30日間有効で、オープン価格となっているが、2GBの価格から考えておそらく3000円くらいになるのではないかと。

さらにビックカメラグループ各店で販売するパッケージには、免税会計時に使える割引クーポンが付いてくる。
SIMカード購入と共に、訪日外国人に免税ショッピングを楽しんでもらおう、というビックカメラの戦略のようだ。

今月9日発売で、ビックカメラ楽天市場店等ではまだ販売ページはできていない。以下は2GB版。


2015年7月1日水曜日

ついに発表「MR04LN」はデュアルSIMスロット搭載!

「ドコモMVNO最強モバイルルータ」の名を欲しいままにした前機種MR03LNに続き、ついに最新モバイルルータが発表された。


LTE-Advanced対応で、カタログスペックでは最高300Mbpsとなっているが、NTTコミュニケーションズのプレスリリースでは 「OCNモバイルONEのサービス仕様上は受信最大225Mbpsまでの提供」となっており、他のドコモMVNOでも同様となる。

ニュース 2015年6月30日:LTE-Advanced対応のLTEモバイルルータ「Aterm MR04LN」の販売開始について | NTT Com 企業情報

MVNOユーザ的に注目なのは、やはりデュアルSIMスロット搭載でどちらもLTE対応していることだろう。
また、MR03LNの時と違って今回は発売当初から「SIMロックフリー」となっている。

ドコモMVNOでは、前述のOCNに加え、ぷらら・IIJ・楽天モバイル・BIGLOBE(8月上旬以降)が取り扱うとしている。
NECが発表した発売日は7月16日だが、ぷららは一足早く7月8日からセット販売を開始する。

ぷららモバイルLTE、「Aterm MR04LN」とのセット販売開始について|2015年のお知らせ一覧|ぷらら

goo SimSellerでもクレードル有(28000円)とクレードル無(25800円)のセットを予約受付しているが、Amazonで販売するセットの方がさらに安く、クレードル有が27000円、クレードル無が24840円となっている。
(価格はいずれも税込み)